最新記事

欧州債務危機

ポルトガルが支援要請に追い込まれた日

Portugal Asks EU for Bailout

財政再建案の否決を引き金に信用不安がエスカレート、危機の連鎖はどこまで続く?

2011年4月7日(木)16時53分
ポール・アメス

 4月6日、ポルトガル政府はついにリングにタオルを投げ入れた。ギリシャ、アイルランドに続いて、EU(欧州連合)に緊急金融支援を要請したのだ。

 ポルトガルが財政破綻の崖っぷちに追い込まれたのは、市場での国債売りが加速したため。「外部への支援要請は最後の手段だとずっと思ってきたが、いま決断しなければ、この国が破綻のリスクにされされる」と、ジョセ・ソクラテス首相はテレビ演説で国民に訴えた。

 破綻を回避するために必要な額の詳細は現時点ではわからないが、過去の試算に基づいて判断すれば、150億ユーロの緊急支援を含む総額750億ユーロ程度が注入される可能性が高い(ギリシャとアイルランドには計1950億ユーロが融資された)。

 ブリュッセルのEU本部は以前から、ポルトガルからの要請があれば支援を行う用意があると表明してきた。「今回の要請に迅速に対処する」と、欧州委員会のジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長は語った。

 国際社会による支援と、その見返りとしてEUとIMF(国際通貨基金)が当然要求するであろう緊縮財政策に長い間抵抗してきたソクラテスが自力再建を断念せざるをえなかったのは、2日間に渡る市場の劇的な動向のせいだ。

 きっかけは4月5日、格付け機関ムーディーズがポルトガル及び国内の多くの銀行や業界の格付けを引き下げたこと。国内の金融機関が国債の購入停止を表明するなか、政府は6日、記録的な高利回りで短期国債を発行して10億ユーロを調達する事態に追い込まれた。

「わが国の財政と金融システム、さらにその結果として経済にも甚大な脅威が迫っていた」と、ソクラテスは語った。「行動を起こさなければ、事態はさらに悪化すると確信している」

 国際支援を受けなければポルトガルは債務不履行に陥るとの懸念を募らせていた市場は、今回の支援要請を受けて落ち着きを取り戻すとみられている。

 膨らみ続ける財政赤字を抑えこむための財政再建策が3月23日に議会で否決されて以来、支援要請は避けられそうにない状態だった。否決を受けてソクラテスは首相辞任を表明したが、6月5日の総選挙まで暫定政権の首相職に留まることに合意。そのため、ソクラテスは今後も国際支援の条件をめぐって野党の協力を取り付ける必要がある。

「(野党の)無責任な行動によって、ポルトガルは市場で非常に厳しい立場に追い込まれた。本来なら避けられたこの厳しい状況を前にして、我々は現在の政治状況に合った形で利用可能な欧州の経済メカニズムに頼る必要がある」と、フェルナンド・テイシェイラ・ドスサントス財務相は6日に語った。

次の懸念は失業率20%のスペイン

 EU当局は、ユーロ圏を吹き荒れる財政不安の波がポルトガルを最後に落ち着くよう祈っている。財政危機に陥ったギリシャとアイルランドに対する緊急融資を機に、ユーロの単一通貨圏構想の妥当性についても疑問の声が上がっていた。これを受けてEUは、他の加盟国が危機に陥った際に備えて「欧州金融安定基金」を設置し、5000億ユーロを拠出している。

 次の懸念は、ポルトガルよりずっと財政規模の大きい隣国スペインに市場の関心が向かうこと。ポルトガルと比べればスペインの財政状況はずっと健全だとの認識がエコノミストの間に広がった結果、この数週間、スペインへのプレッシャーは弱まっている。

 ただし、失業率は20%以上で、不動産バブルの崩壊後、国内の銀行の多くが不安定な経営状態に置かれたまま。危機の連鎖が止まらなければ、欧州のみならず世界経済にも大きな影響がありそうだ。
 
GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

米成長がドル高につながる可能性、日本経済は持続成長

ワールド

トランプ新政権の保護主義的政策、経済に悪影響=IM

ワールド

自衛隊機の緊急発進、過去最多の883回 中国機が大

ワールド

自衛隊、中台有事を想定した演習実施へ

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 2

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利

  • 3

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失敗すると確信」

  • 4

    【式典スケジュール】トランプ新大統領、就任イベン…

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 7

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 8

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 9

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 10

    中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 4

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 10

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 9

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

  • 10

    トランプ、ついにトヨタを標的に 「メキシコで製造…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月