コラム

欧州としての解決策か、それとも近隣窮乏化か EUの命運は四面楚歌のメルケル独首相にかかっている

2016年02月18日(木)16時13分
欧州としての解決策か、それとも近隣窮乏化か EUの命運は四面楚歌のメルケル独首相にかかっている

泣き虫メルケル? 欧州の将来を一身に背負って(2月17日、定例の閣議) Hannibal Hanschke- REUTERS

 英紙フィナンシャル・タイムズの著名コラムニスト、ギデオン・ラクマンが年末に予想したように、ドイツの首相メルケルは深刻化する難民問題で与党内の反発を受け、今年中に退陣するのだろうか。確かにメルケルには気弱なところがある。債務危機最中の2011年11月、フランス・カンヌで開かれた主要20カ国・地域(G20)サミットで、メルケルは突然、泣きだした。

 カンヌ・サミットでは、ユーロ圏の債務危機を鎮めるセーフティネットをさらに強化しようと、イタリアが国際通貨基金(IMF)の財政再建計画を受け入れるのと同時に、ユーロ圏はIMFの特別引出権(SDR)から1400億ユーロをつぎ込んで欧州金融安定化基金(EFSF)を拡充するか否かが議論されていた。

 米大統領オバマから「ドイツはユーロ圏のSDRの4分の1を持っている。ドイツが(欧州金融安定化基金へのSDR拠出に)同意しなければ、EUは信用を失う」と迫られ、メルケルはこう言って泣きだした。「イタリアから(IMFの財政再建計画受け入れについて)何の確約も取れていないのに、そんな大きなリスク(中央銀行・ドイツ連邦銀行の頭越しにSDR拠出を独断で決めるリスク)は取れない。私は(政治的な)自殺行為はしない」(当時のFT紙より)

【参考記事】冷酷ドイツが自己批判「戦後70年の努力が台無しだ」

 煮ても焼いても食えないイタリアの首相ベルルスコーニ(当時)と抱き合い心中するのを避けるため、メルケル最後の手段は「オンナの涙」だった。サミットの鍵を握るのはオバマと、ホスト国フランスの大統領サルコジ。メルケルより懐の深いこの2人だからこそ、涙は効き目があった。今、メルケルはあの時以上に泣きたい気持ちだろう。

EU離脱をちらつかせるイギリス

 しかし今回の危機は、泣いても乗り越えられないほど深刻だ。昨年、ドイツにたどり着いた難民は110万人。ニューイヤーズ・イブ(大晦日の夜)にケルンで起きた集団性的暴行事件にアルジェリアやモロッコなどの難民が関わっていたことから、難民に門戸を開いたメルケルへの批判は一気に高まった。

【参考記事】ヨーロッパを覆う「難民歓迎」の嵐

 ロシアの大統領プーチンがシリア・アレッポへの空爆を強化し、さらなる難民がトルコ国境に押し寄せる。EU離脱の国民投票を振りかざし、出稼ぎ移民への社会保障制限などの受け入れをEU首脳に迫る英首相キャメロンのやり方を見て、「ゴネ得が許されるのなら、オレ達も」とハンガリーやポーランドなど難民受け入れに消極的な東欧諸国が手ぐすねを引く。

【参考記事】イギリス離脱を止められるか、EU「譲歩」案の中身

 与党・キリスト教民主同盟(CDU)、キリスト教社会同盟(CSU)からは「内戦を逃れてきた難民であっても亡命申請者であったとしてもドイツが20万人以上の難民を受け入れるのは無理だ」という現実的な批判が起こり、国境管理の強化を求める声が強まっている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

英利上げ、数カ月以内に討議の公算=中銀総裁

ビジネス

カナダ中銀総裁「利下げ、役割成し遂げた」、7月利上

ビジネス

ECB総裁発言、差し迫った政策引き締め意図せず=関

ビジネス

中国人民銀、秋の共産党大会前に追加引き締め行わず=

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 7

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 8

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 9

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 10

    ゲーセンがVR(バーチャルリアリティー)で華麗に復活

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!