コラム

「17歳に引き上げ」のフィギュアから考える、一部競技に年齢制限が必要な理由

2022年06月14日(火)11時30分
北京五輪女子シングルのFSに出場したカミラ・ワリエワ選手

ワリエワ選手のドーピング違反は年齢制限引き上げの決定打となった(写真は2月17日、北京五輪女子シングルのFSに出場した同選手) Eloisa Lopez-REUTERS

<成長過程の子供の身体は骨が弱い、筋力が弱い、関節が柔らかいという特徴がある。度が過ぎた運動や長時間の練習は、10代アスリートの将来を台無しにしかねない>

国際スケート連盟(ISU)は7日、タイで総会を開きました。オリンピックや世界選手権などの国際大会に出場できる選手の年齢を、現在の15歳から17歳に引き上げる案を採決したところ、100対16の賛成多数で可決されました。新たなルールが適用されるのは2024-25シーズン以降で、22-23シーズンは現行のルール通り、23-24シーズンは16歳と段階的に適用していきます。

ISUは年齢制限を引き上げる理由を「選手の身体やメンタルヘルス、ウェルビーイングを守るため」と説明しています。20年12月から21年1月に実施したISU選手委員会の調査では、回答者の86.2パーセントが改定案に賛成したと言います。

さらに、今年2月の北京五輪でフィギュアスケート女子シングルの優勝候補だったロシアのカミラ・ワリエワ選手にドーピング違反が見つかったことは、年齢制限引き上げの決定的な契機となりました。

ワリエワ選手は当時15歳で、世界反ドーピング機関(WADA)の規定で16歳未満の「要保護者」にあたることなどを考慮して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が違反にも関わらずオリンピックに継続して出場することを認めたことも物議を醸しました。

バンクーバー五輪フィギュア女子シングル金メダリストのキム・ヨナ選手は、「ドーピング違反したアスリートは競技できない。この基本は例外なく守られなければならない。全ての選手の努力と夢は平等に尊い」とSNSで反発する発言をしました。

4回転ジャンプ成功の島田麻央選手はミラノ五輪出場ならず

今回の決定について、日本スケート連盟の竹内洋輔フィギュア強化部長は「選手の発育発達や、障害を予防する観点から日本は賛同した。ジュニア期の年数が増えるため、強化方針が若干変わる」と話しています。

また、フィギュアスケートばかりが注目されていますが、国際スケート連盟に所属する他のスケート競技(スピードスケート、ショートトラック、シンクロナイズドスケーティング)の選手も、年齢制限引き上げの対象になります。

次回の26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪は、スケート競技の選手は前年の7月1日時点で17歳以上の選手が選考対象となります。この改定で、4回転ジャンプを成功させたことで注目されているフィギュア女子の島田麻央選手(13)は、25年7月1日時点で16歳のため出場できなくなりました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

台湾、市場の安定維持できる 資本流出は「一時的」=

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ワールド

アングル:年々威力増すハリケーン、気候変動の影響を

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中