注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

障害者の私が映し出す「本当の私」

Falling into Place

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

indexへ戻る

レイドーシーは鏡をのぞき込むたび、自分の顔のしわに驚かされるという

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と別の世界に生きる「彼ら」として登場する。本来の人間としての姿は見えてこない。

 多発性硬化症を患うパトリシア・レイドーシーはこうした線引きをなくすため、障害者の日常生活を線の内側から伝えようと決意。そして、障害者である自分自身をモデルにした作品集『フォーリング・イントゥー・プレイス(あるべき場所に落ち着く)』を発表した。

 46歳まで健常者として生活していたレイドーシーは、外側と内側の両方の視点を持ち合わせている。撮る側としては被写体の「異質な点」はむしろ興味深く思えるのに、それが自分となると見せるのが嫌になる。自分の身体がまるで「他人」のようだったと、彼女は言う。

 だが自分にカメラを向けた途端、隠れる場所がなくなった。恥ずかしいと思う部分をさらけ出したことで、ありのままの自分を理解できたとレイドーシーは言う。「見方を変えるべきなのは自分自身だった。私の身体は闘士であり、味方であり、親友だったのだ」

Photographs by Patricia Lay-Dorsey

<2012年8月1日号掲載>

新刊写真集「FALLING INTO PLACE」
アメリカのメディアを中心に注目を集め、レイードーシー(72)と英エフフォトギャラリーが共同で資金を募り、2013年12月に写真集として発表された。

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014-10・ 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    歩きスマホ専用レーンの無意味さ

    一見いいアイデアだが、ちょっと頭を使えばありえない…

  2. 2

    欧米社会に忍び寄るISIS「首切り」の恐怖

    オーストラリア市民を対象にしたテロ計画の発覚で緊張…

  3. 3

    国際社会が見過ごしている残虐集団ボコ・ハラム

    270人以上の女子生徒がさらわれた事件以降、忘れ去…

  4. 4

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  5. 5

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  6. 6

    最強のドイツ経済に落日の足音?

    ロシアとEUの制裁合戦がユーロ危機の後遺症に追い討…

  7. 7

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  8. 8

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  9. 9

    究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

    ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが…

  10. 10

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  1. 1

    なぜ円安になっても製造業が日本に帰ってこないのか

    外国為替市場で、一時は1ドル=109円台に乗せ、…

  2. 2

    「シリア領内空爆」は本格的な戦争の始まりなのか?

    アメリカ時間の今月22日、既にオバマ大統領が演説…

  3. 3

    シリア空爆の意味

    9月23日、米軍はシリアの「イスラーム国」拠点に…

  4. 4

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  5. 5

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  6. 6

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  7. 7

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  8. 8

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  9. 9

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  10. 10

    大学の国際化を「スーパー」にするための2つの条件とは?

    最初にお断りしておきますが、私は大学教育の改革は…

  1. 1

    米シカゴ空港で一時全便欠航、管制センターの火災で職員ら避難

    米イリノイ州シカゴ市郊外にある航空交通管制センタ…

  2. 2

    「債券王」グロス氏がPIMCO退職、同業ジャナスに移籍へ

    「債券王」の異名をとる米債券運用会社パシフィック…

  3. 3

    フィリピンのイスラム過激派、ドイツ人殺害警告

    SITEモニタリングサービスによると、フィリピン…

  4. 4

    英議会、「イスラム国」標的の空爆参加を承認

    英議会は26日、過激派組織「イスラム国」を標的と…

  5. 5

    「イスラム国」は米仏で地下鉄攻撃を計画、イラク首相が情報入手 

    イラクのアバディ首相は25日、イスラム教スンニ派…

  6. 6

    アルジェリアの「イスラム国」系組織、フランス人殺害映像を公開

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の分派と…

  7. 7

    スコットランド緊急着陸の787機、防火システム誤警報が原因 

    ポーランド国営の航空会社LOTポーランド航空は2…

  8. 8

    北朝鮮の国営メディア、金正恩氏の健康問題に言及

    北朝鮮国営メディアのドキュメンタリー番組で、金正…

  9. 9

    米国発のドリームライナー、スコットランドに緊急着陸

    米シカゴ発ポーランド・ワルシャワ行きの米ボーイン…

  10. 10

    インド格付け見通し「ネガティブ」から「安定的」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…