プレスリリース

世界的に有名なビジュアルアーティスト ジェームズ・ジーン氏が手がける2024年の干支「辰」をあしらった新年を祝う数量限定特別デザインボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル イヤーオブザドラゴン」

2023年12月04日(月)16時00分
世界180以上の国々で酒類ブランドを展開する英国大手酒造企業のディアジオ社の完全子会社ディアジオ ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、世界的に有名なビジュアルアーティストのジェームズ・ジーン氏が手がける2024年の干支「辰(たつ)」をあしらった新年を祝う特別デザインボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル イヤーオブザドラゴン」を2023年12月5日(火)より、全国にて数量限定で発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/378082/LL_img_378082_1.jpeg
ジョニーウォーカー ブルーラベル イヤーオブザドラゴン キービジュアル

十二支の中で「辰」は唯一の空想上の生き物であり、ジェームズ・ジーン氏は、「十二支の中で最もパワフルで『力強さ』や『成功』を象徴して東洋で親しまれてきた龍は、アジア系アメリカ人の私にとって非常に身近な存在に感じられます」と語ります。

本商品に描かれた辰年の鮮やかなデザインは、高貴な甲辰(きのえたつ)が革新的かつダイナミックに表現されています。2024年に迎える甲辰(きのえたつ)とは、十干十二支の41番目の年にあたり、十干の1番目である「甲」と十二支の5番目である「辰」が重なる年になります。多くの人から干支の中でも最も力強いとされる辰は、生命と創造性の象徴であり、アジアの伝統文化では未来の繁栄の前兆であり、ジョニーウォーカーのスローガンである"KEEP WALKING"という、常に進化し続けるという揺るぎない信念と呼応しています。
また、ジェームズ・ジーン氏はジョニーウォーカー7代目マスターブレンダーのエマ・ウォーカーと、彼女が率いるチームがもたらした驚くべきジョニーウォーカー ブルーラベルを味わった際に感じた、風味の層からインスピレーションを得て、デザインの中に黄金色に輝く蜜が溢れ流れる菊の花と、貴重な蜜を口にするハチドリの様子を描いています。

ジョニーウォーカー グローバル・マーケティング&イノベーション ディレクターのジョアン・マトスは、「新年を祝うために、ジェームズ・ジーン氏が2024年の干支の辰(たつ)を見事に解釈し、伝統と革新を表現してくれました。同ブランドの"KEEP WALKING"の信念を体現するように、過去への敬意と未来への楽観的な展望を融合させてくれました。花と有機的な要素で描かれた彼のドラゴンは、創造性と繋がりの力の象徴だと思います。私たちはこの素晴らしい限定デザインで2024年を祝うことができ、感激しています。」とコメントしました。


■商品概要

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/378082/LL_img_378082_3.png
ジョニーウォーカー ブルーラベル イヤーオブザドラゴン 箱あり

商品名 : ジョニーウォーカー ブルーラベル イヤーオブザドラゴン
容量 : 750ml
アルコール度数: 40度
原産地 : スコットランド
原料 : モルト、グレーン
希望小売価格 : 27,800円(税別)|30,580円(税込)
発売日 : 2023年12月5日(火) 数量限定 2,000本にて販売
販売エリア : 全国
製法 : 通常のジョニーウォーカー ブルーラベルと同じもの
Webサイト : https://www.johnniewalker.com/ja-jp/
インスタグラム: https://www.instagram.com/johnniewalkerjapan/


■ジェームズ・ジーン|JAMES JEAN
台湾生まれ、ニュージャージー育ち。ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツで学び、2001年に卒業。想像力豊かで多面的なイメージ作りのアプローチで、さまざまなジャンルの作品を手がけることで有名なジェームズは、中国の伝統的な巻物画、日本の木版画、ルネサンス期の肖像画にインスパイアされた美的技法で、現代的な題材を融合させている。さまざまなスタイルや美術史的なジャンルを試すことで、ジェームズは個人と普遍的な経験の両方に焦点を当てた詳細な宇宙論的世界を描いている。現代文化や古くからの寓話から引き出されたイメージを重ね合わせ、神話的な割合の集合的な領域を想像する。
2008年春夏コレクションでのプラダとの画期的なコラボレーションの後、ジェームズはプラダの2018年春夏コレクションで10年ぶりに復帰。現在は、2003年にニューヨークから移り住んだロサンゼルスを拠点に活動している。


■ジョニーウォーカー|JOHNNIE WALKER
1820年、ウイスキーの品質が安定していなかった当時、創業者のジョン・ウォーカーは「一定した高品質のウイスキーを提供したい」と考え、紅茶のブレンディングをヒントにウイスキーのブレンディングを始めました。その息子にあたるアレキサンダー・ウォーカーは1887年にこのような言葉を遺しています。「私たちは、唯一無二の最高品質を誇るウイスキーだけを造る、そう心に決めている。」品質への妥協なき探究心、その信念の継承こそがジョニーウォーカーを今日の世界的なブランドへと成長させました。

現在は、ジョニーウォーカー200年の歴史で初の女性マスターブレンダーとなるエマ・ウォーカーが、7代目としてそのDNAを体現しています。いつも最高のウイスキーを創造する、常に進化し続ける姿勢を象徴しているのが、ジョニーウォーカーのブランドアイコンである「ストライディングマン」、そして世界的に有名なブランドキャンペーン「KEEP WALKING」。常に進化し続けるという揺るぎない信念は、時代を超えて受け継がれています。


■DRINKiQ
ディアジオ ジャパンは2030年に向けて、持続可能な世界を実現する取り組みとして、サステナビリティの推進の他にポジティブ・ドリンキングの啓蒙を計画しています。その一環として、適正飲酒のサポートや、お酒の知識を学ぶことができるWebサイト「DRINKiQ」を公開中。
https://www.drinkiq.com/ja-jp/


■商品に関するお問い合わせ先
ディアジオ ジャパン お客様センター
TEL:(フリーダイアル) 0120-014-969
土日祝日及び年末年始を除く平日 10:00~17:00


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中