注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:地球を壊す海の病

2014-8・26号(8/19発売)

今世紀末までに多くの海洋生物が姿を消すかもしれない──
水産資源や生態系を脅かす温暖化の真の破壊力とは

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  2. 2

    イラク危機に中国が沈黙を守り続ける理由

    「大国扱い」を求める一方で国際社会に貢献する気はな…

  3. 3

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

    日中の尖閣問題からアメリカのイラン制裁まで、国家間…

  4. 4

    中国が刺激したロシア海軍の復活

    地位復権・領土拡大・経済的利益・・・・・・海に向か…

  5. 5

    インドにも「侵入」を繰り返す中国

    実効支配地域の認識は食い違うが、現状維持では一致す…

  6. 6

    想像を絶するアフリカ難民の死にざま

    虐殺されたユダヤ人のように折り重なって冷凍庫に………

  7. 7

    これは本当にゴジラ映画か?

    ハリウッドで生まれ変わった『GODZILLA ゴジ…

  8. 8

    黒人射殺事件を引き起こした「利益追求型」警察

    アメリカを揺るがす事件が起きた背景には、予算確保の…

  9. 9

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  10. 10

    「毒食肉」の源はアメリカ?

    中国子会社の不潔を詫びる米国親会社OSIグループの…

  1. 1

    リトルリーグに現れた「少女エース」の快投

    昨年もこのブログでお話した、アメリカ東海岸の夏の…

  2. 2

    田母神俊雄氏のイスラエル訪問計画、3つの懸念

    田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)の支持グループ…

  3. 3

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  4. 4

    休暇とストレスの悲しい関係

    夏の休暇中、一度も仕事のメールチェックをしない!…

  5. 5

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  6. 6

    イラク新首相、任命されたはいいが

    8月8日、イラク北部で大きな脅威となった「イスラ…

  7. 7

    石油ショックは再来するか

    「石油ショック」といっても、もう歴史上の出来事とし…

  8. 8

    電気代が5割上がる現実を直視しよう

    北海道電力は、7月30日に予定していた電気料金の…

  9. 9

    違反きっぷに異議あり!の時のお助けアプリ

    お上にもの申す。そんなこともアプリがやってくれる…

  10. 10

    ミズーリ州の暴動は沈静化へ向かうのか?

    ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソン市では、…

  1. 1

    「イスラム国」が米国人記者の殺害発表、米政府は真偽検証中

    イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は1…

  2. 2

    ロシア越境否定、ウクライナが領内進入の軍車両攻撃

    ウクライナ大統領府は15日、前夜にかけてウクライ…

  3. 3

    エボラ出血熱、抑制に半年程度=国境なき医師団

    国境なき医師団(MSF)のジョアンヌ・リュー会長…

  4. 4

    米国株はまちまち、ウクライナ情勢緊迫受けた安値からは回復

    15日の米国株式市場はまちまち。ウクライナ情勢の緊…

  5. 5

    ロシア軍車両の越境、非常に深刻な結果も=英外相

    ロシア軍の車両が15日未明、ウクライナとの国境を…

  6. 6

    イスラム国がビデオ声明で米国に警告、「全員血まみれに」

    イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」はビ…

  7. 7

    米アップル、中国本土で国内ユーザーのデータ保存を開始

    米アップルは15日、中国のユーザーのデータを中国…

  8. 8

    資源大手BHPビリトン、低採算事業の分離・独立検討

    英豪系資源大手BHPビリトンは15日、低採算事業…

  9. 9

    ロシア、ウクライナに「侵入」=NATO

    北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長…

  10. 10

    ウクライナ軍の人道支援団攻撃、ロシア外務省が非難

    ロシア外務省は15日、ロシアが派遣した人道支援団…