コラム

「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

2016年12月08日(木)16時25分
「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

XiXinXing-iStock.

<東京からわずか2時間ですばらしい自然を満喫でき、学校給食にも旬の食べ物が出る日本。一方、中国は「季節感」を完全に失ってしまった。その代わりに中国人はクリスマスやハロウィーン、光混節などの記念日で盛り上がろうとしているが......> (写真はイメージです)

 こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

 スポーツの秋というにはちょっと遅くなったかもしれないが、先日、息子の一龍とともに筑波山に登ってきた。息子との時間を大事にしたいからだ。何度か本コラムで取り上げてきたが、2016年は私にとって新たなチャレンジの1年となった。中国での知名度が高まり、次々とビジネスや講演の依頼が舞い込んできたからだ。充実した日々を送っているが、唯一残念なのが息子と過ごす時間が減ってしまったこと。少しでも埋め合わせようと、時間が空けば必ず一緒にでかけるようにしている。

【参考記事】いま中国の企業家や投資家が知りたい3つのこと

 いろんなところに出かけたが、中でも登山は格別だ。親子のコミュニケーションが図れるばかりか、山登りという試練を与えることで一龍の成長を確かめることができる......と思ったのだが、私も登山は初体験。私にとっても厳しい試練となった。それでも美しい景色は格別だ。都心からわずか2時間でこれほどの自然がある日本のすばらしさを改めて感じた。そして同時に中国の現状にも思いをめぐらせた。

lee161208-2.jpg

9歳の息子、一龍と筑波山へ(提供:筆者)

中国語には「季節感」「旬」の言葉がない

 中国語には「季節感」や「旬」に相当する言葉がない。秋の上海ガニが有名だが、これほど有名になったのは近年のこと。いわば作られた伝統だ。

「季節感」が希薄なのは文化の違いといってしまえばそれまでだが、私の子供時代にはそれでもまだ季節の楽しみがあったように記憶している。中国内陸部の湖南省で育った私は、やんちゃで夏が大好きだった。夏ならではのスイカや、川での水泳がなによりの楽しみだったのだ。それにカイコ。小さな幼虫を育てるためにえさとなる桑の葉を取りに行くのも楽しかったし、育った後に食べられるのも最高だ(笑)。ゲテモノだと敬遠している人も多いようだが、なかなかの珍味だった。

 今の中国では、こうした美しい子供時代はあり得ない。大気汚染を避けるため外出はなるべく控えるのが常だし、誘拐が横行しているから祖父母が小学校の登下校に付き添うので友達と気ままに遊ぶこともできない。そもそも受験戦争に追いまくられているのでそんな暇はないのだが。

 もともと日本に比べれば希薄だったのだろうが、ここ数十年の急速な経済成長によって中国人の「季節感」「旬」は完全に失われてしまった。

 日本でも大都市部では自然が少なくなっているが、それでも東京から約2時間電車に乗るだけで筑波山に行けるのだ。もっと近場の自然も多い。学校の給食にも時おり旬の食べ物が出ることがあり、中国の子供たちと比べれば季節感や旬に関する知識、感覚は圧倒的に多いようだ。

 筑波山を登っている時も、見かけた植物について一龍が事細かに教えてくれた。残念ながらこの方面についての知識では息子に完敗している。それというのも彼は図鑑が大好きで毎週図書館に行って4、5冊借りてきては、飽きることなく眺めているのだ。自然体験と知識とを結びつけてくれる図書館というインフラが整っている点でも日本はすばらしい。

【参考記事】教育論議から考える、日本のすばらしいサービスを中国が真似できない理由

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

18年の独経済成長率、2.2%に加速見通し=商工会

ビジネス

中国人民銀総裁、資産価格急落リスクを警戒 過度の楽

ビジネス

情報BOX:次のFRB議長は誰か、候補5人の強みと

ワールド

NZファースト党が労働党の新政権を支援、アーダーン

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 9

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!