最新記事

韓国

韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博元大統領と共に恩赦が焦点に

2021年1月18日(月)14時39分
佐々木和義

懲役20年の実刑が確定した朴槿恵前大統 REUTERS/Kim Hong-Ji

<朴槿恵前大統領に対する懲役20年と罰金の確定判決を下したが、李明博元大統領ともに「特別赦免」が、今後の焦点となっている......>

2021年1月14日、韓国最高裁が朴槿恵前大統領に対する懲役20年と罰金の確定判決を下したが、いっぽう恩赦にあたる「特別赦免」が焦点として浮上している。

韓国与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表が、李明博元大統領と朴槿恵前大統領の特別赦免を提起していた。

特別赦免は三権分立に符合しないという議論があるが、閣議審議だけで決定できる大統領固有の権限で、大統領の就任時や日本からの独立を記念する光復節など、事あるごとに行われている。

党代表の発言に与党議員は反発、野党は概ね前向きに評価するが、政治戦略に長けた李洛淵代表の真意に疑念を抱く声もある。

韓国民主化以降、歴代大統領は、皆、退任後に捜査を受ける

韓国政界屈指の知日派として知られる李洛淵与党代表は、2021年1月1日、新年政局構想計画で「適切な時期に2人の前職大統領の赦免を文在寅大統領に建議する」と明らかにした。文大統領支持層と大統領の退陣を要求する保守層の対立が続くなか、「(2人の前職大統領の赦免が)国民統合の大きなカギになる可能性がある」と理由づけた。

特別赦免は、政権政党が変わると前任大統領が捜査を受ける"政治報復"の輪を断ち切る手段として活用されてきた。

1987年の韓国民主化宣言以降の歴代大統領は、皆、退任後に捜査を受けている。全斗煥元大統領は死刑判決を受け、盧泰愚元大統領は懲役判決を受けて服役した。金泳三元大統領は次男が、金大中元大統領は3人の息子が逮捕され、盧武鉉元大統領は捜査の手が伸びると自殺した。

李明博元大統領は、文政権の支持率が安定していた18年4月に収賄などの容疑で起訴され、同年10月5日、ソウル中央地方裁判所から懲役15年と罰金130億ウォンの有罪判決を言い渡された。20年2月、高裁から一審より重い懲役17年、罰金130億ウォンと追徴金約57億8000万ウォンの支払いを命じる控訴審判決が下され、同10月29日、最高裁が上告を棄却して実刑が確定した。

朴前大統領は知人の崔順実氏と共謀してサムスングループなどから多額の賄賂を受け取り、また、情報機関・国家情報院から巨額の裏金を受け取ったとされ、収賄罪や職権乱用罪で問われていた。

20年7月10日、ソウル高裁が懲役20年と罰金180億ウォン(約16億円)、35億ウォンの追徴金を命じる判決を下し、検察が上告したが、1月14日、最高裁が上告を棄却する判決を下して刑が確定、特別赦免の要件が整った。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米ロ首脳、戦略的安定に向けた対話で合意 人権・サイ

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇し6週ぶり高値、FRBのタカ

ビジネス

FRB、利上げ予想時期23年に前倒し 量的緩和縮小

ビジネス

米、世界的なデジタルサービス税差し止めに尽力=財務

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 3

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が開発される

  • 4

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月