注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

Recommended

MAGAZINE

特集:首脳の成績表

2014-12・23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
ニューズウィーク日本版2015冬特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ

    危機回避にはウクライナ問題で譲歩して欧米の制裁を解…

  2. 2

    アマゾンで買わないクリスマス

    低賃金で従業員をこき使う「ブラック企業」ぶりに、ボ…

  3. 3

    水責めだけじゃないCIAの拷問法

    米上院委員会の報告で明らかになった、テロ容疑者への…

  4. 4

    原油安はエコカー神話の終わりの始まり?

    テスラの株価急落に消費者の「ガソリン車回帰説」…

  5. 5

    米ロの軍事「スター・ウォーズ」第2章

    宇宙での武器使用を制限しようとするロシアと、それに…

  6. 6

    この程度の民主化なら国名をビルマに戻せ

    野党のスー・チーを大統領選から締め出し、少数民族の…

  7. 7

    黒人差別を語れないオバマのジレンマ

    アメリカ初の黒人大統領は、なぜ黒人青年射殺事件であ…

  8. 8

    熾烈、オーストラリア版テロとの戦い

    ISISとの関連も疑われる人質立てこもり事件はオー…

  9. 9

    チキンレースに賭けたOPECの大誤算

    原油価格の急落に耐えてシェアを守り、シェールオイル…

  10. 10

    原油下落でベネズエラが大ピンチ

    原油価格の下落に歯止めかからず、ベネズエラのデフォ…

  1. 1

    企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

    ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。…

  2. 2

    与党圧勝を、アメリカはどう見ているのか?

    解散の際には「その意味」を東京発で必死に説明して…

  3. 3

    55年体制に回帰した政治の本当の争点

    総選挙では与党の勢力がほとんど変わらず、「第三極…

  4. 4

    原油暴落でアベノミクスは死んだが日本経済は生き返る

    原油価格が暴落している。特に11月27日のOPE…

  5. 5

    ピケティ的な格差は日本でも拡大するか

    世界中でベストセラーになったトマ・ピケティの『2…

  6. 6

    スパイ組織CIAが陥った「腐敗」

    今月9日に米上院情報特別委員会が公表した、ブッシ…

  7. 7

    景気後退でも与党が圧勝する日本の構造問題

    戦後最低の52・66%という投票率については、要…

  8. 8

    蔓延するヘンな英語用法に異議あり!

    年寄りはいつも、若者のマナー低下を嘆く投書を書い…

  9. 9

    人種対立暴動の背景にある3段階の差別とは

    ミズーリ州ファーガソンでの白人警官による黒人少年…

  10. 10

    小選挙区制は「政治改革」だったのか

    河野洋平氏(元自民党総裁)は25日、憲政記念館で…

  1. 1

    原油安で地政学的緊張高まる可能性=英中銀報告

    イングランド銀行(英中央銀行)は16日、原油安で…

  2. 2

    中国当局、家族が海外移住の官僚1000人を降格

    新華社通信によると、中国の当局は腐敗官僚の取り締…

  3. 3

    タリバン学校襲撃で生徒ら130人超死亡、マララさん悲しみの声明

    パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャ…

  4. 4

    イランが米企業へのハッカー攻撃を計画、FBIが注意呼びかけ

    米連邦捜査局(FBI)は、イランが高度なハッカー…

  5. 5

    ルーブル流動性ひっ迫、ロシア中銀が外貨スワップ規模引き上げ

    ロシア中銀は19日、同日の外貨スワップの規模を2…

  6. 6

    焦点:与党圧勝で政界は「安倍一強」へ、首相が直面する積み残しの課題 

    14日投開票の衆院選で、自民・公明の与党が圧勝し…

  7. 7

    原油価格下落は一時的、生産削減難しい=サウジ石油相

    サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は、現在の…

  8. 8

    焦点:安倍政権は予算編成加速、歳出絞り込みが財政再建の試金石

    師走の衆院選は、自民党の圧勝に終わった。安倍晋三…

  9. 9

    シドニー立てこもりで警官が突入、人質2人と容疑者死亡

    オーストラリア最大都市シドニー中心部のカフェで1…

  10. 10

    焦点:ルーブル危機、「プーチン帝国」崩壊への序曲か

    ロシアの通貨ルーブルは16日に急落、本格的な通貨…