最新記事
性教育

中学生の段階で約1割の生徒が性交を経験している

2023年10月18日(水)10時40分
舞田敏彦(教育社会学者)
ティーンのカップル

経験済み率が2割を超えるのは、キスが15歳、性交が18歳 DavideAngelini/SHUTTERSTOCK

<学習指導要領では、中学校の保健で「妊娠の経過」は取り扱わない、と規定しているが......>

日本性教育協会は、おおよそ6年間隔で青少年の性行動について調査している。最新の調査は2017年に実施されたもので,翌年8月に報告書が出ている。

注目されるのは、性行動の経験率だ。2017年調査によると、大学生男子の4つの性行動の経験率は以下のようになっている。これまでに、当該の行為をしたことがあると答えた人のパーセンテージだ。

▼告白......67.7%
▼デート......71.8%
▼キス......59.1%
▼性交......47.0%

「こんなものだろう」という印象を持つ人が多いのではないか。報告書の時系列グラフを見ると、どの行為の経験率も2005年をピークに低下傾向で、これをもって若者の「草食化」と言われたりする。

では,当該の行為を初めて経験したのはいつか。各行為の初経験の年齢分布を示すと<表1>のようになる。

data231018-chart01.png

赤字は最頻値(mode)だ。好きな人への告白は14歳、デートとキスは15歳、性交は18歳となっている。思春期の只中の14歳で告白して、翌年にデートとキス、自由な空間が持てるようになる大学1年時に初体験、というパターンが多いようだ。

これは経験者のデータで、未経験の人は蚊帳の外に置かれている。「●歳の時点において、同世代の●%がキスを経験済み」という情報にも興味が持たれる。多感なティーンは、「自分は周囲に比べて早い(遅い)のか」と内心で思っているものだ。

<表1>のデータを加工することで、それを得ることができる。<表1>の初経験の年齢分布を最初に示した経験率にかけて全数ベースの比率にし、下から累積すればよい。たとえば15歳で初めてデートを経験した人の比率を全数ベースにすると、71.8%のうちの17.3%だから、71.8%×0.173=12.4%となる。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中