最新記事

韓国事情

韓国トヨタのハイブリッド車が好調な理由

2018年7月24日(火)18時39分
佐々木和義

トヨタのプリウスとカムリ Toru Hanai-REUTERS

<2017年、韓国でトヨタが年間売り上げ1兆ウォンの大台を初めて突破。主な要因は2つあると思われる...>

韓国でトヨタの年間売上げが1兆ウォン(約999億円)を突破した。韓国トヨタ自動車が金融監督院に提出した2017会計年度(2017年4月〜2018年3月)の監査報告書によると、売上高は前年会計年度比22.5%増の1兆491億ウォン(約1048億円)で、営業利益も前年比34.8%増の608億ウォンだった(聯合ニュース)。販売台数はトヨタ車が1万3012台、レクサス車が1万3347台の計2万6359台に達している。

2014年の販売台数は約1万3304台で売上げは5387億ウォン、15年も1万5781台、5969億ウォンだった韓国トヨタは、販売数、売上とも短期間で大幅な増加率を記録した(韓国輸入自動車協会)。

ステータスを誇示する意味が強い韓国の輸入車

韓国における国産自動車の販売台数は2016年の158万8572台に対して、17年は155万80台とわずかながら減少したが、輸入車は22万5279台から23万3088台へと増加している。

韓国では国産車と輸入車に乗っている人への対応の差が大きく、2012年に輸入車のシェアが10%を超えて以降拡大を続けている。ある企業が経費削減で社用車のランクを落としたら、いつも利用していたホテルの対応が変わったという話があるなど輸入車はステータスを誇示する意味合いが強い。

2017年度のメーカー別売上高は、メルセデス・ベンツコリアが4兆2664億ウォン、BMWコリアも3兆6337億ウォンで、国内5大メーカーの第3位ルノーサムスン自動車の2兆9716億ウォンを上回っている。双竜自動車は2兆7322億ウォン、韓国GMは2兆7145億ウォンだった。

輸入車全体の2017年の売上高は12兆2766億ウォンに達し、国内2位の起亜自動車の年間売上げ12兆5458億ウォンに肉薄する。

韓国の高い人件費、低い生産性

韓国自動車産業の不振はステータスもあるが、硬直した労働市場と高い人件費、低い生産性などが主な原因と専門家は分析する。

韓国経済新聞によると韓国の自動車メーカー5社が自動車1台の生産に要する時間(HPV)は2015年基準で26.8時間となっており、トヨタの24.1時間、米ゼネラルモーターズ(GM)の23.4 時間より長いが、1人当たり年間平均賃金は9072万ウォン(約901万円)と、トヨタの8391万ウォンやドイツ・フォルクスワーゲンの8303万ウォンより高い。

自動車業界は売上高に対する人件費比率が2桁に達すると積極的な研究開発投資が難しいといわれるなか、韓国メーカーの人件費比率は12.3%に達している。トヨタは5.8%、フォルクスワーゲンは9.9%である。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月