最新記事

事件

サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ大統領がリーグ中断指示 

2022年10月3日(月)09時46分

インドネシア東ジャワ州で1日夜行われたサッカーの試合終了後に暴動が発生し、少なくとも174人が死亡、180人が負傷したと、当局が発表した。写真は動画から(2022年 ロイター/REUTERS TV)

インドネシア東ジャワ州で1日夜行われたサッカーの試合終了後に暴動が発生し、地元保健当局によると125人が死亡、323人が負傷した。

警察によると、敗れた地元マランのチームのサポーターがピッチに乱入したことから、事態を収拾しようとした警官が催涙ガスを発射。この騒動が暴動に発展し、逃げようとした人が圧死するなどしたという。

当初は174人が死亡したと発表されたが、その後訂正された。

警察トップは「無政府状態になった。警官が攻撃を受け、車両が破壊された」とし、ファンが脱出しようと出口に殺到したと説明した。

国際サッカー連盟(FIFA)の安全規則では、スチュワード(警備員)や警察は銃器や「群衆を整理するためのガス」を携帯・使用してはならないと定められている。

東ジャワ州警察は、この規則を認識していたかどうかに関するコメント要請に応じなかった。

映像によると、ホームチームのマランFCがペルセバヤ・スラバヤに2─3で敗戦後、午後10時ごろにファンがピッチになだれ込み、催涙ガスとみられるものが使用されて乱闘になった。意識を失ったような人たちが運ばれていく様子も見られた。

病院関係者は地元テレビに対し、脳に損傷を受けた人もいるほか、死者には5歳の子どもも含まれていると語った。

ジョコ大統領は、当局が警備体制を徹底的に調べる必要があるとし、調査が完了するまでサッカー1部リーグの全試合を停止するよう命じた。

FIFAのジャンニ・インファンティノ会長はロイターへの声明で、サッカー界は「インドネシアで起きた悲劇的な事件に衝撃を受けている」と述べた。

インドネシアサッカー協会当局者は記者団に対し、FIFAから事件の報告を要請されたとし、調査チームをマランに派遣したことを明らかにした。

インドネシアの人権委員会も、催涙ガスの使用を含むグラウンドの警備について調査する予定という。

2日には多くの人がスタジアム前に集まり、犠牲者に花をささげた。

マフッド治安担当相はインスタグラムへの投稿で、スタジアムの観客数が定員を超えていたと指摘。収容人数3万8000人のスタジアムで、約4万2000枚のチケットが売られていたと述べた。

インドネシアではこれまでも試合でのトラブルがあり、クラブ間の激しい対立がサポーターの暴力につながることもあった。

今回の事故は、1964年にリマで行われたペルー対アルゼンチン戦で発生した暴動と圧死で328人が死亡した惨事以来、最悪の規模とみられる。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2022トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは続落135円前半、3カ月半ぶり安値

ビジネス

米銀利益、第3四半期は3.2%増 含み損などリスク

ビジネス

米モルガンS、小幅な人員削減を実施 マスク氏は逸材

ビジネス

持続的成長には財政・金融政策の協調必要=ラガルドE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月