Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:頼りない超大国

2014-4・22号(4/15発売)

ブッシュの失敗に懲りて軍事介入を避けるオバマ外交
曖昧過ぎる姿勢が同盟国を不安に陥れている

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    米海軍の「海水燃料」がもたらす大変革

    海水から作る画期的な新エネルギー技術は将来、米軍艦…

  2. 2

    どん底イタリアに奇跡を起こす男

    猛烈な仕事人間でツイッター中毒……イタリア再生とい…

  3. 3

    場違いな「歴史論争」で中国にイエローカード

    ナチスの戦争犯罪を引き合いに対日批判ドイツとヨーロ…

  4. 4

    米軍のアフガン駐留を中国が望む理由

    新疆ウイグルを拠点に西方拡大を狙う中国だがテロ封じ…

  5. 5

    カンボジア労働者「集団失神」の謎

    衣料品工場で100人以上が倒れる集団ヒステリーが頻…

  6. 6

    ロボットスーツ実用化で無敵の米軍に?

    防弾から体温調節機能、暗視装置まで、過酷な戦場で役…

  7. 7

    銅の下落に世界の投資家が注目する訳

    1ポンド当たり3ドルを下回った銅価格は、投資家に大…

  8. 8

    ウクライナが招くドイツのエネルギー危機

    クリミア問題を受けてロシアへのエネルギー依存を見直…

  9. 9

    ロシアの次の標的はフィンランドか

    フィンランドとの国境付近で軍事演習を行ったプーチン…

  10. 10

    破綻しても変わらなかったGMの隠蔽体質

    税金で救済されて立ち直ったと思ったのは甘かった。「…

  1. 1

    シリコンバレーの意外な差別カルチャー

    外からはイノベーションと富を生み出す稀な土地と見…

  2. 2

    コピペがゼロで、100%オリジナルな学術論文は許されないという理由

    理研の「STAP細胞」研究をめぐる問題に関しては…

  3. 3

    中国の夢、それぞれの日々

    「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...…

  4. 4

    小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ

    注目された小保方晴子氏のSTAP細胞についての記…

  5. 5

    消えたわけではない「ジャンボ・ジェット」

    70年代にデビューしたボーイング747型機は、世…

  6. 6

    来日26年目で発見した日本人の大きな変化

    今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕…

  7. 7

    カジノ合法化より問題? 日本人のギャンブル好き

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月1日号…

  8. 8

    悪性インフレで「貧困と格差の時代」がやってくる

    株価が下がり続け、アベノミクスの減速が目に見えて…

  9. 9

    愛国心教育で自己肯定感は向上するのか?

    一連の保守的な教育論議の中で、次のような仮説が語…

  10. 10

    道徳教材に「二宮金次郎」、何が問題なのか?

    先週、テレビ朝日の番組『朝まで生テレビ』に出演し…

  1. 1

    アングル:中国の「太子党ファンド」、著名投資家引きつけるコネと実力

    中国は世界で最も大規模な新興プライベートエクイティ…

  2. 2

    中国・蘭州市で水道水から発がん性物質、基準値の20倍

    中国北西部の甘粛省蘭州市で11日、水道水から安全基…

  3. 3

    インタビュー:カジノ候補地は「夢洲」に絞り込む=大阪府知事

    大阪府の松井一郎知事は14日、ロイターとのインタビ…

  4. 4

    欧州への天然ガス供給契約を順守=ロシアのプーチン大統領

    ロシアのプーチン大統領は11日、欧州への天然ガス供…

  5. 5

    G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

    ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相…

  6. 6

    米シティグループ、200─300人を削減=WSJ紙

    米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関…

  7. 7

    韓国沖の旅客船沈没、1人死亡=海洋警察

    韓国海洋警察によると、南西沖で起きた旅客船の沈没事…

  8. 8

    韓国沖の旅客船沈没、約300人の安否不明=海洋警察

    韓国海洋警察などによると、同国南西沖で起きた旅客船…

  9. 9

    ロシア、ウクライナ領土のさらなる編入望まず=外相

    ロシアのラブロフ外相は、ウクライナ領土のさらなる編…

  10. 10

    世界的な株安受けドル買い先行、新興国・高金利通貨に売り=NY市場

    11日終盤のニューヨーク外為市場では、世界的な株安…