コラム

『立ち直る力』と80年代NYのアッコちゃん

2009年05月20日(水)12時51分

 それは痛々しいメディア・サーカスだった。

 先々週から先週にかけて、エリザベス・エドワーズ(59歳)が自著『Resilience(立ち直る力)』の宣伝のため、テレビのトークショー、ワイドショー、ニュースショーに出演しまくり、全米の書店をめぐるサイン会ツアーに出かけた。

 彼女の夫ジョン・エドワーズ元上院議員(55歳)は、2004年の民主党副大統領候補、2008年の大統領予備選では、オバマ、ヒラリーに続いて3番手につけていた。しかし、途中でレースを降りた。

 彼の選挙宣伝用ビデオの女性プロデューサー(当時44歳)を妊娠させたと報じられたからだ。スッパ抜いたのは『ナショナル・エンクワイラー』というタブロイド紙で、最初は誰も信じなかったが、『エンクワイラー』は二人の逢瀬の撮影に成功、エドワーズは関係を認めた。

 エドワーズは「ケネディの再来」と言われるハンサムな政治家の一人だった(他にも沢山いるから)。日焼けした顔に真っ白い歯が並ぶ笑顔。しかしケネディと違って愛妻家として知られていたので、この不倫事件はショッキングだった。そしてエリザベス夫人に誰もが心から同情した。彼女の人生は不幸の連続だったからだ。

 エリザベスとジョンの間の長男ウェイドは1996年、16歳で交通事故死した。その悲しみを乗り越え、エリザベスは48歳で女の子、50歳で男の子を生み、高齢出産を恐れる人々に希望を与えた。さらに2004年、乳ガンで入院。長い闘病生活の果てにそれを克服した。しかし、07年、肺や肋骨や大腿骨にガンが再発見され、確実に近づく死を前にして大統領予備選を戦うことになったのだ。

「妻がガンに苦しんでいる最中に浮気していたのか!」

 エリザベスはセレブなヒラリーやミシェル・オバマと違って、本当に庶民的な女性だった。スタイルもファッションも化粧も、彼女の住むノース・カロライナの普通のお母さんそのもので垢抜けない、いや、実に親しみやすかった。世間の同情は彼女に集まった。

 ところが、だんだんと世間にいくつかの疑問が湧き上がっていった。

 もし、エドワーズが予備選に勝っていたら? 隠し子のことが途中でバレて、共和党のマケインが大統領になっていただろう。いや、選挙に勝って大統領になってから隠し子がバレたら? クリントン時代のモニカ・ルインスキー事件以上に共和党は激しく攻撃し、政局は混迷するだろう。アメリカが未曾有の危機に直面しているこの非常時に! そんな重大事を隠したまま大統領選挙を戦おうとしたのか? あまりに無責任ではないか?
 
 なによりも、モニカ・ルインスキー事件の時と同じ疑問がある。奥さんはどうして離婚しないのか?
『立ち直る力』に、夫の不義を知ったとき思わず「嘔吐した」と書いたエリザベスは、ガンに鞭打って著書のプロモーションを展開し、吐き気のする体験を何度も語り直した。インタビュアーたちは「なぜ離婚しないのか?」という疑問を彼女にぶつけた。

「結婚式で、For better or for worse(良いときも悪いときも)、添い遂げると誓ったからです」

 5月11日、NBCテレビの朝のワイドショー「トゥデイ」で彼女はそう説明した。

「こんな事態までは覚悟してませんでしたけど」

 エリザベスはエドワーズは生涯のパートナーだと語った。しかし、心の傷はあまりに大きい。『立ち直る力』ではエドワーズのことをしばしば「子供たちの父親」と書いている。「私の夫」ではなく。彼女の出版とテレビ出演はやはり夫への復讐なのかもしれない。

 さて、『立ち直る力』には不倫相手の女性について名前の表記がなく、ただ「Pathetic(憐れ)な女」としか書いていない。

 彼女、リエル・ハンターはエリザベスと正反対の女性だ。

 ひとことでいえば、林真理子の『アッコちゃんの時代』のアッコちゃんに似た、80年代バブルのミューズだったのだ。

 コカインとクラビングの80年代ニューヨークを描いたら右に出るものがない作家ジェイ・マキナニーの小説『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(89年 新潮社刊)のヒロイン、アリスン・プールはリエル・ハンターがモデルだったのだ。

 アリスンは20歳の女優志願。マンハッタンのいちばんとがった人々と行きずりのセックスとドラッグを楽しむ。

「だいたいね、どうしてセックスを感情とすぐ結びつけなきゃいけないの? そんなの変だ。セックスなんて、夜になって、ただ肌と肌をこすりっこするだけの話じゃない?」(宮本美智子訳)

 マキナニーはリエル・ハンターと実際につきあっていたという。リエルはNYのナイト・シーンでは知らない者のいない存在だったらしい。別の作家ブレット・イーストン・エリスが同じく80年代バブルを描いた小説『アメリカン・サイコ』にもアリスン・プールが登場する。「プラチナ・メンバーのクレジット・カードがあればアリスンにフェラしてもらえるよ」と揶揄されるのだが。

 80年代バブルが弾けた後、リエル・ハンターは裕福な弁護士と結婚し、ビバリーヒルズに移り住んだ。そして夫の資金援助で夢だった女優の道を目指し始めた。自分で脚本を書き、プロデュースし、主演して、芝居や自主映画を製作した。彼女は女優にはなれず、離婚したが、その後もビデオ製作会社を続けた。

 そして2006年、NYのバーで、大統領予備選に出馬するエドワーズと出会ったのだ。

「You are hot(あなたってイケてるわ)と言って彼女は私の夫を誘ったのよ。夫の話によればね」

 エリザベス・エドワーズはお昼のワイドショー「オプラ」で語ったが、司会のオプラ・ウィンフリーから「今どき、そんなダサいこと言わないと思うわよ!」と突っ込まれていた。

 リエルはエドワーズに大統領予備選のためにYouTubeで流す宣伝ビデオを製作した。たった2分半のビデオ4本で、彼の選挙事務所から支払われた製作費はなんと約1500万円。選挙資金の不正使用の疑いがあると現在調査が進んでいる。2008年2月、リエルは赤ん坊を出産した。

 リエルは本当にエドワーズを愛し、彼が大統領になることを望んでいたのだろうか? ならば結果は最悪に終わってしまった。リエルの赤ん坊は、欲望に勝てずに自滅したダメな元政治家の私生児になってしまった。エドワーズはリエルとの関係は認めたが離婚しないし、リエルの赤ん坊を認知はしていないので、彼女は今のところ養育費を受け取っていない。たとえDNA鑑定でエドワーズが父だと認定されても、リエルは逆にエリザベスから慰謝料を請求されるかもしれない。関係者すべての人生は破壊されてしまったのだ。


 リエル・ハンター、いや、アリスン・プールの刹那的な行動の理由を、マキナニーは『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』で彼女の少女時代のトラウマに求めている。アリスンは、かつて真剣に乗馬選手を目指す純粋な少女だったが、17歳の頃に愛馬が突然死ぬ。実は保険金を騙し取るために、父が馬に保険をかけて毒殺したのだ。それを知ってからアリスンは人生に希望を抱かない人間に変わってしまった。これは実際にリエルに起こったことだ。馬は毒殺ではなく感電死させられ、父は保険金詐欺で逮捕される前に病死したが。


 すべては、いずれリエルの自叙伝で明らかになるだろう。すでに出版社が殺到しているに違いない。それが『立ち直る力』の24万部より売れるかどうかわからないが。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!