最新記事

米朝関係

米朝協議「決裂」で、またミサイル実験の応酬が始まる?

2019年10月16日(水)17時30分
トム・オコナー

米軍が2日にカリフォルニア州の空軍基地で実施したICBMの発射実験 STAFF SERGEANT J.T. ARMSTRONG/U.S. AIR FORCE

<北朝鮮非核化をめぐる米朝協議が物別れに終わった今、北朝鮮はICBMの発射実験を再開する可能性を示唆している>

トランプ米政権と北朝鮮は、北朝鮮の非核化をめぐる合意を目指してきた。しかし関係に再び寒風が吹き始めたようだ。米朝協議で早期に進展がなければ、中断していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を再開するかもしれないと、北朝鮮が警告を発している。

北朝鮮外務省は10月10日、国営の朝鮮中央通信を通じて報道官談話を発表。5日にスウェーデンで開催された米朝実務者協議にアメリカ側が「手ぶらでやって来た」せいで、話し合いが決裂したと非難した。

北朝鮮は、アメリカ側が歩み寄りの姿勢を見せず、挑発的な行動を取り続けていると批判している。北朝鮮が特に反発している点の1つは、米軍が2日に核弾頭搭載可能なICBM「ミニットマン3」の発射実験をカリフォルニア州の空軍基地で行ったことだ(冒頭写真)。この発射実験は、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行った直後に実施された。

「(アメリカのICBM発射実験に対して)同様の措置で対抗することも可能だが......今のところは自制している。しかし、わが国の忍耐心にも限度がある。わが国が永遠に忍耐を続ける保証はない」と、北朝鮮の報道官談話は主張している。

北朝鮮は1年半近くミサイル発射実験を凍結していたが、2月にトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の首脳会談が物別れに終わった後、5月から短距離ミサイルの発射実験を再開していた。そして今回、ICBMの発射実験も再開する可能性を示唆したことになる。

「アメリカがわが国への敵視政策を完全かつ不可逆的に中止すべく態度を大きく改めない限り、今回のような不愉快極まる交渉に臨むつもりはない」と、北朝鮮外務省報道官は述べた。

北朝鮮非核化の夢は、また一歩遠のいたのかもしれない。

<本誌2019年10月22日号掲載>

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。

ニュース速報

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

ワールド

韓国サムスン電子の李健煕会長が死去、最大財閥で存在

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 5

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 6

    中国はトランプ再選を願っている

  • 7

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月