コラム

「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

2016年12月08日(木)16時25分
「季節感」がない中国にバカ騒ぎの季節がやって来る

XiXinXing-iStock.

<東京からわずか2時間ですばらしい自然を満喫でき、学校給食にも旬の食べ物が出る日本。一方、中国は「季節感」を完全に失ってしまった。その代わりに中国人はクリスマスやハロウィーン、光混節などの記念日で盛り上がろうとしているが......> (写真はイメージです)

 こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

 スポーツの秋というにはちょっと遅くなったかもしれないが、先日、息子の一龍とともに筑波山に登ってきた。息子との時間を大事にしたいからだ。何度か本コラムで取り上げてきたが、2016年は私にとって新たなチャレンジの1年となった。中国での知名度が高まり、次々とビジネスや講演の依頼が舞い込んできたからだ。充実した日々を送っているが、唯一残念なのが息子と過ごす時間が減ってしまったこと。少しでも埋め合わせようと、時間が空けば必ず一緒にでかけるようにしている。

【参考記事】いま中国の企業家や投資家が知りたい3つのこと

 いろんなところに出かけたが、中でも登山は格別だ。親子のコミュニケーションが図れるばかりか、山登りという試練を与えることで一龍の成長を確かめることができる......と思ったのだが、私も登山は初体験。私にとっても厳しい試練となった。それでも美しい景色は格別だ。都心からわずか2時間でこれほどの自然がある日本のすばらしさを改めて感じた。そして同時に中国の現状にも思いをめぐらせた。

lee161208-2.jpg

9歳の息子、一龍と筑波山へ(提供:筆者)

中国語には「季節感」「旬」の言葉がない

 中国語には「季節感」や「旬」に相当する言葉がない。秋の上海ガニが有名だが、これほど有名になったのは近年のこと。いわば作られた伝統だ。

「季節感」が希薄なのは文化の違いといってしまえばそれまでだが、私の子供時代にはそれでもまだ季節の楽しみがあったように記憶している。中国内陸部の湖南省で育った私は、やんちゃで夏が大好きだった。夏ならではのスイカや、川での水泳がなによりの楽しみだったのだ。それにカイコ。小さな幼虫を育てるためにえさとなる桑の葉を取りに行くのも楽しかったし、育った後に食べられるのも最高だ(笑)。ゲテモノだと敬遠している人も多いようだが、なかなかの珍味だった。

 今の中国では、こうした美しい子供時代はあり得ない。大気汚染を避けるため外出はなるべく控えるのが常だし、誘拐が横行しているから祖父母が小学校の登下校に付き添うので友達と気ままに遊ぶこともできない。そもそも受験戦争に追いまくられているのでそんな暇はないのだが。

 もともと日本に比べれば希薄だったのだろうが、ここ数十年の急速な経済成長によって中国人の「季節感」「旬」は完全に失われてしまった。

 日本でも大都市部では自然が少なくなっているが、それでも東京から約2時間電車に乗るだけで筑波山に行けるのだ。もっと近場の自然も多い。学校の給食にも時おり旬の食べ物が出ることがあり、中国の子供たちと比べれば季節感や旬に関する知識、感覚は圧倒的に多いようだ。

 筑波山を登っている時も、見かけた植物について一龍が事細かに教えてくれた。残念ながらこの方面についての知識では息子に完敗している。それというのも彼は図鑑が大好きで毎週図書館に行って4、5冊借りてきては、飽きることなく眺めているのだ。自然体験と知識とを結びつけてくれる図書館というインフラが整っている点でも日本はすばらしい。

【参考記事】教育論議から考える、日本のすばらしいサービスを中国が真似できない理由

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ECB緩和策巡り内部の亀裂鮮明、独出身者は出口戦略

ビジネス

米インフレ率、2%の目標に向かって上昇=シカゴ連銀

ワールド

トランプ米大統領、連邦政府改革の責任者にクシュナー

ビジネス

インタビュー:ECBの金融スタンス、これまでの決定

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 9

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 10

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!