最新記事

メルマガ限定ページ

指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

2017年04月19日(水)18時30分
指紋ハッキング vs. 生体認証の新技術

抜け穴のないセキュリティーシステムなど存在しないし、安全を重視し過ぎれば利便性が失われると専門家は言う Catur Kurniawan-Eyeem/Getty Images

<写真から指紋を複製できる時代に、鉄壁のセキュリティーと利便性を追求したさまざまな生体認証の開発が進んでいる>

ポーズを決めてピースサインで、はいチーズ! よくある写真撮影の一こまで、何ら問題があるようには思えない。だが日本の研究チームによれば、このピースサインが思わぬハッキングの被害を招く恐れがあるという。

1月、国立情報学研究所(NII)の研究チームは、高解像度のデジタルカメラで撮影した写真から指紋データを復元できると発表した。カメラと被写体の間が3メートル離れていても、復元された指紋は本物とほぼ100%一致していたという。

もっとも、現時点ではパニックになる必要はなさそうだ。生体認証に詳しいミシガン州立大学のアニル・ジェイン教授は「実際にそんなことが起こる可能性は非常に小さい。照明、カメラと人の間の距離、指の向きといったあらゆる条件がそろわなければならない」と言う。

NIIの研究から得られる教訓は、あらゆるセキュリティーシステムには欠陥があり、生体認証も例外ではないということだとジェインは言う。最近ではスマートフォンのロックを解除したり、ネットショッピングしたり、コインロッカーを開けたりするのにも指紋認証が使われる。空港の入国審査やセキュリティーの厳しい建物の入り口では、目の虹彩のスキャンが行われている。

「利便性とセキュリティーのバランスを取るのは難しい」と、カナダ・カルガリー大学のトーマス・キーナン教授は言う。「私が懸念しているのは、生体情報は変えられないということだ。クレジットカードの番号と違い、何かあったからといって新しいものに替えてくれということはできない」

近年、生体認証の業界では指紋を読み取るだけでなく、その指が本物で生きた人間の体につながっているか、つまりシリコン製の複製や切り取られた指でないかどうかを検知できるスキャナーのような技術に注目が集まっている。

カナダの新興企業ニミはさらに一歩進めて、人それぞれに異なる心拍のパターンを検知するリストバンド型端末を使い、ドアを解錠したりコンピューター端末などの認証を行ったりするシステムを開発している。ほかにも歩き方やキーボードの打ち方、果ては体臭に至るまでさまざまな身体的特徴を利用した認証の研究開発が進められている。

さらに進んだ生体認証技術が期待どおりの強固なセキュリティーをもたらすことができるなら、そのときはVサインで祝う価値はありそうだ。

サンディ・オン

[2017年4月18日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 8

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!