コラム

マイクロソフトを辞し、アフリカに帰って大学を作った男/Brought to the brink of(~の寸前まで追いやられる)

2016年02月10日(水)15時48分
マイクロソフトを辞し、アフリカに帰って大学を作った男/Brought to the brink of(~の寸前まで追いやられる)

【今週のTED Talk動画】How to educate leaders? Liberal arts - Patrick Awuah
https://www.ted.com/talks/patrick_awuah_on_educating_leaders

登壇者:パトリック・アウア

 パトリック・アウアはガーナ出身で、奨学金を得てアメリカの有名なリベラルアーツ・カレッジであるスワースモア・カレッジに留学した。アフリカで事実を暗記するだけの教育を受けてきた彼は、そこでクリティカルシンキング(批判的思考)のスキルを鍛えられたという。その後、マイクロソフトのアメリカ本社に就職したものの、アフリカで起きていた様々な問題を外から見ているうちに、自分がアメリカで学んだことを活かし、アフリカに戻ってアフリカのために何かをしなければならないと感じるようになった。

【参考記事】アイビーに比肩する名門のリベラルアーツ・カレッジがある

 何をするべきか? 彼は問題を分析するうちに、その根本的な原因はリーダーシップの欠如にあるのではないかと考えるようになった。そして、その課題を解決するために大学を設立し、そこでリベラルアーツ教育――すなわち、職業訓練のための教育ではなく、人の知的能力を育成する目的の一般教養的な学問――を提供し始めた。このTED Talkでは、そのような教育のメリットと重要性について語っている。彼の活動の舞台となるアフリカの現状は、先進国に住む私たちの日常からはあまりにも乖離しているように思えるかもしれないが、「考える」とはどういうことなのかについて、得られる教訓は多い。

キーフレーズ解説

Brought to the brink of
~の寸前まで追いやられた

(動画6:10より)

 この動画では、アウア氏がガーナの問題について語る際、国のリーダーたちが間違った意思決定をして、brought our economy to the brink of collapse(我が国の経済が崩壊の寸前まで追いやられた)と説明しています。この表現にあるbrinkの文字通りの意味は「崖っぷち」で、「~の手前」や「直前」というニュアンスを持っています。Broughtは「~に運んで来られた」という受け身形で、誰かの行動によってそうされた、という意味になります。その対象(=そうされたもの)は必ず「ネガティブな現象」、つまり「起こって欲しくないもの」であり、ポジティブな現象にはこの表現は使いません。

 典型的な使用例を紹介します:

●The poor management brought the company to the brink of bankruptcy.
(誤った経営により会社は倒産の寸前まで追いやられた)

●Man's actions have brought many species to the brink of extinction.
(人間の〔間違った〕行動により多くの動植物たちが絶滅の危機に追い込まれた)

●Problems in the Middle East may bring the world to the brink of World War III.
(中近東の問題により世界は第三次世界大戦の危機に追いやられるかもしれません)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

仏成長率、2016・17年は1.3% 18年以降徐

ビジネス

福島原発事故費、倍増21.5兆円 東電「債務超過で

ビジネス

ユーロ圏経済、政治リスク大きく依然支援が必要=EC

ワールド

「偽ニュース」は危険、迅速な対策を=クリントン氏

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

  • 2

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 3

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案──トランプ新政権に行動を促す

  • 4

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 5

    光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

  • 6

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られ…

  • 7

    北朝鮮が中国への「大麻」輸出に乗り出す

  • 8

    来週プーチン露大統領来日、北方領土への期待値下げ…

  • 9

    「トランプ劇場」に振り回される習近平

  • 10

    トランプ政権の国防を担うクールな荒くれ者

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 9

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 10

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!