最新記事

ファーウェイ

ソフトバンク傘下のプロセッサ企業、英ARMもファーウェイとの取引停止か

2019年5月23日(木)10時30分
佐藤由紀子

ファーウェイ包囲網がさらに狭まる...... Eric Gaillard-REUTERS

<英国のプロセッサ企業ARMが、Huawei(ファーウェイ)との取引を停止する、と英BBCが報じた>

トランプ政権による中国Huawei(ファーウェイ)たたきに英国のプロセッサ企業ARM(2016年にソフトバンクが買収)までもが加勢するようだと、英BBCが5月22日に報じた。

ARMは英国企業だが、"米国原産の技術"が含まれているから......

ARMは、プロセッサの設計を提供する企業。ARM自身は設計を提供するのみだが、Qualcomm製CPUなど、スマートフォン向けプロセッサの9割はARMベースといわれる。

ARMは英国企業ではあるが、ARMのプロセッサ設計には"米国原産の技術"が含まれているため、トランプ政権の決定に沿う必要があると、BBCが入手したARM社内メモに書かれていたという。

米商務省が5月15日に米企業からHuaweiへの輸出を事実上禁じた後、米国のプロセッサメーカーのIntelやQualcommがHuaweiとの取引を停止したと報じられている

Huaweiは独自プロセッサ「Kirin」を持っているので、スマートフォンのプロセッサをQualcommから購入できなくなっても、少なくともハードウェアについては切り抜けられるとみられていた。

だが、KirinはARMの設計を採用している。既存の製品はこのまま提供可能だが、今後ARMからのライセンスを得られなければKirinの新製品開発は非常に困難になる。

ファーウェイは独自プロセッサと独自OSを準備?

また、Huawei製スマートフォンはAndroidベースでGoogleが提供する「Gmail」などのAndroidアプリを採用しているが、Googleがソフトウェアの提供などの一部ビジネスを停止したと報じられている。Googleは具体的な決定内容を開示していないが、Huaweiが今後発売するスマートフォンで、Googleのアプリが使えなくなる可能性がある。

Huaweiは、独自プロセッサと独自OSを準備しているとしているが、ARMとGoogleの協力なしでは難しそうだ。

米調査会社IDCによると、Huaweiは2019年第1四半期(1〜3月)の世界でのメーカー別スマートフォン市場で韓国Samsung Electronicsに次ぐ2位だったが、この逆風の中、Huaweiが世界でのシェアランキングを落とすことになりそうだ。

ニュース速報

ビジネス

ECB専務理事候補シュナーベル氏、緩和策批判はユー

ワールド

ロシア、OPECと目標共有 協調減産に協力=プーチ

ワールド

北朝鮮「米は敵対政策撤回を」、継続なら非核化協議再

ワールド

政敵捜査の「見返り」に首脳会談、トランプ氏「指示」

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月