最新記事

北朝鮮

金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上手い」

2018年1月16日(火)19時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

バスケットボールは北朝鮮でも人気のあるスポーツ KCNA-REUTERS

<独裁者は「ユーモアのある良い奴」? 謎に包まれた金正恩の素顔は一体...>

北朝鮮の独裁者として知られる北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長だが、実際の人柄については、あやふやで情報も乏しい。そんな中でも度々報道されてきたのは、正恩のスイス留学時代の同級生の証言。ここに来て、欧米メディアでも正恩の生い立ちや性格に踏み込んだ報道が目につく。

1月8日に34歳の誕生日を迎えた正恩がスイス・ベルンで教育を受けていたことはよく知られている。このときの親友は、ポルトガル移民のジョアオ・ミカエロという少年で、英デイリーメールによると現在はベルンのレストランでシェフとして働く。ミカエロはニュースサイト「デイリー・ビースト」のインタビューで、正恩を「良い友人」と話したこともある。

【参考記事】北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

正恩は12歳だった1996年にスイスに渡り、首都にあるベルン・インターナショナルスクールに入学したが、ここを1学期あまりで辞め、ドイツ語で授業を行う公立学校に通うようになった。同紙は、急な転校の理由を「授業料の節約のため」だったと報じている。ベルン・インターナショナルスクールの授業料は現在、年間で約1万6000ユーロ(約218万円)とされる。

スイスでは北朝鮮の大使館職員の息子「パク・ウン」として身元を偽り生活していたが、ミカエロには自分が北朝鮮の最高指導者の血を引く者であることを伝えていた。ただミカエロは、作り話だと思ってまともに取り合わなかったそうで、後に真実が発覚したときには驚いた。

【参考記事】金正恩はインスタ映え狙っている?

バスケットボールに取り憑かれた「ユーモアセンスのある子」

ミカエロは正恩を、バスケットボールに取り憑かれ、ユーモアのセンスを持っていたとしている。プレーの腕前は不明だが、身長は168センチで若干太めの体型でも「良い選手」として知られていたそうだ。また、マイケル・ジョーダンの大ファンで、ナイキのトレーナーを集めていた。学校の友人たちも羨ましく思っていたと言う。デイリー・ビーストに「一緒に楽しく過ごした。彼は良い奴で、たくさんの友達に好かれていた」と明かしている。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、債券デフォルト防止策改善へ 金融政策よ

ワールド

スウェーデン中銀、量的緩和拡充 コロナ第2波で景気

ビジネス

アングル:中国短期金融市場に「国家隊」、デフォルト

ビジネス

市中国債20年や40年物に増発余力、減額なら短期優

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 3

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 10

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月