最新記事

中国経済

人民元の下落、中国当局が放置 市場で一段安観測強まる

2018年8月3日(金)10時35分

8月1日、中国当局が人民元を急速な下落をいつになく放置している。こうした姿勢は景気刺激策の一環で、年内を通じて元は一段と値下がりするのではないかとの観測が、市場で広がりつつある。2011年撮影(2018年 ロイター/David Gray)

中国当局が人民元を急速な下落をいつになく放置している。こうした姿勢は景気刺激策の一環で、年内を通じて元は一段と値下がりするのではないかとの観測が、市場で広がりつつある。

4月から7月までの人民元の対ドル相場は8%安となり、4カ月間の下落率で過去最大を記録した。米金利上昇懸念や、中国の債券利回り低下に加え、米中貿易摩擦の激化が背景だ。

ただ以前に人民元が大きく売られた2015年8月から16年終盤までと異なり、中国人民銀行(中央銀行)はほとんど通貨安抑制に動いていない。

ING(香港)の広域中華圏エコノミスト、アイリス・パン氏は「貿易摩擦の存在とそのエスカレーションは、中国の純輸出が落ち込むことを意味し、だからこそ人民元はドルに対して下落すると心の底から思う」と話す。同氏によると、相場は足元の1ドル=6.82元前後から年末までに7元まで、さらに2.5%元安が進むと予想される。

15─16年に中国当局は、通貨を支えて多額の資金が海外に出ていくのを阻止するために1兆ドル前後もの外貨準備を投じた教訓から、その後厳格な資本規制を導入したため、同じような危機は生じないとみられる。

米債券運用大手ピムコのグローバル経済アドバイザー、ヨアヒム・フェルズ氏は先週の会議で「結局のところは中国側がどの程度の元安を望み、許容するかという問題に行き着く」と語り、当局は人民元がきっちりした下値のめどを設定しているとは考えていないと付け加えた。

「当局は通貨(政策)を主に経済成長を支える手段とみなしつつある。であるからわれわれの見解では、人民元はもっと下がる公算が大きいが、下落ペースは管理され緩やかな形になるだろう」という。

米中交渉

中国の米国製品の輸入額は、米国による中国製品輸入額のおよそ4分の1にすぎないので、人民元安は米国が課した制裁関税に中国が対抗する武器の1つとしては十分機能する。

また人民元安は、中国が実施している金融緩和策との相性も抜群だ。当局は既に債券利回りの低下を容認するとともに、銀行システムに流動性を供給し、銀行に中小企業への融資を促して景気の急減速を避けようとしている。

一方、みずほ銀行(香港)のシニア・アジアFXストラテジスト、ケン・チャン氏は、もしも米中通商交渉が正式に再開されれば、6.7─6.8元まで元が戻す可能性はあると見込む。

一部報道ではムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相が非公式に会談し、交渉再開を模索しているという。

しかしチャン氏は「市場の全般的なムードは依然として弱気だ」と指摘し、交渉再開のシナリオは積極的に受け入れられていないようだとの見方を示した。

(Winni Zhou、Marius Zaharia記者)

[上海/香港 1日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20201103issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月3日号(10月27日発売)は「ドイツ妄信の罠」特集。歴史問題、経済、外交……「日本はドイツを見習え」はどこまで正しいか。

ニュース速報

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

ワールド

来週北京など訪問、経済活性化計画を協議=香港行政長

ワールド

米印国防相が会談、機密衛星情報共有に関する協定締結

ビジネス

総務省が携帯アクションプラン 乗り換え手数料は原則

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月