Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

Recommended

MAGAZINE

特集:ひとりぼっちのプーチン

2014-12・ 2号(11/26発売)

ウクライナ「介入」で孤立の深みにはまるプーチン
国際社会のロシア包囲網はこの男を暴発させるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    物乞い禁止で見えた「幸せな国」のほころび

    アメリカの倍の所得があってもホームレスや物乞いは許…

  2. 2

    欧州代わりに中国に期待 プーチンの危険な妄想

    ヨーロッパと疎遠になるのは経済にも痛手、対中関係強…

  3. 3

    失業率3%でリニアもあるのに日本が景気後退に陥るのはなぜ

    7〜9月期の実質GDP成長率は予想外の低さだったが…

  4. 4

    中国経済が世界の重荷になる日

    中国の経済成長率が10年後には今の半分近くになると…

  5. 5

    希望の見えたTPPだが大統領選で頓挫する?

    中間選挙での共和党の勝利が追い風になりそうだが、1…

  6. 6

    無国籍住民に大量の外国籍を買うクウェートの真意

    古くからこの土地にいた遊牧民ベドウィンの子孫を他国…

  7. 7

    IT配車サービスUberの対メディア報復が怖い

    幹部が語ったのは「ジャーナリストの私生活を調べてネ…

  8. 8

    ジョブズ型経営を捨てろ

    天才的な創業者が築いた巨大なハイテク企業が成功し続…

  9. 9

    大統領選で露呈したブラジルの深過ぎる溝

    景気低迷の原因は経済の構造的欠陥にある

  10. 10

    「史上最高に美しい3D映画になったよ」

    ちょっとねじれて愛らしい『天才スピヴェット』のジャ…

  1. 1

    ノーラン監督『インターステラー』は世代を超えるか?

    日本で今週末公開されるクリストファー・ノーラン監…

  2. 2

    黒人青年射殺事件「不起訴」の衝撃

    今年8月の発生以来、深刻な人種間対立を招いていた…

  3. 3

    アメリカで人気の反フェイスブックSNS「エロー(ello)」の実力

    アンチ・フェイスブックのソーシャル・ネットワーク…

  4. 4

    財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか

    安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先…

  5. 5

    東エルサレムの緊張

    同じだ。このヒリヒリした感じが。 6月、イ…

  6. 6

    小選挙区制は「政治改革」だったのか

    河野洋平氏(元自民党総裁)は25日、憲政記念館で…

  7. 7

    GDPマイナスのショック、アベノミクスの現在

    14年7~9月期のGDP速報値が発表になりました…

  8. 8

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  9. 9

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  10. 10

    消費税の増税先送りで増幅される「政治的な景気循環」

    急に解散・総選挙のムードが強まってきた。前の総選…

  1. 1

    タカタのエアバッグ問題、ホンダが交換部品調達で2社と交渉=報道

    タカタのエアバッグ欠陥問題で、ホンダはリコール(…

  2. 2

    トヨタが米国でレクサス約42万台をリコール、燃料漏れの恐れ

    トヨタ自動車は不具合により燃料漏れが発生し火災に…

  3. 3

    ゴールドマンがドル/円見通し引き上げ、2015年末に130円と予想

    ゴールドマン・サックスは21日、2015年末時点…

  4. 4

    ECB総裁のQE発言でユーロ急落、ドル117円後半=NY市場

    21日のニューヨーク外為市場ではユーロが急落、ド…

  5. 5

    欧州中心に世界株高、中国利下げとECB総裁の追加緩和発言受け

    21日の株式市場は世界的に急上昇。中国人民銀行(…

  6. 6

    衆院解散、12月14日総選挙でアベノミクスの是非問う

    衆議院が21日、解散され、選挙戦が事実上スタート…

  7. 7

    中国人民銀が予想外の利下げ、景気てこ入れへ

    中国人民銀行(中央銀行)は21日、予想外の利下げ…

  8. 8

    米国株はダウ・S&P最高値更新、中国利下げとECB緩和期待で

    21日の米国株式市場は上昇し、ダウとS&Pが終値…

  9. 9

    インドネシア自動車市場、ガソリン値上げが成長の足かせに

    インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が先週決定し…

  10. 10

    米ウォルマートの時間給従業員、ブラックフライデーに1600店舗でスト

    米小売最大手ウォルマート・ストアーズの時間給従業…