最新記事

韓国事情

韓国トヨタのハイブリッド車が好調な理由

2018年7月24日(火)18時39分
佐々木和義

トヨタのプリウスとカムリ Toru Hanai-REUTERS

<2017年、韓国でトヨタが年間売り上げ1兆ウォンの大台を初めて突破。主な要因は2つあると思われる...>

韓国でトヨタの年間売上げが1兆ウォン(約999億円)を突破した。韓国トヨタ自動車が金融監督院に提出した2017会計年度(2017年4月〜2018年3月)の監査報告書によると、売上高は前年会計年度比22.5%増の1兆491億ウォン(約1048億円)で、営業利益も前年比34.8%増の608億ウォンだった(聯合ニュース)。販売台数はトヨタ車が1万3012台、レクサス車が1万3347台の計2万6359台に達している。

2014年の販売台数は約1万3304台で売上げは5387億ウォン、15年も1万5781台、5969億ウォンだった韓国トヨタは、販売数、売上とも短期間で大幅な増加率を記録した(韓国輸入自動車協会)。

ステータスを誇示する意味が強い韓国の輸入車

韓国における国産自動車の販売台数は2016年の158万8572台に対して、17年は155万80台とわずかながら減少したが、輸入車は22万5279台から23万3088台へと増加している。

韓国では国産車と輸入車に乗っている人への対応の差が大きく、2012年に輸入車のシェアが10%を超えて以降拡大を続けている。ある企業が経費削減で社用車のランクを落としたら、いつも利用していたホテルの対応が変わったという話があるなど輸入車はステータスを誇示する意味合いが強い。

2017年度のメーカー別売上高は、メルセデス・ベンツコリアが4兆2664億ウォン、BMWコリアも3兆6337億ウォンで、国内5大メーカーの第3位ルノーサムスン自動車の2兆9716億ウォンを上回っている。双竜自動車は2兆7322億ウォン、韓国GMは2兆7145億ウォンだった。

輸入車全体の2017年の売上高は12兆2766億ウォンに達し、国内2位の起亜自動車の年間売上げ12兆5458億ウォンに肉薄する。

韓国の高い人件費、低い生産性

韓国自動車産業の不振はステータスもあるが、硬直した労働市場と高い人件費、低い生産性などが主な原因と専門家は分析する。

韓国経済新聞によると韓国の自動車メーカー5社が自動車1台の生産に要する時間(HPV)は2015年基準で26.8時間となっており、トヨタの24.1時間、米ゼネラルモーターズ(GM)の23.4 時間より長いが、1人当たり年間平均賃金は9072万ウォン(約901万円)と、トヨタの8391万ウォンやドイツ・フォルクスワーゲンの8303万ウォンより高い。

自動車業界は売上高に対する人件費比率が2桁に達すると積極的な研究開発投資が難しいといわれるなか、韓国メーカーの人件費比率は12.3%に達している。トヨタは5.8%、フォルクスワーゲンは9.9%である。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月