Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

Recommended

MAGAZINE

特集:「イスラム国」残虐性の原点と実態

2015-2・ 3号(1/27発売)

日本人2人を人質に身代金を要求した「イスラム国」
暴力で世界を戦慄させる過激集団の知られざる原点と行く末

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    アルカイダは「ISISを容認せず」

    アルカイダ系で最大の組織の指導者が、斬首の撮影…

  2. 2

    原油暴落でイスラム原理主義のヒズボラが破産?

    レバノンを支配する過激派に思わぬ大ピンチ。イラ…

  3. 3

    超リッチ層の富の独占が止まらない!

    世界の上位1%の最富裕層が世界の富の半分以上を…

  4. 4

    7兆ドルをどぶに捨てた中国に明日はあるか

    世界第2位の経済大国になった中国がこのままトン…

  5. 5

    聖戦を煽る「イスラム国」指導者が空爆で負傷?

    過去に報じられた負傷説や死亡説は本人が否定して…

  6. 6

    日韓よ中国を利する歴史論争から脱け出せ

    ナショナリズムをあおるような対立をこのまま続け…

  7. 7

    アフガニスタンを脅かすISISの戦線拡大

    地球規模でのジハードを叫ぶテロ組織の新たな前線…

  8. 8

    反イスラム団体代表、ヒトラーに扮した罪

    フランスのシャルリ・エブド襲撃事件以来、勢力を…

  9. 9

    オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!

    「国境を守る」ため打ち出したのは、人権を脇に置…

  10. 10

    極左とネオナチを選んだギリシャの窮状

    厳しすぎる財政緊縮を強いれば、景気が悪くなるだ…

  1. 1

    黒田総裁の「敗北宣言」で日銀は白川時代に戻った

    日本銀行が1月21日に公表した展望レポートの…

  2. 2

    このまま原発を止め続けると30兆円以上が失われる

    九州電力の川内原発(鹿児島県)の再稼動に地元…

  3. 3

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  4. 4

    郵便事業は今後も持続可能なのか?

    ヤマト運輸が扱っていた「メール便」というサー…

  5. 5

    安倍政権とアメリカ政治の「ねじれ」に危険性はあるか?

    日本国内での一般的な印象とは異なって、アメリ…

  6. 6

    オバマが「無料化」を提案したコミュニティ・カレッジとは?

    今週20日の晩にオバマ大統領は「年頭一般教書…

  7. 7

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  8. 8

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  9. 9

    「日本は5年で破綻」藤巻健史氏の警告に対しての「解」はあるのか?

    6月14日に米ブルームバーグが配信した藤巻健…

  10. 10

    嫌イスラームの再燃を恐れるイスラーム世界

    シャルリー・エブド誌襲撃事件は、世界を震撼さ…

  1. 1

    湯川遥菜氏が殺害されたとみられるビデオ投稿、言語道断の暴挙=官房長官

    菅義偉官房長官は25日午前零時10分から緊急…

  2. 2

    湯川さんとみられる殺害画像を投稿、安倍首相「許しがたい暴挙」

    「イスラム国」とみられる過激派組織に拘束され…

  3. 3

    イスラム国人質事件に関する安倍首相声明

    イスラム国による邦人人質事件に関する25日未…

  4. 4

    米マクドナルドの第4四半期は減収減益、2015年上期も苦戦と予想

    米マクドナルドが23日発表した第4・四半期決…

  5. 5

    東電と中部電、ビトル・仏GDFスエズからLNG調達へ=貿易筋

    東京電力と中部電力が、石油商社ビトル[VIT…

  6. 6

    NY市場サマリー(23日)

    <為替> ユーロが対ドルで11年ぶりの安値を…

  7. 7

    湯川さん殺害「信ぴょう性高い」と安倍首相、後藤さん解放に全力

    過激派組織「イスラム国」がインターネット上に…

  8. 8

    焦点:低かった人質事件への警戒度、難しい政府の身代金判断

    「イスラム国」とみられる過激派組織による日本…

  9. 9

    米情報当局、日本人人質の殺害を示す録音の真偽を検証中

    米情報当局は、イスラム国に拘束された日本人人…

  10. 10

    米国株が下落、UPSと鉱業株に売り

    23日の米国株式市場は、ダウ工業株30種とS…