最新記事

アップル

「第3の端末」iPadに見えた限界

Apple's iPad Problem

ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売れないのか

2014年8月20日(水)13時32分
ウィル・オリマス

 アップルのタブレット型端末iPadの売れ行きに陰りが見える。同社の決算報告によれば今年4〜6月期の販売台数は前期比19%減、前年同期比9%減と落ち込んだ。

 iPadがこの世にデビューした4年前、コンピューター市場に激震が走った。iPadの販売台数が急拡大するにつれて専門家からは「PCの終焉」を予言する声さえ上がった。ところが今、PCの売れ行きは安定し(マックはむしろ増えている)、逆にiPadの売れ行きが落ち込んでいる。

 iPadは決して悪い製品ではない。ユーザーの満足度は高く、サムスンやマイクロソフトやアマゾン・ドットコムなどライバルのタブレット相手に圧倒的なシェアを維持している。

 ただしタブレット端末の宿命で、普及には限界がある。飛行機の機内で映画を見たり朝食を取りながら電子メールをチェックするには便利だが、仕事にも使うメインのマシンとしてはパワーも汎用性もデスクトップやラップトップに及ばない。
その結果iPadはスマートフォンやPCに次ぐ「第3の端末」に甘んじている。当然、必要とする人も買える人も限られる。iPadに限らず、アメリカ人の大半はいまだにタブレットを持っていない。

 皮肉だが、PCと同じで、耐用年数が長過ぎるのも問題だ。PCの場合、販売台数の減少は買い替え頻度の減少を反映していた。処理速度も信頼性も向上して頻繁に買い替えなくても済むようになったのだ。

 iPadの場合もたぶん同じだ。アップルによればiPad購入者の50%以上がタブレット初心者だが、新モデルへの買い替え需要が発生するのは当分先だろう。
そろそろ第6世代が登場するというのに、多くのユーザーはまだ第2、第3世代のiPadで満足している。

 何百ドルもする製品が2〜3年で時代遅れになっては消費者はたまらないが、売る側としてはそのほうがありがたい。理想は発売から7年が過ぎても販売記録を更新し続けているアップルのiPhoneだ。

 iPhoneが売れるのは2年でガタがくるからだ。プロセッサの処理速度やバッテリーの寿命が低下し、スクリーンは破損する。

 iPadもそうすればもっと売れるかも?

© 2014, Slate

[2014年8月 5日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

ロシア経済分野協力担当相を新設、世耕経産相が兼務=

ワールド

8月製造業PMI、インドネシア・ベトナム上昇、マレ

ビジネス

前場の日経平均は小幅続伸、メガバンクが堅調

ワールド

米、「イスラム国」幹部殺害とのロシアの発表を否定

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記

  • 6

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    中国、杭州G20会議の脱線を警戒 経済大国としての立場確立狙う

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 9

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 10

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月