Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:アベノミクスの正念場

2014-11・25号(11/18発売)

「第3の矢」を放たないまま解散・総選挙へ
日銀頼みのアベノミクスは看板倒れに終わるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    中国経済が世界の重荷になる日

    中国の経済成長率が10年後には今の半分近くになると…

  2. 2

    失業率3%でリニアもあるのに日本が景気後退に陥るのはなぜ

    7〜9月期の実質GDP成長率は予想外の低さだったが…

  3. 3

    聖地争奪戦で宗教戦争が激化か

    「神殿の丘」奪還を狙うユダヤ教原理主義グループと抵…

  4. 4

    どちらが有望? FTAAPとTPP

    農産品の関税で対立を続ける日米を横目に貿易自由化を…

  5. 5

    ベルリンの壁崩壊をめぐる3つの誤解

    25年前の歴史的な大事件を正しく理解するために知っ…

  6. 6

    中国富裕層が群がるアメリカの高級物件

    冷え込む国内市場を見限って海外の不動産に「お引っ越…

  7. 7

    ジョブズ型経営を捨てろ

    天才的な創業者が築いた巨大なハイテク企業が成功し続…

  8. 8

    大学は学生を監視してもOK?

    学生証がICカードになり、いつどこの施設を利用した…

  9. 9

    映画『TATSUMI』の「昭和」で刺激的な世界へ

    マンガ家・辰巳ヨシヒロの半生をアニメ化したシンガポ…

  10. 10

    素人を「錦織圭」に育てる脳アプリ

    脳波の測定で選手を最高の精神状態に導ける時代が到来…

  1. 1

    アメリカで人気の反フェイスブックSNS「エロー(ello)」の実力

    アンチ・フェイスブックのソーシャル・ネットワーク…

  2. 2

    財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか

    安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先…

  3. 3

    消費税の増税先送りで増幅される「政治的な景気循環」

    急に解散・総選挙のムードが強まってきた。前の総選…

  4. 4

    GDPマイナスのショック、アベノミクスの現在

    14年7~9月期のGDP速報値が発表になりました…

  5. 5

    年内解散という「風」に対立軸はあるのか?

    どうやら、今回の「解散風」はホンモノのようです。…

  6. 6

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  7. 7

    L型産業で「江戸時代化」する日本

    冨山和彦氏(経営共創基盤CEO)が、文部科学省の…

  8. 8

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  9. 9

    米中間選挙の隠れた争点は「格差是正」

    先週アメリカで実施された中間選挙では共和党が大勝…

  10. 10

    中間選挙「共和党勝利」で、アメリカは右傾化するのか

    アメリカで4日に実施される中間選挙で、仮に上下両…

  1. 1

    カナダがエボラ熱ワクチン臨床試験、結果は来年初頭に

    カナダ政府は14日、国内研究所が開発したエボラ出…

  2. 2

    G20では円安懸念出ず=政府筋

    安倍晋三首相は、オーストラリアのブリスベーンで開…

  3. 3

    豪が最新鋭艦の建造を日本に打診、潜水艦の輸入検討=関係者

    日本から潜水艦を輸入することを検討しているオース…

  4. 4

    G20首脳、世界エネルギー取引管轄する新機関設立を討議=豪紙

    15─16日に豪ブリスベーンで開かれる20カ国・…

  5. 5

    ノルウェークローネの下落、恩恵もたらす=中銀総裁

    ノルウェー中央銀行のオルセン総裁は19日、過去数…

  6. 6

    中国経済に一定期間の痛み、影の銀行が主要問題=財政次官

    中国財政省の朱光耀次官は、国内経済をより緩やかな…

  7. 7

    日本株ファンドからの流出額、10年5月以来の大きさ=週間調査

    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが14日公表…

  8. 8

    日本は3本の矢を全て活用する必要=日米財務相会談で米財務長官

    ルー米財務長官は、20カ国・地域(G20)財務相…

  9. 9

    ドルが対円で一時7年ぶり高値、小売統計受け=NY市場

    14日のニューヨーク外為市場では、10月の米小売…

  10. 10

    インド、金輸入制限を18日にも発表へ

    インドが18日にも、金の輸入制限を発表する見通し…