コラム

国民統合へ手腕を発揮するフランスのマクロン大統領 国民議会選も第1党の勢い

2017年05月17日(水)16時00分
国民統合へ手腕を発揮するフランスのマクロン大統領 国民議会選も第1党の勢い

大統領選の勝利を喜ぶマクロンと妻ブリジット(5月7日) Masato Kimura

<「ポピュリズムに屈するのを拒んだ祖国を誇りに思う」と、マクロン支持者は言う。若き新大統領がその期待通り、右傾化の流れを断ち切り、分断を修復できれば、フランスは再び偉大になる>

[ロンドン、パリ発]フランスの大統領エマニュエル・マクロン(39)が動き始めた。欧州連合(EU)の中軸をなすドイツの首相アンゲラ・メルケルを訪れ、EUの結束を示したかと思うと、2024年夏季五輪・パラリンピック招致のため国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーにパリの魅力をアピールした。

【参考記事】フレンチ・パラドックスが生み落とす「親EU大統領」マクロン

オランド前政権とは一線

6月11、18日の国民議会選(下院、定数577)に備えて中道政治運動「前進!」を「前進する共和国」に衣替えした。政権のカギを握る首相には右派・共和党下院議員で北部ルアーブル市長も務めるエドアール・フィリップ(46)を抜擢した。マクロン新党には左派・社会党や中道からの合流が相次ぐが、共和党の切り崩しは難航している。

マクロンと同じ国立行政学院(ENA)を出たフィリップは、共和党内の予備選決選投票で敗れた元首相アラン・ジュペの側近中の側近。国民戦線党首(当時)ジャン=マリー・ルペンが決選投票に進んだ2002年の大統領選で、ジュペとともに右派勢力を合流させ、共和党の前身である国民運動連合(UMP)を創設したキーマンの1人だ。6年前からマクロンと親交があるフィリップは「マクロンと考え方を90%共有している」と公言していた。

【参考記事】フランス大統領選、勝者マクロンは頼りになるのか

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という格言通り、マクロンはまずフィリップを政権に取り込んだ。社会党から共和党に鞍替えした政治遍歴を持つフィリップは中道だけでなく左派と右派をひっつけるのに最適な人物。ジュペに対する強烈な秋波にもなる。

一方、オランド政権で首相を務めたマニュエル・バルスは「社会党は死んだ」と言ってマクロン新党への参加を表明したが、マクロン陣営から「リサイクル政治家は要らない」とバッサリ切り捨てられた。オランド政権で経済産業デジタル相を務めたマクロンだが、支持率4%と完全に国民の信頼を失った前政権とは明確な一線を引いている。

世論調査会社Harrisの質問に57%が「フィリップのことをよく知らない」と答えた。しかし、4月24日~5月1日に行われたOpinionWayの世論調査では、マクロン新党は共和党を中心とした中道右派勢力の200~210議席を抑えて、249~286議席を獲得すると予測されている。過半数の289議席まであと一歩だ。直近の世論調査でもマクロン新党の支持率は29%と一段と勢いを見せる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!