最新記事

メルマガ限定ページ

指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

2017年04月19日(水)18時30分
指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

抜け穴のないセキュリティーシステムなど存在しないし、安全を重視し過ぎれば利便性が失われると専門家は言う Catur Kurniawan-Eyeem/Getty Images

<写真から指紋を複製できる時代に、鉄壁のセキュリティーと利便性を追求したさまざまな生体認証の開発が進んでいる>

ポーズを決めてピースサインで、はいチーズ! よくある写真撮影の一こまで、何ら問題があるようには思えない。だが日本の研究チームによれば、このピースサインが思わぬハッキングの被害を招く恐れがあるという。

1月、国立情報学研究所(NII)の研究チームは、高解像度のデジタルカメラで撮影した写真から指紋データを復元できると発表した。カメラと被写体の間が3メートル離れていても、復元された指紋は本物とほぼ100%一致していたという。

もっとも、現時点ではパニックになる必要はなさそうだ。生体認証に詳しいミシガン州立大学のアニル・ジェイン教授は「実際にそんなことが起こる可能性は非常に小さい。照明、カメラと人の間の距離、指の向きといったあらゆる条件がそろわなければならない」と言う。

NIIの研究から得られる教訓は、あらゆるセキュリティーシステムには欠陥があり、生体認証も例外ではないということだとジェインは言う。最近ではスマートフォンのロックを解除したり、ネットショッピングしたり、コインロッカーを開けたりするのにも指紋認証が使われる。空港の入国審査やセキュリティーの厳しい建物の入り口では、目の虹彩のスキャンが行われている。

「利便性とセキュリティーのバランスを取るのは難しい」と、カナダ・カルガリー大学のトーマス・キーナン教授は言う。「私が懸念しているのは、生体情報は変えられないということだ。クレジットカードの番号と違い、何かあったからといって新しいものに替えてくれということはできない」

近年、生体認証の業界では指紋を読み取るだけでなく、その指が本物で生きた人間の体につながっているか、つまりシリコン製の複製や切り取られた指でないかどうかを検知できるスキャナーのような技術に注目が集まっている。

カナダの新興企業ニミはさらに一歩進めて、人それぞれに異なる心拍のパターンを検知するリストバンド型端末を使い、ドアを解錠したりコンピューター端末などの認証を行ったりするシステムを開発している。ほかにも歩き方やキーボードの打ち方、果ては体臭に至るまでさまざまな身体的特徴を利用した認証の研究開発が進められている。

さらに進んだ生体認証技術が期待どおりの強固なセキュリティーをもたらすことができるなら、そのときはVサインで祝う価値はありそうだ。

サンディ・オン

[2017年4月18日号掲載]

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!