最新記事

メルマガ限定ページ

指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

2017年04月19日(水)18時30分
指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

抜け穴のないセキュリティーシステムなど存在しないし、安全を重視し過ぎれば利便性が失われると専門家は言う Catur Kurniawan-Eyeem/Getty Images

<写真から指紋を複製できる時代に、鉄壁のセキュリティーと利便性を追求したさまざまな生体認証の開発が進んでいる>

ポーズを決めてピースサインで、はいチーズ! よくある写真撮影の一こまで、何ら問題があるようには思えない。だが日本の研究チームによれば、このピースサインが思わぬハッキングの被害を招く恐れがあるという。

1月、国立情報学研究所(NII)の研究チームは、高解像度のデジタルカメラで撮影した写真から指紋データを復元できると発表した。カメラと被写体の間が3メートル離れていても、復元された指紋は本物とほぼ100%一致していたという。

もっとも、現時点ではパニックになる必要はなさそうだ。生体認証に詳しいミシガン州立大学のアニル・ジェイン教授は「実際にそんなことが起こる可能性は非常に小さい。照明、カメラと人の間の距離、指の向きといったあらゆる条件がそろわなければならない」と言う。

NIIの研究から得られる教訓は、あらゆるセキュリティーシステムには欠陥があり、生体認証も例外ではないということだとジェインは言う。最近ではスマートフォンのロックを解除したり、ネットショッピングしたり、コインロッカーを開けたりするのにも指紋認証が使われる。空港の入国審査やセキュリティーの厳しい建物の入り口では、目の虹彩のスキャンが行われている。

「利便性とセキュリティーのバランスを取るのは難しい」と、カナダ・カルガリー大学のトーマス・キーナン教授は言う。「私が懸念しているのは、生体情報は変えられないということだ。クレジットカードの番号と違い、何かあったからといって新しいものに替えてくれということはできない」

近年、生体認証の業界では指紋を読み取るだけでなく、その指が本物で生きた人間の体につながっているか、つまりシリコン製の複製や切り取られた指でないかどうかを検知できるスキャナーのような技術に注目が集まっている。

カナダの新興企業ニミはさらに一歩進めて、人それぞれに異なる心拍のパターンを検知するリストバンド型端末を使い、ドアを解錠したりコンピューター端末などの認証を行ったりするシステムを開発している。ほかにも歩き方やキーボードの打ち方、果ては体臭に至るまでさまざまな身体的特徴を利用した認証の研究開発が進められている。

さらに進んだ生体認証技術が期待どおりの強固なセキュリティーをもたらすことができるなら、そのときはVサインで祝う価値はありそうだ。

サンディ・オン

[2017年4月18日号掲載]

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!