コラム

英保守党大会、不幸な大失態演じたメイ首相とほくそ笑むジョンソン外相

2017年10月05日(木)15時30分
英保守党大会、不幸な大失態演じたメイ首相とほくそ笑むジョンソン外相

起死回生を狙う重要な演説中、痰が絡んで話せなくなったメイ英首相 Phil Noble-REUTERS

[英マンチェスター発]保守党大会の党首演説で政権浮揚を狙ったテリーザ・メイ首相にとっては非常に気の毒な展開となった。党大会最終日の4日、メイの演説を聞こうと朝早くから支持者が長い列をつくった。筆者もその中にいた。

欧州連合(EU)離脱交渉に再三にわたって口先介入し、「メイ下ろし」の狼煙を上げる動きを見せたボリス・ジョンソン外相。「政界の道化師」の異名を取るジョンソンは前日の演説で内閣の結束を強調し、当面は動かない構えを見せた。

kimura20171005110601.jpg
「メイ下ろし」の矛先を収めたジョンソン外相(筆者撮影)

初めて聞くひどい演説

党大会を生き延びたメイは最終日の党首演説で目玉政策を打ち出し、最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首に逆転された支持率回復のきっかけをつかみたいと意欲を燃やしていたに違いない。

先の解散・総選挙で得票数を大幅に上積みしたものの、よもやの過半数割れを喫したメイは演説の中で素直に詫びた。保守党員と同僚議員はメイの謝罪を受け入れた。これでメイは調子をつかんだかに見えた。

kimura20171005110602.jpg
メイ首相の演説を妨害するコメディアンの男(筆者撮影)

が突然、白色ワイシャツに眼鏡をかけたコメディアンの男が何かを叫んでメイに近づき、白い紙を渡した。英BBC放送によると、「P45」と呼ばれる離職証明書だ。「ボリス(ジョンソン)にこれを渡すように頼まれた」と大声を出すコメディアンはジョンソンに近づき、警備員に連れ出された。

メイは「P45を渡したいのはジェレミー・コービンだけ」と即席のジョークでハプニングをやり過ごした。しかし災難はこれだけでは終わらなかった。痰がノドにからんで演説ができなくなってしまったのだ。

コップの水を飲んでも、咳をしても声は戻らない。弱り目に祟り目とはまさにこのことだ。

KIM_9914 (720x539).jpg
メイ首相にノド飴を手渡すハモンド財務相(筆者撮影)

総選挙で仲違いした大学時代からの盟友フィリップ・ハモンド財務相がメイにノド飴を手渡した。メイは会場の温かい励ましに支えられ、何とか演説を終えた。持ち家支援のため追加の財政出動も目玉政策として含まれていたが、何を演説したのか、おそらく誰も覚えていまい。

メディアのヘッドラインもコメディアンの乱入と声が出なくなったことで覆いつくされた。討論が政治文化になっているイギリスで、首相がこれだけひどい演説をするのは聞いたことがない。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!