最新記事

スキャンダル

FBI、トランプ弁護士の関係先を捜索 不倫暴露したポルノ女優への口止め料巡り

2018年4月10日(火)10時23分

4月9日、米連邦捜査局(FBI)はトランプ大統領(写真)の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏の自宅や事務所など関係先を捜索し(2018年 ロイター/Carlos Barria)

米連邦捜査局(FBI)は9日、トランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏の自宅や事務所など関係先を捜索した。当局筋が明らかにした。

コーエン氏の代理人、スティーブン・ライアン氏は連邦検察当局の捜索について、モラー特別検察官の事務所からの照会に部分的に基づくとの説明を受けたと述べた。モラー氏は2016年米大統領選へのロシア介入疑惑およびロシアとトランプ陣営の共謀疑惑の捜査を率いている。

コーエン氏は、2016年の大統領選以前にトランプ氏と性的関係を持ったポルノ女優に支払われた口止め料の出所を巡る問題の中心人物。コーエン氏は口止め料13万ドルを自分の資金で払ったと説明している。一方、トランプ大統領は先週、大統領専用機内で記者団に対し、口止め料の支払いについて知らなかったと述べた。

トランプ大統領はコーエン氏に対する捜索について、「恥ずべき事態で、完全な魔女狩りだ」と強く批判。シリア問題に関する会合の冒頭で発言した。

モラー氏を解任する意向があるか問われると、「現在の状況は恥ずべきものだと思う。どうなるかはいずれ分かる」と述べるにとどめた。

コーエン氏はロイターのコメントの求めに応じていない。モラ―特別検察官の報道官はノーコメントとした。

ライアン氏は声明で、ニューヨーク州南部地区連邦検事局がコーエン氏が依頼人と交わした秘密情報を押収したと明かした。また、同検事局が示した捜索令状は「全く不適切で不必要」と批判した。

捜査に詳しい関係筋によると、連邦検察当局はコーエン氏が銀行や税金に関する詐欺を働いた疑惑や、ポルノ女優への口止め料に関して選挙法を違反した可能性のほか、恐らくは大統領選でのトランプ陣営への海外からの支援に関する事案について捜査を行っているという。

別の関係筋によると、当局はホワイトハウスの元広報部長のホープ・ヒックス氏とコーエン氏がやり取りした電子メールも押収。メールには、2016年6月9日にトランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏と娘婿ジャレッド・クシュナー氏らがロシア政府とつながりがあるロシア人弁護士と面会した問題に関する情報も含まれるもよう。コーエン氏はヒックス氏の代理人ではないため、これらのメールは弁護士と依頼者間の秘匿特権の対象とならないという。

FBIの家宅捜索については米紙ニューヨーク・タイムズが第一報を伝えた。

[ワシントン 9日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月