コラム

スーパーコレクターズ(1): 億万長者の狩猟本能

2015年11月12日(木)11時50分
スーパーコレクターズ(1): 億万長者の狩猟本能

スーパーコレクター、フランスの大富豪フランソワ・ピノー Alexander Natruskin- REUTERS

 ヴェネツィア・ビエンナーレに限らず、そしてアートフェスティバルに限らず、大きな催し物には「コラテラルイベント」が付きものだ。「Collateral」と聞くと、トム・クルーズが出演した同名の映画を思い出す向きもあるかもしれないが、映画のタイトルは「不運な巻き添え」といった意味合いの名詞である。「event」の前に付けられた場合はもちろん形容詞で、「付随する」「伴って起きる」を意味する。だからコラテラルイベントは、穏便・穏当に訳すなら「同時開催イベント」であり、実質的には「相乗りイベント(幸運な巻き添え?)」ということになる。

 世界最大にして最も格の高いアートフェスティバルであるのだから、相乗りするイベントが多いのもむべなるかな。2015年には公式ガイドブックに載った、つまりビエンナーレに正式に認定されたものだけで44企画を数えた。実際には、控えめに勘定しても三桁に上るだろう。世界中から訪れるアートラバーズが対象とあって、本展と遜色のない高水準の展覧会も少なくない。2013年には、プラダ財団が主催した『態度が形になるとき:ベルン1969/ヴェニス2013』展が話題となった。半世紀近く前に、伝説的キュレーターのハラルド・ゼーマンが企画した、伝説的グループ展の再現展示である。

 近年最も注目されるコラテラルイベントは、フランスの大富豪にしてスーパーコレクター、フランソワ・ピノーのコレクションを展示するふたつの美術館、とりわけ2009年に華々しく開館したプンタ・デラ・ドガーナで開催される展覧会だろう。

タイムラプス - プンタ・デラ・ドガーナと安藤忠雄

 プンタ・デラ・ドガーナは、グランド・カナル(大運河)とジュデッカ運河が合流する地点にある岬に、17世紀後半に税関として建設された5,000平米ほどの建物。ピノーはグッゲンハイム財団との入札争いに競り勝ち、この歴史的建造物を33年間借り受ける契約をヴェネツィア市と結んだ。建築家・安藤忠雄の手になる改装には2,000万ユーロ(当時のレート換算で約27億円)を費やしたと言われるが、安藤の設計にしてはもとの建物への介入が少なく(あるいは少なく見え)、白い外壁、レンガや古材を活かしたデザインで、各界からの評判は悪くない。

01_pdd_1.JPG

プンタ・デラ・ドガーナ。2009年の開館展 (photo by Hiroko Ozaki)

02_pdd_2_sugimoto.JPG

プンタ・デラ・ドガーナ。開館展に展示された杉本博司の『Stylized Sculpture』シリーズ(壁面)とマウリツィオ・カテランの「All」 (photo by Hiroko Ozaki)

03_pdd_3_murakami.JPG

プンタ・デラ・ドガーナ。開館展に展示された村上隆の「My Lonesome Cowboy」(手前)と「Hiropon」 (photo by Hiroko Ozaki)

04_pdd_4_ando.JPG

プンタ・デラ・ドガーナのオープニングプレビューで報道陣に囲まれる安藤忠雄 (photo by Hiroko Ozaki)

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ワールド

ウクライナ中銀、新たなサイバー攻撃の可能性を各銀行

ワールド

仏大統領、9月7─8日にギリシャ訪問

ワールド

豪地域開発相、二重国籍保有と発表 議員で6人目

ビジネス

焦点:米デフォルトリスク、トランプ政権の混乱で「正

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!