コラム

史上初の米下院議長解任は「同担拒否」の結果...解任劇に見るトランプ支持者の近親憎悪

2023年10月05日(木)14時00分
ケビン・マッカーシー下院議長

解任動議が可決されたマッカーシー下院議長(10月3日) REUTERS/Jonathan Ernst TPX IMAGES OF THE DAY

<下院議長が解任されるのは建国以来初めてのこと。背景に何が>


・アメリカ連邦議会下院で共和党のマッカーシー議長は、共和党員が提出した動議で解任された。

・マッカーシー議長はトランプ元大統領に近いことで知られてきたが、解任動議を出した議員グループもトランプ支持者だった。

・この解任劇はトランプ支持者同士の近親憎悪、あるいはいわゆる「同担拒否」による潰し合いとみられる。

連邦議会下院でケビン・マッカーシー議長が解任された最大の要因は、トランプ支持者の内部分裂といえる。

史上初の下院議長解任

アメリカの連邦議会下院で10月3日、ケビン・マッカーシー議長に対する解任動議が審議され、216対210の賛成多数で可決した。

下院議長が解任されるのは建国以来初めてだ。

昨年の中間選挙で下院の過半数は共和党が握り、同党のベテラン議員マッカーシーが議長に選出された。ただし、議席数では民主党に対して221対212とかろうじて優位に立っているに過ぎない。

今回の解任動議は、共和党議員の一部が提出したものだ。彼らが賛成票を投じ、これに民主党議員が呼応したことで、動議は可決された。

マッカーシーにしてみれば「身内」の離反で議長職を追われたことになる。

解任後、マッカーシーは立場の近い議員らとの会合で、議長職に再チャレンジする意思はないと表明した。

しかし、共和党のパトリック・マクヘンリー議員が臨時議長に就任したものの、多くの支持を集められる有力候補がいないために議長再任は難航すると見込まれている。

「個人攻撃だ」

史上初の下院議長解任はなぜ起こったか。一言でいえば、トランプ支持者同士の近親憎悪、あるいはいわゆる「同担拒否」による潰し合いの結果といえる。

もともとマッカーシーは2016年大統領選挙でドナルド・トランプが登場した際、いち早く支持を表明した有力議員の一人だ。

そのマッカーシーは解任直後、「これは個人攻撃だ。無駄以外の何物でもない」と語った。そこで念頭に置かれていたのは、マッカーシー解任の中心にいた共和党のマット・ゲーツ議員とみられている。

ゲーツはトランプ支持者という意味ではマッカーシーと同じだ。どちらも移民・難民反対、同性婚・中絶反対、保護貿易賛成などでは一致しており、さらにバイデン政権による膨大なウクライナ支援に「アメリカ第一」の観点から反対してきた点でも共通する。

ゲーツの場合、2021年以降もトランプ支持の集会'America First Tour'に積極的に出席し続けている。2020年大統領選挙での「選挙の不正」を叫ぶトランプ支持者が連邦議会を占拠した後、それまでトランプ人気に便乗していた多くの共和党議員はトランプと距離を置くようになったのとは対照的だ。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な

ワールド

アングル:経済危機のスリランカから医師流出止まらず
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story