Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

等身大の中国経済

2014-9・23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  3. 3

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  4. 4

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  5. 5

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  6. 6

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  7. 7

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  8. 8

    中国政府、露骨過ぎる香港介入の理由

    イギリスからの返還時に中国が約束した「一国二制度」…

  9. 9

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  10. 10

    「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは

    スマホでタクシーを呼べる配車サービスは既存の業界の…

  1. 1

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  2. 2

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  3. 3

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  4. 4

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  5. 5

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  6. 6

    分離独立運動は「内乱」なのか?

    スコットランドがイギリスから独立するかどうかを決…

  7. 7

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  8. 8

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  9. 9

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  10. 10

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  1. 1

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  2. 2

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  3. 3

    日産、EV用バッテリー生産の縮小検討=関係筋

    日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CE…

  4. 4

    NY市場サマリー(12日)

    <為替> ドルが対円で6年ぶり高値をつけた。米連…

  5. 5

    KDDIとソフトバンク、iPhone6の料金発表

    NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの3…

  6. 6

    インド7月鉱工業生産は4カ月ぶり低い伸び、8月CPIなお高水準

    インド政府が発表した7月の鉱工業生産は4カ月ぶり…

  7. 7

    中国の8月鉱工業生産、伸び率は約6年ぶり低水準

    中国国家統計局が13日に発表した8月の中国の鉱工…

  8. 8

    習主席「好戦的でない」、国境問題が対インド外交に影

    中国の習近平国家主席は18日、インドのモディ首相…

  9. 9

    中国が英グラクソに過去最高額の罰金、幹部懲役刑

    中国当局は19日、英製薬大手グラクソ・スミスクラ…

  10. 10

    西アフリカのエボラ死者、2400人突破=WHO

    世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、…