Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:ロボットと人間の未来

2014-4・29号(4/22発売)

家庭、職場、災害対応加速するロボット開発
ヒューマノイド時代の到来で人間の暮らしはこう変わる

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 中村七之助
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    場違いな「歴史論争」で中国にイエローカード

    ナチスの戦争犯罪を引き合いに対日批判ドイツとヨーロ…

  2. 2

    インドと日本を結ぶ意外な友情

    次期首相と目されるモディと安倍の長年の関係と中国へ…

  3. 3

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  4. 4

    米海軍の「海水燃料」がもたらす大変革

    海水から作る画期的な新エネルギー技術は将来、米軍艦…

  5. 5

    ウクライナ内戦への足音

    ウクライナ軍が、東部を占拠していた親ロシア派の強制…

  6. 6

    グーグルも無人機買収に参戦

    軍事ロボット買収に続く無人機買収。グーグルの狙いは…

  7. 7

    中国は超大国と張り合わず

    軍事大国を目指すより米軍の介入を防いで「核心的利益…

  8. 8

    どん底イタリアに奇跡を起こす男

    猛烈な仕事人間でツイッター中毒……イタリア再生とい…

  9. 9

    カンボジア労働者「集団失神」の謎

    衣料品工場で100人以上が倒れる集団ヒステリーが頻…

  10. 10

    ウクライナ危機で問われるNATOの意味

    アフガニスタン後の存在意義を見失いかけていたNAT…

  1. 1

    コピペがゼロで、100%オリジナルな学術論文は許されないという理由

    理研の「STAP細胞」研究をめぐる問題に関しては…

  2. 2

    悪性インフレで「貧困と格差の時代」がやってくる

    株価が下がり続け、アベノミクスの減速が目に見えて…

  3. 3

    ようやく発表された「北海道新幹線車両」、しかしまだまだ問題は山積

    2015年3月に開業予定の北陸新幹線金沢延伸は、…

  4. 4

    来日26年目で発見した日本人の大きな変化

    今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕…

  5. 5

    中国の夢、それぞれの日々

    「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...…

  6. 6

    アイルランドとイギリスは意外に友好的

    他人が見た夢の話を事細かに聞かされるほど退屈なこ…

  7. 7

    スマートな米IT企業の変身パターン

    日本にも進出したハイヤー・サービスのウーバーが、…

  8. 8

    シリコンバレーの意外な差別カルチャー

    外からはイノベーションと富を生み出す稀な土地と見…

  9. 9

    小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ

    注目された小保方晴子氏のSTAP細胞についての記…

  10. 10

    都会に残るプチ神社に息づく伝統の美学

    今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔4月1…

  1. 1

    焦点:米国が悪化させた対ロ関係、プーチン氏の「過剰反応」要因に

    過去十数年にわたる米ロ関係や現在のウクライナ危機に…

  2. 2

    インタビュー:原発は国家ぐるみの粉飾決算=吉原・城南信金理事長

    脱原発路線を強力に主張する異色の地域金融機関トップ…

  3. 3

    与那国島に自衛隊レーダー基地、中国にらみ空と海の監視強化

    防衛省は19日、日本最西端の沖縄県与那国島で基地建…

  4. 4

    韓国沖の旅客船沈没、1人死亡=海洋警察

    韓国海洋警察によると、南西沖で起きた旅客船の沈没事…

  5. 5

    韓国船沈没、ダイバーが船内に3人の遺体発見=海洋警察

    韓国南西部沖で修学旅行中の高校生らが乗った旅客船「…

  6. 6

    韓国船沈没、事故当時は3等航海士が操船=捜査当局

    韓国南西部沖で修学旅行中の高校生らが乗った旅客船「…

  7. 7

    日米首脳会談では、TPP合意の発表はない見込み=米政府高官

    米政府高官は18日、来週行われる日米首脳会談では環…

  8. 8

    焦点:米大統領アジア歴訪に試練、問われる「中国抑止」の本気度

    フィリピンと中国が領有権をめぐって対立する南シナ海…

  9. 9

    韓国沖の旅客船沈没、約300人の安否不明=海洋警察

    韓国海洋警察などによると、同国南西沖で起きた旅客船…

  10. 10

    焦点:汚職高官追放に「聖域」なし、中国主席が腹心登用で権力固め

    中国の習近平国家主席は、汚職の疑いのある高官を追放…