最新記事

アメリカ政治

「トランプの対ウクライナ圧力に懸念」ホワイトハウス当局者が初の議会証言

2019年10月30日(水)10時36分

米ホワイトハウスの国家安全保障会議メンバーであるアレクサンダー・ビンドマン陸軍中佐が29日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査を進める下院の3委員会で証言した(2019年 ロイター/SIPHIWE SIBEKO)

米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)メンバーであるアレクサンダー・ビンドマン陸軍中佐が29日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査を進める下院の3委員会で証言した。

NSCで欧州問題責任者を務めるビンドマン氏は、トランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領に政敵のバイデン前副大統領の調査を求めたことに懸念を抱き、ホワイトハウスの弁護士に国家安全保障の観点から問題を報告したと明かした。

ホワイトハウス当局者がトランプ氏の弾劾調査で証言したのは初めて。また、7月25日に行われたトランプ氏とゼレンスキー氏の電話会談を聞いた当局者が証言したのも初めてとなった。

ビンドマン氏は冒頭の声明で「電話に懸念を覚えた」と述べた上で、「外国政府に米市民の調査を求めることが適切とは思わなかった。米政府のウクライナ支援に関する暗示について懸念した」と語った。

また「ウクライナがバイデン氏と(息子のハンター氏が幹部を務めた同国のガス会社)ブリスマへの調査に入れば、これまでの与野党を超えたウクライナ支援が間違いなく終わる党派的な行為と受け止められると認識した。これは米国の安保を弱体化させる」と話した。

ビンドマン氏は電話会談後、NSCの主任弁護士に懸念を報告。電話会談の内容はその後、内部関係者による告発を経て弾劾調査の開始につながったが、ビンドマン氏は自身がその内部告発者であることは否定した。

ソンドランド駐欧州連合(EU)大使が今月17日に行った証言内容の真偽にも疑問を投げかけた。

ビンドマン氏によると、7月10日にワシントンで行われたウクライナ当局者との会議で、ソンドランド大使はウクライナ側に「(トランプ)大統領との会談を取りつけるためには特定の調査を実行」する必要があると伝えた。その時点で、当時大統領補佐官(国家安全保障担当)だったジョン・ボルトン氏が会議を打ち切ったという。

ビンドマン氏によると、ソンドランド大使はその後、他の米当局者に会議の報告をした際、ウクライナによる調査が2016年米大統領選とバイデン親子およびブリスマを焦点とすることが重要だと述べたという。

ビンドマン氏は「私はソンドランド大使に、同氏の発言は不適切であり、バイデン親子の調査要請は国家安全保障とは全く無関係だと指摘した」と証言した。

関係筋によると、NSCの元欧州・ロシア担当首席顧問、フィオナ・ヒル氏も今月14日の証言で、ソンドランド大使が7月10日の会議でバイデン親子の調査に言及したことに懸念を抱いたと述べた。

ソンドランド大使は自身の証言でこの会議について、「われわれが行っていたことの適切さを巡りボルトン氏やヒル氏、その他関係者が懸念を抱いていたとすれば、彼らはその場でもその後にも、そうした懸念を私に伝えなかった」と述べ、食い違う説明をしている。

*内容を追加しました。

[ワシントン 29日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月