最新記事

ライフスタイル

新たなハイボールの楽しみ方を提案する、
「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が六本木ヒルズにOPEN!

PR

2017年9月13日(水)15時00分

「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」とクラフトハイボール

2017年9月24日までの期間限定コンセプトショップ「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が、六本木「ヒルズ カフェ/スペース」にオープンしました。

オープニングイベントには、俳優の北村一輝さんがゲストとして登場され、ジョニーウォーカーで作ったハイボール「アルティメットハイボール」を試飲。同じくジョニーウォーカーの「クラフトハイボール」を北村さんご自身で作って試飲され、その豊かなフレーバーを楽しんでいました。

もう一人のゲストが、世界のトップバーテンダーを決定する大会「ワールドクラス グローバルファイナル2015」の総合優勝した経歴を持つバーテンダーの金子道人さん。

johnniewalker_01.jpg

johnniewalker_02.jpg

johnniewalker_03.jpg

金子さんのアドバイスのもと、ジョニーウォーカーと「スモーキー」、「スウィート」、「ウッディ(樽香)」のフレーバーを引き立たせる副材料を使ってつくる「クラフトハイボール」を北村さんが作って、ご自身で試飲した感想は「この飲み方で味わうと、本来ジョニーウォーカーが持つ色々な味の深みを知ることができるのでとてもオススメです。味のバリエーションを楽しむことと、あとはかっこよく飲むことができるところもあり、かなりオススメです」。

johnniewalker_04.jpg


「ジョニーウォーカーハイボールスタジオ」で提供されるのは、「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」。2種類あるメニューのうち、「クラフトハイボール」は「スモーキーさ」、「甘み」、「樽香」を引き立たせるスパイスなどの副材料が用意されており、自分好みの味をイメージしながら材料を選び、グラスの縁に付け、ブラックラベルとソーダを注ぎハイボールを作る「クラフト体験」ができる。また、その工程を、卓上の撮影セットにてお客様のスマートフォンで撮影することも可能。撮影したムービーを特設サイトにアップロードすると、「Tastemade」のオリジナルムービーと組み合わせて「Tastemade」特製のムービーをSNS上でシェアすることも可能だ。

johnniewalker_a.jpg

johnniewalker_d.jpg

johnniewalker_e.jpg

さらにフードには「樽香」を際立たせるナッツ、「甘み」を引き立たせるチョコなど、スコッチ好きにはたまらない、ジョニーウォーカーの期間限定コンセプトショップ。ぜひ足を運んで、フレーバーの違い、そして自分だけのジョニーウォーカーを楽しんでみてはいかがだろうか。

johnniewalker_b.jpg

johnniewalker_c.jpg




■場所:ヒルズ カフェ(六本木ヒルズ内)
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
■期間:9月7日(木)~9月24日(日)
■営業時間:平日17時〜23時、土日祝12時〜23時
      ※ラストオーダーは22時30分
■提供メニュー
 [ ドリンク ]
 ・ジョニーウォーカー アルティメットハイボール (税込500円)
 ・ジョニーウォーカー クラフトハイボール (税込500円)
 [ 主なフード ]
 ・nuts Tokyo (税込300円)
 ・ダンデライオン・チョコレート (税込1,200円)

ニュース速報

ビジネス

リクルートHDが海外で株式売り出し、総額4000億

ビジネス

中国銀行部門、来年は2─3%の増益 今年は7%の減

ビジネス

東証とJPXに業務改善命令、CEO「真摯かつ厳粛に

ワールド

11月の独時短制度利用企業、28%に 一部ロックダ

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月