Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

Recommended

MAGAZINE

特集:習近平の戦争

2015-3・ 3号(2/24発売)

果てしなく続く習近平政権の反腐敗キャンペーンは
ゆがんだ中国の社会と政治をただすのか、破壊するのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  2. 2

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  3. 3

    ISIS支持の投稿だけで逮捕されるイギリスの治安事情

    イギリスのテロ対策がアメリカより厳しいのは、I…

  4. 4

    HSBC秘密口座で世界に激震

    脱税幇助の実態を記した機密文書「スイスリークス…

  5. 5

    携帯使用で手を切り落とすISISの恐怖支配

    エジプト人21人の処刑で残虐性を見せつけたIS…

  6. 6

    残虐「石打ち死刑」目前のイラン女性

    「胸まで地中に埋め、石を投げつけてなぶり殺す」…

  7. 7

    ユダヤ人に「集団移住」を呼びかけるネタニヤフ

    「テロから逃げろ」という呼び掛けに在欧コミュニ…

  8. 8

    真っ赤な嘘だった名キャスターの戦場武勇伝

    大統領選でヒラリーを徹底追及したNBCの看板キ…

  9. 9

    ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

    逃げ帰ったはずの外国人戦闘員が母国に牙をむく─…

  10. 10

    パリ観光業を襲うテロの「風評被害」

    風刺週刊紙の襲撃事件を機に、旅行者だけでなくビ…

  1. 1

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<1>

    ニューズウィーク日本版公式サイトでコラム、ブロ…

  2. 2

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  3. 3

    使用ずみ核燃料の問題解決を阻む「11兆円の不良資産」

    日本学術会議の「高レベル放射性廃棄物の処分に…

  4. 4

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  5. 5

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<1>

    ニューズウィーク日本版公式サイトでコラム、ブロ…

  6. 6

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  7. 7

    「イスラム国」が示した「非対称戦争」の先にある未来

    テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISI…

  8. 8

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<2>

    ≪対談<1>はこちら≫ 編集部(朝日新聞の誤…

  9. 9

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<3>

    ≪対談<1>はこちら≫ ≪対談<2>はこちら…

  10. 10

    「欧州の端」から世界を見詰めて

    昨年、いつの間にか気付かないうちに、僕は重要…

  1. 1

    焦点:ホンダ再生に賭ける伊東社長、品質回復へ背水の陣

    度重なるリコール(回収・無償修理)に苦しむホ…

  2. 2

    アングル:後藤さんの新画像、イスラム国が作成急いだ形跡も

    中東の過激派組織「イスラム国」に拘束されてい…

  3. 3

    「イスラム国」、シリア北東部でキリスト教徒150人を拉致

    シリアのキリスト教徒の活動家らは24日、過激…

  4. 4

    「イスラム国」、エジプトのコプト教徒21人殺害の映像公開

    過激派組織「イスラム国」は15日、リビアで拘…

  5. 5

    「イスラム国」系組織、リビア自爆攻撃で犯行声明

    リビア東部の町クッバで20日起きた、爆発物を…

  6. 6

    ムーディーズ、ロシアを投資不適格級に格下げ

    格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サー…

  7. 7

    ドイツ銀とサンタンデール、FRBストレステスト不合格の公算=WSJ

    ドイツ銀行やスペインのサンタンデール銀行を含…

  8. 8

    親ロ派への支援継続は国際秩序への脅威、米国がロシアに警告

    米国は20日、ウクライナ情勢をめぐり、停戦合…

  9. 9

    タカタに1日1.4万ドルの罰金、米「調査に非協力的」

    米運輸省のフォックス長官は20日、タカタがエ…

  10. 10

    NY市場サマリー(20日)

    <為替> ユーロが対ドルで上昇した。ユーロ圏…