最新記事

イギリス

英国でテロ関連逮捕者、白人&極右思想の割合高まる

2019年6月20日(木)17時30分
松丸さとみ

ロンドンの極右活動家 Toby Melville-REUTERS

<英内務省がテロ関連の逮捕に関する統計を発表し、テロに関する逮捕者で、白人が占める割合が最も高かったことがわかった>

白人の割合が13年ぶりに最多

英国内で昨年度、テロに関して逮捕された人たちを人種別で見ると、白人が占める割合が最も高かったことが分かった。

英内務省はこのほど、2019年3月末で終了した昨年度のテロ関連の逮捕に関する統計値を発表。逮捕者数は268人で、前年の443人から40%減となった。

内務省によると、これは2018年度が少なかったというわけではなく、前の2年間(2016年度と2017年度)が多かったからで、「通常の逮捕件数に戻った」だけだとしている。2017年は5月にアリアナ・グランデのコンサートでのマンチェスター爆弾テロ事件(死者22人)、6月にロンドン橋で起こったテロ事件(死者8人)など、死者が出たテロ攻撃が全国で4件発生していた。

逮捕者を人種別(外見からのみの判断で、白人、黒人、アジア人、その他に分類)に見ると、最も多く占めたのは白人で41%。2位はアジア人で36%、黒人12%、その他10%となった。記録が始まった2001年度と2003年度、2004年度は人種別で最も割合が高かったのは白人だったが(2002年度は「その他」)、2005年度以降は「アジア人」または「その他」が続いていたため、白人が最多となるのは13年ぶりとなった。前年比での減少幅はアジア人が1番大きく、2018年度は97人で前年の180人から46%減だった。

欧州全体で広がる反移民感情が背景に

また2019年3月31日の時点でテロ関連で英国内の法執行機関に身柄を拘束されていた人(有罪判決後の受刑者だけでなく起訴前の被疑者を含む)の数は223人だった。イデオロギー(宗教や信条)別では、最も多かったのはイスラム過激派で80%。続いて極右思想が15%、アルスター義勇軍(北アイルランドの英国残留を主張する過激組織)などを含むその他が5%だった。

報告書は、身柄を拘束されていた人のうちイスラム過激派の人数はピークの2017年12月から7%減少しており、一方で極右思想が占める割合は過去3年間で確実に増えているとしている。極右思想の人数は前年度から4人増え33人になった。なお、223人のうち88%にあたる197人が有罪判決を受けて受刑中であり、12%にあたる26人が判決前に勾留されている状態だった。

インディペンデント紙は極右思想の増加について、テロ対策の専門家の話として英王立防衛安全保障研究所のラファエロ・パントゥーチ氏の話を紹介している。同氏によると、「かつては主に孤立した単独犯によるものだったのが、欧州全土に広がる組織的な脅威へと次第に変わってきている」という。

その背景にはさまざまあるが、パントゥーチ氏は、移民やイスラム教徒に関する政治的な議論が欧州全土でなされ、これまであまり容認されていなかった極右的な考えが一般に受け入れられるようになってきたこともあると指摘。これが極右思想の持ち主を後押ししてしまい、脅威を高めているのだとしている。さらに、英国の欧州連合からの離脱(ブレグジット)もその根底には反移民の感情があり、これが英国内での極右思想の増加要因になっているとの考えを同氏は示している。

昨年のテロ関連の逮捕者268人のうち、起訴されたのは90人、不起訴で釈放されたのは69人、捜査は続行しつつ保釈または釈放されたのは93人、移民当局への引き渡しなど刑事処理以外の扱いになったのは15人、データ収集時点で処理未決が1人だった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月