最新記事

SDR

人民元がIMF主要通貨になったら?

The Internationalization of the RMB

確実視される「SDR通貨バスケット」入りがもたらす影響を読み解く

2015年11月17日(火)16時00分
マーシー・クオ、アンジェリカ・タン

米戦略に影響 アジアへのリバランス政策の先に中国が立ちはだかる Tyrone Siu-REUTERS

 IMF(国際通貨基金)が中国の人民元を、「特別引き出し権(SDR)」と呼ばれる準備資産の構成通貨に加えるかどうか──その最終決断が近づいた。世界貿易や金融システムにおける通貨の重要性を反映するSDRの「通貨バスケット」は今、米ドル、ユーロ、円、英ポンドの4通貨から成る。そこへ人民元が仲間入りすれば、中国経済はその重要性にお墨付きが得られることになる。

 一方で人民元がSDRに採用されれば、中国の金融政策や市場にはさらに透明性が求められる。人民元SDR採用の見通しと影響について、元米造幣局長で現在は貴金属投資顧問業フォートレス・ゴールド・グループの主任ストラテジストを務めるエドマンド・モイに聞いた。

――人民元のSDR採用に向けて、何が判断基準となるのか。

 IMFによれば現在の焦点は、人民元を採用するかどうかより、いつ採用するかだ。タイミングを決める大きな要因は2つある。

 1つは輸出額の大きさ。中国はこの点を十分に満たしている。

 もう1つは、人民元が自由に取引できること。これについても中国は大きく前進した。人民元建ての貿易決済を大幅に増やしているし、外国からの投資にも門戸を開き始めている。

 しかしアメリカは今も、中国の金融改革が進んでいないことを懸念している。人民元の採用について、アメリカはIMFでいわば拒否権を持つ立場にあるから、その見解は重要だ。

――国際通貨システムで、人民元はどのような役割を担うのか。

 中国の経済規模と貿易額の大きさから、人民元の国際的な役割は重要性を増している。現在では中国の貿易額の25%近くが人民元建てで決済される。5年前にはわずか0.02%だった。

 ただし、ドルが国際通貨制度で担う役割に比べればはるかに小さい。人民元が統計上で意味ある存在になるにはまだ何年も、あるいは何十年もかかるだろう。

――SDRに採用されれば、中国の金融政策は規制の透明性向上など一層の自由化が必要になるのか。政治や法制面ではどういった改革が求められるだろう。

 そこが肝心な問題だ。中国は国際経済の指導国の仲間入りを果たせる程度には自由化を進めるかもしれない。しかし中国は、自由化とは基本的には欧米的な手法であり、自国の「国家資本主義」のほうが優れているという見方を示している。

 私は計画経済より自由市場のほうが優れていると考えている。中国も市場原理で決まる為替相場、金利の自由化、金融業への規制と監督の強化、資本勘定の自由化といった改革を進めれば、後戻りは難しくなる。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 3

      北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

    • 4

      「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

    • 5

      サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

    • 6

      飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

    • 7

      日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      体臭とセックスアピールの意外な関係

    • 10

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

    • 3

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      人はロボットともセックスしたい──報告書

    • 6

      北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

    • 7

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 8

      国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

    • 9

      トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

    • 10

      北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 特別編集

    最新版 アルツハイマー入門

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年11月
    • 2017年10月
    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月