コラム

危うし、美術館!(4):MoMAとテート・モダンの迷走1

2016年03月15日(火)16時00分
危うし、美術館!(4):MoMAとテート・モダンの迷走1

3月18日、ニューヨークのメトロポリタン美術館が新しい分館、通称「Met Breuer(メット・ブロイヤー)」を開館する。

 この稿を書いている数日後の2016年3月18日、ニューヨークのメトロポリタン美術館新しい分館を開館する。バウハウスで学んだモダニズム建築家、マルセル・ブロイヤーが設計した旧ホイットニー美術館を8年間借り受けたもので、愛称は「Met Breuer(メット・ブロイヤー)」。開館前の内覧に、ニューヨーク・タイムズがふたりの花形アート批評家を送り込み、2本の記事を掲載したことからも、アート界の期待の大きさが推測される。

 その2本、つまりロバータ・スミスの「At the Met Breuer, Thinking Inside the Box」(2016年3月2日付)ホランド・コッターの「A Question Still Hanging at the Met Breuer: Why?」(同日付)を読むと、2本立ての開館記念展は一見、面白そうに思える。ひとつは(コッター曰く)「Metの多くの観客には馴染みのないであろう」インドのアーティスト、ナスリーン・モハメディ(1937-1990)の平面作品から成る個展。もうひとつは、ルネッサンスから現代に至るまでの未完成の作品を197点集めたという『Unfinished』展

The Met Breuer--Opening March 18, 2016


 だが、スミスが言うには「Metがニューヨーク近代美術館(MoMA)ホイットニー美術館に挑むのではないかと考える向きにとって、ふたつの展覧会は、期待されたように現代アートに飛び込むというより、つま先で水に触れたという程度だった」とのことだ。

 ニューヨーカーらしいというか、一言居士を自任するベテラン批評家らしいというか、よく読むとふたりの評価は辛口である。「ほとんどあらゆる点において『Unfinished』はもっと挑発的であってもよかった」(スミス)。「『Unfinished』はお行儀がよく、旧態依然たる印象。モハメディ展は先駆的だがラディカルではない」(コッター)。

 だが、展覧会の評価よりももっと厳しいのは、分館の存在理由についてだ。「Metが分館で正確には何をするのかという問いには、いまだに明瞭な答が与えられていない」(スミス)。「Metは、MoMAやホイットニーやグッゲンハイムとの現代アート収集競争というゲームの罠に嵌まってはならない」(コッター)。コッターのこの警告を受けて書いたかのように、スミスは自らの記事を以下のように締め括っている。「今日の多くの美術館キュレーターを釘付けにしているのと同じアーティストリストを追いかけているからと言って、Metを責めることはおそらくできない。少なくとも壁があることを認識できなければ、(美術館という)箱の外部を考えることは誰にもできないのだから」

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

実行計画は最初の一歩、法案成立せねば画餅に=働き方

ビジネス

収益力・市場リスクで「ターゲット考査」、アパート融

ビジネス

非正規待遇差に事業者の説明義務=働き方改革会議「実

ワールド

イラン石油相、協調減産は延長される見通し

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 8

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 9

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!