プレスリリース

Assurant、フォーブスの2023年版「世界で最も女性が働きやすい企業」に3年連続で選出

2023年12月11日(月)11時00分
世界中のお客様が購入した大切な製品をサポートし、守り、つなぐ革新的なソリューションを提供するビジネスサービス・カンパニーであるAssurant (NYSE:AIZ) が、米経済誌フォーブスが毎年発表している「世界で最も女性が働きやすい企業(World's Top Companies for Women)」に3年連続で選出されました。この名誉ある賞は、フォーブスと業界・統計調査の世界大手、スタティスタ(Statista)が調査し、公表しています。2023年の選出企業は、フォーブスの公式ウェブサイトに掲載されています。

URL: https://www.forbes.com/lists/top-companies-women/?sh=3fc2cde97910

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/378554/LL_img_378554_1.jpg
Assurant、フォーブスの2023年版「世界で最も女性が働きやすい企業」に3年連続で選出

Assurantのプレジデント兼CEOを務めるキース・デミングス(Keith Demmings)は次のように述べています。
「今回、『世界で最も女性が働きやすい企業(World's Top Companies for Women)』に選出されたことを非常に誇らしく思います。私たちは、女性をキャリアのあらゆる段階で支援し、個人としての成長とキャリア上の成長を可能にする、多様性のある職場の促進に努めています。」
2023年版「世界で最も女性が働きやすい企業(World's Top Companies for Women)」は、複数のグローバルな独立調査で評価された多国籍企業の中から選出されました。調査では、世界37カ国の約7万人の女性を対象に、65万以上のデータが収集され、次の3つのスコアに基づいて最終的な分析が行われました。

● 雇用主ブランドスコア:女性に対し、ジェンダーに関連する一連のトピックについて、自分を雇用している企業がどのように成果を上げているかの評価をするよう依頼。また、自分を雇用している企業について、推薦したいかどうかの総合的な意欲に加え、職場満足度に関する他のより一般的な質問についての評価、さらに各自が所属する業界において、プラスまたはマイナスの差異が顕著である他の雇用主についての評価も求めました。

● 世論スコア:女性のみを対象とした世論調査により、ジェンダー平等の観点から女性が各企業をどのように認識しているかを測定しました。

● リーダーシップスコア:客観的基準についての情報(女性CEOがいること、取締役会や執行委員会の役職に占める女性の割合など)を、広範なデスクトップ調査により収集しました。

2022年12月31日時点において、Assurantの全世界の従業員の60%、管理職の43%が女性です。さらに、取締役会の議長 兼 ノミネ―ティング&コーポレート・ガバナンス委員会の委員長、財務・リスク委員会やインフォメーション・テクノロジー委員会の委員長を含め、取締役会の31%が女性で構成されています。Assurantの社員リソース・グループ(ERG)である「Women@Assurant」は、約1,200人のメンバーで構成される活発なコミュニティです。メンターシップ、リーダーシップ開発、スポンサーシップを提供することで、女性の個人としての成長とキャリア上の成長を支援し、エンパワーメントとエンゲージメントを促進しています。

Assurant Japan株式会社 代表取締役社長 藤本 潤一は、次のように述べています。
「多様なお客様のニーズに応えるべく、常にベストなソリューションと顧客体験の提供を目指す当社にとって、社員の多様性は重要です。また、『働きがいのある会社』認定でも評価いただいたように、ジェンダーに関わらず全ての社員が尊重され、その能力を最大に発揮できる公平性は、当社の基盤であり企業文化です。当社の女性社員は、優れたリーダーシップを発揮し、プロジェクトのオーナーシップを担い、様々なビジネスの局面で重要な役割を果たしています。また、産休・育休のスムーズな取得や仕事へのスムーズな復帰など、女性の皆様が安心して働き続けるための制度も整えています。これからも、女性がキャリアを積み、成長できる企業であり続けるよう、様々な取り組みを推進していきたいと思います。」


■Assurant Japan(アシュラント・ジャパン)について
米国で100年以上の歴史を持ち、全世界21か国で事業を展開するAssurant (NYSE:AIZ) の知見と最新テクノロジーを日本に最適化し、様々なソリューションで日本の主要なクライアントとその顧客をサポートしています。携帯端末エコシステムのトータルサポート事業、アプリを通してお客様の生活を支えるデジタルライフサポート事業、パートナー企業とその顧客に最適な家電の延長保証の設計と運営などの事業を通して、コネクテッド時代に求められる最適なサービスと革新的なソリューションを提供しています。

詳細はAssurant JapanのHPをご覧ください: https://www.assurant.co.jp/


■Assurant(アシュラント)について
Assurant (NYSE:AIZ) は、世界中のお客様が購入した大切な製品をサポートし、守り、つなぐ革新的なソリューションを提供するビジネスサービス・カンパニーです。世界21カ国で事業展開するフォーチュン500企業の一社として、世界の主要ブランドと提携し、携帯端末ソリューション、延長保証サービス、車両保険サービス、レンターズ保険やその他専門分野において革新的なソリューションと最上の顧客体験を提供することで、コネクテッドワールドの進化を支えています。

詳細はAssurantのHPをご覧ください: https://www.assurant.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中