最新記事
ヘビ

少年に悲劇...巨大ヘビに寝込みを襲われる...衝撃映像にネット驚愕

2023年12月29日(金)16時40分
パンドラ・デワン
コースタルカーペットパイソン Jason Benz Bennee-Shutterstock

コースタルカーペットパイソン Jason Benz Bennee-Shutterstock

<目覚めたら体の上に約1.8メートルのニシキヘビが...>

「何かが肌を這う感触」で目を覚ましたことがある人は多いと思う。ハエかもしれないし、猫かもしれないし、気のせいかもしれないが、オーストラリアのハービー・ベイに住むある少年には、より「ヌルヌル」とした驚きが待っていた。彼の体の上を這っていたのは、なんと体長6フィート(約1.8メートル)もある巨大なニシキヘビだったのだ。

「(土曜日の)午前5時。息子が寝ている間に6フィートのニシキヘビが自分の上を這っているのを見て目を覚ましたという、必死の母親から電話がありました」

【動画】少年に悲劇...巨大ヘビに寝込みを襲われる...衝撃映像にネット驚愕

本誌の取材にこう語ったのは、ヘビ捕獲業者ハービー・ベイ・スネーク・キャッチャーズのドリュー・ゴッドフリーだ。少年はソファーで眠っていたが、好奇心旺盛なニシキヘビに起こされたのだという。

「どうやって家の中に入ってきたのかはわかりません。通常、これほど大きなニシキヘビはドアや窓、またはペット用の出入り口などからしか侵入できないのです」

ゴッドフリーはこの事件の映像を自身のYouTubeページ「ハービー・ベイ・スネーク・キャッチャーズ」で公開している。

問題のヘビは、オーストラリアの東海岸に生息するカーペットニシキヘビの亜種、コースタルカーペットパイソンだった。クイーンズランド州環境科学局によると、このヘビは最大で13フィート(約4メートル)にもなるが、8フィート(約2.4メートル)を超えることはめったにないという。

ニシキヘビは毒を持たず、獲物を締め付けることで殺す。このヘビはハービー・ベイでは非常に一般的で、人々の家の中でもよく見かける。「家の中にいるのは珍しいことではありませんが、寝ている人の上に乗ってくることはまれです」とゴッドフリーは言う。

しかし、前例がないわけではない。2月には、カーペットニシキヘビが寝ている子供の腕に巻きついて噛みついた。しかし、このニシキヘビは、子供が寝ている間にニシキヘビの上に転がり落ち、その後に噛んだだけだと考えられている。

ニシキヘビ自体はとても穏やだが、脅威を感じると暴れることがある。そのため、敷地内で発見した場合は、専門家に駆除を依頼することをお勧めする。

20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 9

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 10

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中