ニュース速報
ビジネス

インタビュー:日本株に慎重、ROEに改善余地=ハリス・アソシエイツ副会長

2023年11月30日(木)15時04分

Tomo Uetake

[東京 30日 ロイター] - 「バリュー(割安)株投資」で知られる米ハリス・アソシエイツで、世界株式の最高投資責任者(CIO)を務めるデイビッド・ヒーロ副会長はロイターとのインタビューで、日本株に慎重なスタンスを示した。欧州株などと比べて割安感が薄く、株主資本利益率(ROE)にはさらなる改善余地があると指摘した。

ハリス・アソシエイツは、仏ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ傘下の米運用会社(本拠地はシカゴ)で、9月末時点の運用資産残高は950億ドル(約14.2兆円)。インタビューは29日に東京で実施した。主なやり取りは以下の通り。

──世界株式の地域別の最新投資判断は。

「米国を除く世界株式のポートフォリオでは、欧州をオーバーウェイト(強気)、日本はアンダーウェイト(弱気)している。とりわけ、欧州の金融株を選好している」

「日本株については、2011年の東日本大震災で株価が急落したことをきっかけにバリューを見出し、14年ごろまでオーバーウェイトしていた。一時は世界株式ポートフォリオの日本株組み入れ比率は23─24%もあった」

「その後アベノミクス相場で株価が上昇したところで徐々に、4─6年かけて売却に動き、日本株の比率はほぼゼロとした。直近の組み入れ比率は3─4%程度で、ベンチマーク対比でアンダーウェイトと言える」

「我々のバリュー投資では企業のクオリティと価格をみて投資決定を行うが、現在は日本よりも欧州、特にドイツ株はROEやPER(株価収益率)の尺度で見て大きなバリュー、つまり割安感がある」

──日本株は現在33年ぶりの高値圏にあるが、上値余地をどう見るか。

「(TOPIXや日経平均などの)インデックスではなく、個別株レベルの話であれば、上値余地のある銘柄はもちろん見つけられる」

「当社はボトムアップで銘柄選択を行うアクティブ運用の投資家で、幸いマーケットを丸ごと買う必要はなく、一定の独自基準をクリアする銘柄だけを買うことが可能だ。全部ではないが変化に前向きな企業もあり、クオリティの面では良いモメンタムがみられる。ただ実際に投資するかの判断は株価水準との兼ね合いだ」

「アクティブ投資は砂金採りのようなもので、泥や小石を取り除いて金だけを取り出すため、多くの企業訪問やリサーチといった手間をかける。ただ日本については、砂金採りの環境が改善しつつある。我々の求める『金』はさほど深くないところにあり、日も差して見つけやすくなった、とでも言えようか」

──どのようなセクター、銘柄に魅力があるか。

「ITサービス、特にDX(デジタル・トランスフォーメーション)は大きなテーマだ。同分野では富士通に投資している」

「我々の小型株ポートフォリオでは、スギホールディングス、サンドラッグといったドラッグストア株に多く投資している。事業内容も優れており成長性も高く、株価水準も魅力的だ」

「人材サービス関連ではリクルートホールディングス、パーソルホールディングス、テクノプロ・ホールディングスに投資しており、日本市場には十分な投資機会がある」

「一方、円安の進行で輸出関連株には投資家が集中していて割安感がない」

──市場は来年、日銀が金融政策の正常化に動く可能性を意識している。

「マイナス金利解除の時期などは分からないが、方向性は1つだけだ。ただそれが我々の投資機会になるわけではない。日本の銀行株も保有しているが、そもそも企業評価の際に正常な(金利のある)環境を想定して本源的価値を算定しており、日銀の政策修正があっても投資判断への影響は無い」

──日本株投資の際の為替ヘッジについて。

「為替ヘッジの有無はその都度判断している。(10年前に)ドル円が78円の時にはヘッジしていたが、150円の今はヘッジは付けていない」

「為替は短期の動きを予測することは難しいが、水準が行き過ぎ感があるかは判断可能だ。そして現状は、ドルが大半の通貨に対して高過ぎるとの判断だ」

──日本株に強気になるために足りないものは。

「東証、そしてGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)などの株主から、企業に資本効率改善、バランスシートの改善を求める一層の圧力がかかること、これが1番だ。決して難しいことではない。欧米に依然見劣りするROEには大いに改善余地がある」

「株式持ち合いは時代遅れで大きな問題だ。直近のトヨタグループなどの持ち合い解消の動きを歓迎している」

「もう1つは割安さ。投資判断は相対評価なので、現在選好する欧州株が高くなり過ぎたような場合にもあり得るだろう」

(インタビュアー:植竹知子 編集:橋本浩)

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 2

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強くする

  • 3

    世界的人気のニセコ、TSMC進出の熊本...「ラーメン1杯3000円」でも、決して「バブル」ではないワケ

  • 4

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮…

  • 5

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 6

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 7

    金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

  • 8

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 9

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 10

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中