コラム

危うし、美術館!(4):MoMAとテート・モダンの迷走1

2016年03月15日(火)16時00分
危うし、美術館!(4):MoMAとテート・モダンの迷走1

3月18日、ニューヨークのメトロポリタン美術館が新しい分館、通称「Met Breuer(メット・ブロイヤー)」を開館する。

 この稿を書いている数日後の2016年3月18日、ニューヨークのメトロポリタン美術館新しい分館を開館する。バウハウスで学んだモダニズム建築家、マルセル・ブロイヤーが設計した旧ホイットニー美術館を8年間借り受けたもので、愛称は「Met Breuer(メット・ブロイヤー)」。開館前の内覧に、ニューヨーク・タイムズがふたりの花形アート批評家を送り込み、2本の記事を掲載したことからも、アート界の期待の大きさが推測される。

 その2本、つまりロバータ・スミスの「At the Met Breuer, Thinking Inside the Box」(2016年3月2日付)ホランド・コッターの「A Question Still Hanging at the Met Breuer: Why?」(同日付)を読むと、2本立ての開館記念展は一見、面白そうに思える。ひとつは(コッター曰く)「Metの多くの観客には馴染みのないであろう」インドのアーティスト、ナスリーン・モハメディ(1937-1990)の平面作品から成る個展。もうひとつは、ルネッサンスから現代に至るまでの未完成の作品を197点集めたという『Unfinished』展

The Met Breuer--Opening March 18, 2016


 だが、スミスが言うには「Metがニューヨーク近代美術館(MoMA)ホイットニー美術館に挑むのではないかと考える向きにとって、ふたつの展覧会は、期待されたように現代アートに飛び込むというより、つま先で水に触れたという程度だった」とのことだ。

 ニューヨーカーらしいというか、一言居士を自任するベテラン批評家らしいというか、よく読むとふたりの評価は辛口である。「ほとんどあらゆる点において『Unfinished』はもっと挑発的であってもよかった」(スミス)。「『Unfinished』はお行儀がよく、旧態依然たる印象。モハメディ展は先駆的だがラディカルではない」(コッター)。

 だが、展覧会の評価よりももっと厳しいのは、分館の存在理由についてだ。「Metが分館で正確には何をするのかという問いには、いまだに明瞭な答が与えられていない」(スミス)。「Metは、MoMAやホイットニーやグッゲンハイムとの現代アート収集競争というゲームの罠に嵌まってはならない」(コッター)。コッターのこの警告を受けて書いたかのように、スミスは自らの記事を以下のように締め括っている。「今日の多くの美術館キュレーターを釘付けにしているのと同じアーティストリストを追いかけているからと言って、Metを責めることはおそらくできない。少なくとも壁があることを認識できなければ、(美術館という)箱の外部を考えることは誰にもできないのだから」

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

年内米利上げ観測高まる、FOMC声明受け=短期先物

ビジネス

リスク後退で年内米利上げに含み、FOMC金利据え置

ワールド

英国との交渉担当者に「熟練政治家」、欧州委員長が指

ワールド

EU離脱後の関係、既存枠組みにとらわれず=メイ英首

MAGAZINE

特集:世界を虜にするポケモンGO

2016-8・ 2号(7/26発売)

世界中で始まったポケモンGOの大ブレイク──。屋外型「カワイイ」ゲームの騒動は社会に何をもたらすか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点

    台湾の漁船拿捕をきっかけに「島か岩か」問題が再…

  4. 4

    サイコパスには犯罪者だけでなく成功者もいる

    サイコパスはすべてが殺人鬼ではない。なかには、…

  5. 5

    数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

  6. 6

    ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

  7. 7

    日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか?

  8. 8

    米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた

  9. 9

    英EU離脱に憤る若者たち: でも実は若年層は投票しなかった世代

  10. 10

    ISISはなぜトルコを狙うのか

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  3. 3

    よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

    <「ポケモンはハラーム」との記事が日本のニュースサ…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  6. 6

    ジャーナリストが仕事として成り立たない日本

    <トラック運転手をして取材資金を貯めるという桜木武…

  7. 7

    英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

    英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り…

  8. 8

    スマホが人間をダメにする

    インターネット時代、スマートフォン時代になっ…

  9. 9

    英国EU離脱。しかし、問題は、移民からロボティックスへ

    <世界一のグローバル都市へと成長し、移民が急増した…

  10. 10

    「ブレグジット後悔」論のまやかし

    <ブレグジットの国民投票以降、「EU離脱に投票…

  1. 1

    テスラ車死亡事故、自動運転中にDVD鑑賞の可能性

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モータ…

  2. 2

    バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  3. 3

    バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  4. 4

    豪下院選は大接戦、結果判明5日以降に 「宙づり議会」の可能性

    2日に投票が行われた豪総選挙の下院選は、ター…

  5. 5

    バングラデシュ人質事件、日本人は1人救出 7人安否不明

    バングラデシュの首都ダッカのレストランで1日…

  6. 6

    バングラデシュ人質事件で日本人7人の死亡確認=菅官房長官

    菅義偉官房長官は2日午後11時半過ぎに会見し…

  7. 7

    クリントン氏優勢 トランプ氏と差は縮小=米大統領選調査

    ロイター/イプソスが実施した米大統領選の候補…

  8. 8

    日本の改正児童福祉法、施設暮らしの子ども救うか

    金属の柵で囲まれた小児用ベッドに寝かされた赤…

  9. 9

    邦人犠牲者は20代から80代の男女、菅官房長官「断固として非難」

    菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、日本人…

  10. 10

    イラク首都の爆弾攻撃で約120人死亡、ISISが犯行声明

    イラクの首都バグダッドで3日未明、2回の爆発…

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人もツッコめない? 巧みすぎる安倍流選挙大作戦