最新記事

貿易戦争

トランプ、中国の知的財産侵害に制裁関税「貿易戦争は楽勝だ」

Will China and the U.S. Start a Trade War?

2018年3月23日(金)19時00分
クリスティナ・マザ

貿易戦争をなめている?トランプ(3月22日)Jonathan Ernst-REUTERS

<鉄鋼、アルミの高関税で中国を困らせられなかったトランプが今度は中国の急所を突き、いよいよ貿易戦争の幕開けか>

ドナルド・トランプ米大統領が、中国製品に最大600億ドル規模の制裁関税を課すと決定した。中国は猛反発し、アメリカが制裁に踏み切れば報復措置に出ると誓った。

トランプは3月22日、アメリカは中国に巨額の知的財産を盗まれ、過剰な対中貿易赤字を抱えているとして、中国製品に制裁関税をかけると発表した。

中国外務省はトランプ政権の決定を非難し、自国の権益を守るために「あらゆる必要な措置を取る」と表明。中国商務省は翌23日、アメリカに対抗関税を準備していると発表した。報復措置の対象として、アメリカ産のワインや果物、豚肉などが候補に挙がっている。

トランプは中国の習近平国家主席と良好な関係を築く一方、中国の通商政策は「攻撃的だ」と米大統領選中から一貫して批判してきた。米通商代表部(USTR)は昨年8月、トランプの指示で中国の知財侵害の実態調査を開始。中国の通商政策がアメリカに経済的な損失をもたらしている、との報告を基に、トランプ政権は数カ月にわたり対中制裁措置を検討してきた。

トランプ政権は、中国に進出する米企業に対して技術移転を強要するのは、知的財産の侵害にあたると非難。そのせいでアメリカは数百億ドル相当の損害を被っている、と主張した。中国はそうした批判には「無責任だ」と全面否定した。

トランプは3月初めにも、鉄鋼25%、アルミ10%の高い関税を課すと発表したばかり。標的は中国で、3月23日から適用になる。

鉄鋼とアルミニウムの関税に中国がさほど強く反発しなかったのは、好調な内需に比べるとアメリカへの輸出規模が問題にならないほど小さいからだ。

だが、知的財産への制裁関税は、中国のハイテク産業や中国企業による対米投資が中心になる見通しで、最大600億ドル規模の報復関税を課す。15日以内に対象品目リストを作成し、民間からの意見を聞いてから正式決定する。

これまで米中両政府の政府関係者は、全面的な貿易戦争に発展しないよう自制を呼び掛けてきた。だがトランプは言う。貿易戦争は「良いことだし、楽勝だ」。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる中国の態度に異変

  • 4

    何これ本物!?サッカーの試合でボールを審判に渡す…

  • 5

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 6

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 7

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    死んだ息子の精子で孫を......イスラエルで増える遺…

  • 1

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 2

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    北朝鮮「公開処刑」も暴く衛星画像分析から韓国が手…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月