コラム

その場で写真印刷できるスマートフォンケース:Prynt

2016年02月25日(木)16時15分
その場で写真印刷できるスマートフォンケース:Prynt

スマートフォンにケースとして装着して利用するフォトプリンタ、PRYNT

インスタントカメラのチェキは、いまでも魅力的

 デジタルカメラ全盛と思われる時代の中でも、富士フイルムのインスタントカメラのチェキは、撮った写真をその場で相手に渡したり、メッセージやコメントを書き込むことのできるタンジブル(実体感のある)な魅力で好調な売れ行きを示している。

 同社は、スマートフォンからイメージをワイヤレス転送してプリントできるスマホ de チェキも販売しているが、こうした動きは、デジタルデータの表示や共有だけでは得られない満足感が、アナログなメディアの中に存在していることを示すものといえる。

 であるなら、スマートフォンから写真を直接プリントすることができれば、デジタルフォトとアナログ写真の両方の魅力が、もっと直接的に得られるのでは...、という発想から生まれたのが、スマートフォンにケースとして装着して利用するフォトプリンタのPRYNT(プリント)だ。

 この製品は、ファックス用紙などに用いられている感熱技術を応用したZink(Zero Inkを略した造語で、ジンクと読む)社のプリントテクノロジーに基づいている。同社は、白黒だけでなくフルカラーのイメージの印刷を、インクリボンなしに用紙自体が発色することによって実現した。そのため、メカニズムをシンプル化することができ、ZInkペーパーと呼ばれる専用紙を入れるだけでフォトプリントが楽しめるのである。

専用アプリと連動して、AR(拡張現実)的な楽しみも

 また、機能的には単純にプリントアウトされればそれで良いのだが、PRYNTでは、ユーザー体験を重視して、ちょっとしたイリュージョンのように見える仕掛けが2つ用意されている。

 1つめは、専用アプリで撮影後にプリント処理に入ると、イメージが画面外にスライドしながら消えていき、その動きに合わせて印刷された実物の写真が現れるという演出だ。 

 そして、2つめは、その専用アプリで写真を撮影すると、同時に短い動画も記録してクラウド上に保存され、プリントされた写真を受け取った相手がスマートフォンのカメラをそれにかざすと、アプリ内の写真が生き生きと動きだすというAR(拡張現実)的な楽しみ方ができることである。

 後者は、たとえば、結婚式などで撮られた新郎新婦の写真から、披露宴のパーティの雰囲気がわかるショートビデオが再生されるような使い方が考えられる。

 残念なのは、ケースとしてフィットさせるために特定のスマートフォン(iPhone 6s, iPhone 6, iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, Samsung Galaxy S5 and Samsung Galaxy S4)のみがサポートされ、筆者が愛用するiPhone 6 Plusなどの大型画面の製品には対応していない点だ。

 ただし、無理に対応させても、スクリーンサイズとプリントサイズの違いが大きくなり過ぎて、画面内のイメージがそのまま実体化するような感覚が得られないため、あえてサポート機種を絞ったのは賢明な判断だったといってよいだろう。

プリンタを兼ね備えたスマホケースで、AR機能アプリもある。


PRYNT4.jpg

専用アプリで撮影後にプリント処理に入ると、イメージが画面外にスライドしながら消えていき、その動きに合わせて印刷された実物の写真が現れるという演出も。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 3

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 4

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!