コラム

岸田首相の大型経済対策...内容的には期待できそうなのに、効果が出るとは全く思えない理由

2023年10月19日(木)17時50分
岸田文雄首相

ISSEI KATOーPOOLーREUTERS

<岸田首相が経済対策の「5本柱」を発表。それぞれの項目を見ると重要な施策も多いが、肝心なものが欠けている>

岸田政権が大型の経済対策を発表した。財源となる補正予算はかなりの規模になると予想され、解散も取り沙汰されている。今回、発表された経済対策は、やり方第ではそれなりの効果を発揮する可能性もあるが、項目を事務的に列挙しただけとの印象が拭えず、世論の受け止めは厳しい。

最も欠落しているのは、どのように景気を拡大させ賃金を上げていくのかというストーリーである。では、今回の発表のどこがいけなかったのだろうか。

岸田文雄首相が9月25日に発表した経済対策の5本柱の中身は、①物価対策(ガソリン代補助など)、②リスキリングなど持続的賃上げ、③工場の国内投資促進、④人口減少対策(デジタル化)、⑤国土強靱化となっている。これに加え、社会保険の加入によって労働者の手取りが減少する、いわゆる「年収の壁」への対応策や、賃上げ税制などが含まれている。

最大の問題は、これらがどのように賃上げや景気拡大につながるのかという道筋が見えないことである。岸田氏は「冷温経済」から「適温経済へ」といったキャッチフレーズを掲げたが、相変わらず抽象的で、正直、何を言っているのかよく分からない。

もっとも、列挙された各項目をよく見ると、重要と思われる施策も少なくない。経済政策には、短期的なものと中・長期的なもの、需要サイド(消費者)に効くものと、供給サイド(企業)に効くもの、という2つの評価軸がある。この2軸を中心に、成長のストーリーを組み合わせることで、実効性と説得力が格段に増してくる。

論理的ストーリーを展開すべきだった

例えば今回の対策については「設備投資倍増から賃金の上昇へ」といった具体的なキャッチフレーズを示し、税制改正や生産拠点の国内回帰支援策(③に相当)によって企業に設備投資を促し、これによって今後の成長と賃上げを実現するという論理的ストーリーを展開すべきだった。

その道筋の中で、企業が設備投資に躊躇しないよう、短期的な家計の直接支援によって購買力を高め(①に相当)、設備投資の効果が持続するよう、生産性の向上策を実施する(②に相当)。同時に、災害などで経済を停滞させないためインフラを再整備する(⑤)といった見せ方である。

この場合、企業が設備投資を行い、家計を支援すれば需要が増大して人手不足が深刻化する可能性がある。これを回避するため「年収の壁」対応とデジタル化支援(④に相当)によって企業の供給力を強化する、という流れであれば、経済学の理論にも沿いつつ、国民の理解度も上がったのではないだろうか。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story