最新記事

韓国

韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博元大統領と共に恩赦が焦点に

2021年1月18日(月)14時39分
佐々木和義

懲役20年の実刑が確定した朴槿恵前大統 REUTERS/Kim Hong-Ji

<朴槿恵前大統領に対する懲役20年と罰金の確定判決を下したが、李明博元大統領ともに「特別赦免」が、今後の焦点となっている......>

2021年1月14日、韓国最高裁が朴槿恵前大統領に対する懲役20年と罰金の確定判決を下したが、いっぽう恩赦にあたる「特別赦免」が焦点として浮上している。

韓国与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表が、李明博元大統領と朴槿恵前大統領の特別赦免を提起していた。

特別赦免は三権分立に符合しないという議論があるが、閣議審議だけで決定できる大統領固有の権限で、大統領の就任時や日本からの独立を記念する光復節など、事あるごとに行われている。

党代表の発言に与党議員は反発、野党は概ね前向きに評価するが、政治戦略に長けた李洛淵代表の真意に疑念を抱く声もある。

韓国民主化以降、歴代大統領は、皆、退任後に捜査を受ける

韓国政界屈指の知日派として知られる李洛淵与党代表は、2021年1月1日、新年政局構想計画で「適切な時期に2人の前職大統領の赦免を文在寅大統領に建議する」と明らかにした。文大統領支持層と大統領の退陣を要求する保守層の対立が続くなか、「(2人の前職大統領の赦免が)国民統合の大きなカギになる可能性がある」と理由づけた。

特別赦免は、政権政党が変わると前任大統領が捜査を受ける"政治報復"の輪を断ち切る手段として活用されてきた。

1987年の韓国民主化宣言以降の歴代大統領は、皆、退任後に捜査を受けている。全斗煥元大統領は死刑判決を受け、盧泰愚元大統領は懲役判決を受けて服役した。金泳三元大統領は次男が、金大中元大統領は3人の息子が逮捕され、盧武鉉元大統領は捜査の手が伸びると自殺した。

李明博元大統領は、文政権の支持率が安定していた18年4月に収賄などの容疑で起訴され、同年10月5日、ソウル中央地方裁判所から懲役15年と罰金130億ウォンの有罪判決を言い渡された。20年2月、高裁から一審より重い懲役17年、罰金130億ウォンと追徴金約57億8000万ウォンの支払いを命じる控訴審判決が下され、同10月29日、最高裁が上告を棄却して実刑が確定した。

朴前大統領は知人の崔順実氏と共謀してサムスングループなどから多額の賄賂を受け取り、また、情報機関・国家情報院から巨額の裏金を受け取ったとされ、収賄罪や職権乱用罪で問われていた。

20年7月10日、ソウル高裁が懲役20年と罰金180億ウォン(約16億円)、35億ウォンの追徴金を命じる判決を下し、検察が上告したが、1月14日、最高裁が上告を棄却する判決を下して刑が確定、特別赦免の要件が整った。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

鉱工業生産、1月は3カ月ぶりプラス 半導体などの増

ビジネス

小売業販売額、1月は前年比2.4%低下 2カ月連続

ビジネス

アストラゼネカCEO、EU向けコロナワクチン供給計

ワールド

トランプ氏支持者ら、議事堂を「爆破」したいと威嚇=

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月