最新記事

革命を導いたネットの自由戦士

中東革命の軌跡

民衆が次々と蜂起する
中東の地殻変動を読み解く

2011.05.17

ニューストピックス

革命を導いたネットの自由戦士

昼はグーグルの地域幹部として働き夜はネットを駆使して革命を後押しした男の正体

2011年5月17日(火)20時03分
マイク・ジリオ

 不吉な電話が入ったのは米東部時間の1月27日、夜遅くだった。エジプトの首都カイロに住む友人の声だった。「奴らに尾行されている。この電話機はすぐに壊す」

 そして電話は途絶えた。

 程なくしてエジプト全土の携帯電話が、続いてインターネットが使えなくなった。何としてでも反体制デモを封じ込めたい当局が、奥の手を使って通信を遮断したからだ。

 電話の主は消えた。わずかに残された痕跡はツイッター上の悲痛なつぶやきのみ。「エジプトのために祈ろう」

 3日後。アメリカの首都ワシントンでは亡命エジプト人女性のナディヌ・ワハブがパソコンの画面を見詰めていた。あの電話の主が消息を絶ったなんて、そんな噂は嘘であってほしいと念じながら。

 突然、パソコン画面に彼のユーザーネームが現れた。

「アドミン1が行方不明だ。こちらはアドミン2」

 この「アドミン1(アドミンは管理人の意味)」こそ電話の主。カイロの反政府デモで重要な役割を果たしたフェースブックのファンページを管理する匿名の人物だ。

 彼はワハブに、もしものときの対応を事前に指示していた。自分が姿を消したら、最初のデモから2週間後の2月8日まで待って、その後に自分の名前と正体を公表してほしい、と。

 言われたとおりに彼女はネット上で平静を装い、沈黙を貫いた。「アドミン2」については何も知らされていなかったから、そのメッセージ自体が罠である可能性も否定できなかった。

 エジプト社会に激震をもたらしたネットの動員力。その核にいた「アドミン1」こそ30歳のワエル・ゴニム。表の顔はネット検索最大手グーグルの地域幹部だ。

 本誌は、ゴニムとワハブの数カ月にわたるオンライン交信記録の一部を入手した。その後の電話取材なども踏まえ、ここではゴニムの人物とその変身のプロセスを再現してみる。

 カイロ・アメリカン大学でマーケティングと金融の修士号を取得したゴニムは、08年にグーグルに入社。その後1年余りで中東・北アフリカ担当のマーケティング責任者に昇進し、家族と共に仕事の拠点であるドバイに移り住んでいた。

マーケティングの達人

 ワハブとネット上で出会ったのは昨年の春のこと。フェースブック上でモハメド・エルバラダイ(前国際原子力機関〔IAEA〕事務局長でノーベル平和賞受賞者)のファンページを立ち上げたゴニムに、ワハブが協力を申し出たのだ。既にウェブ上で複数のベンチャー事業を成功させ、技術的な知識も経験も豊富なゴニムだが、彼をエジプトで最も有名なサイバー活動家に押し上げたのはそのマーケティング手腕だった。

 民主的な改革を求めるエルバラダイのファンページは、ゴニムの指揮下で急速にファンを増やしていった。ゴニムは登録者の意見を集約し、ネット上でみんなが参加できるビデオ討論会などを次々と企画した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米国が黒海に拠点画策、ウクライナ供給と最新兵器配備

ビジネス

米GDP、第2四半期+2.8%に加速 個人消費堅調

ワールド

イスラエル、首相訪米中もガザ攻勢強める ラファ中心

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「習慣化の鬼」の朝日新聞記者が独学を続けられる理由【勉強法】
  • 2
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な一方、やはり割を食う「あの世代」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    トランプ再選で円高は進むか?
  • 7
    誰よりノリノリ...アン・ハサウェイ、友人テイラー・…
  • 8
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 9
    自分を「侮辱」し続けたバンスを、なぜトランプは副…
  • 10
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中