最新記事

外国人労働者

日本に労働者を送り込むネパールのブローカー暗躍 韓国のEPSを参考にとの声も

2019年2月5日(火)17時15分
竹田 亮(時事通信社ニューデリー特派員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

「日本留学」などの看板を掲げるバグバザール地区のコンサルタンシー=1月19日、カトマンズ(写真はすべて筆者撮影)

日本政府が外国人労働者の受け入れ拡大を狙い、新在留資格を4月から導入するのを前に、日本に多くの移民を送り出してきたネパールでは、自国民の生活、労働環境を保障するため、日本との政府間合意を求める声が高まっている。背景には、移民先での虐待や、出国準備を担うブローカーが絡む搾取といった問題がある。

eWorld190205nepal-2.png

語学力と適応力に高評価

昨年6月末時点で、日本に暮らすネパール人は8万5000人超。在留外国人の国籍別では、中国、韓国、ベトナム、フィリピン、ブラジルに次いで6番目に多い。日本政府が2008年にまとめた「留学生30万人計画」などを背景に、過去10年で7倍超に急増した。日本では留学ビザで週28時間を上限にアルバイトとして働けることから、就労目的で来日する留学生も多い。

日本政府関係者は、ネパール人について「もともと国内に100を超える民族があり、互いにコミュニケーションを取る必要性から、さまざまな言語を話す能力、適応力に優れている。日本語習得にもさほど時間はかからないようだ」と評価する。

隣国インドでは、渡航に査証が不要なこともあって多くのネパール人が働いており、「正直で勤勉」というイメージを持たれている。英国や英連邦の国々が、ネパール人の精鋭傭兵(ようへい)部隊「グルカ兵」を重用するのにも同じ理由があるとされる。

ネパールは、中国とインドに挟まれ、世界最高峰エベレスト(8848メートル)がそびえ立つヒマラヤ山脈沿いの人口約3000万人の小国。2008年に王制から共和制に移行したものの、政治家は政争に明け暮れ、経済発展が遅れている。労働力を吸収できる大きな産業がなく、2016年の1人当たり国内総生産(GDP)は、アジアで最低レベルの約850ドル(約9万3000円)。出稼ぎ労働者からの送金はネパール経済にとって重要で、国際労働機関(ILO)の調査では、2015年のGDPの約3分の1を占める。

ネパール政府の統計では、2017年の移民労働者は約35万4000人。移民労働局幹部らによると、公式な労働許可を得ずに出国するケースも多く、実際はさらに多数が海外で就労しているとみられる。

最多はマレーシア、次いで湾岸諸国への渡航が多い。移民労働者問題についての著書がある地元メディアグループ・カンティプルのジャナク・ラジ・サプコタ記者は「渡航費用や語学能力、専門技術が十分でない人はマレーシアや湾岸諸国へ働きに行く。一定程度の費用を負担でき、勉強ができる人は日本へ、さらに余裕がある人はオーストラリア、欧州、米国に留学後、現地で就労先を探すという図式だ」と説明する。

ニュース速報

ビジネス

クレディ・スイス、利益率目標引き下げ 投資銀行部門

ビジネス

ボーイング737MAX、年内の運航再開認めず=米F

ワールド

インタビュー:アラムコ上場、サウジの石油依存脱却に

ワールド

トランプ米大統領の弾劾裁判、1月開始の公算=上院共

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの1人に

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

  • 6

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 7

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 10

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 8

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月