最新記事

テロ

ロンドン中心部で7人死亡のテロ 実行犯3名は射殺

2017年6月4日(日)13時04分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Hannah Mckay / REUTERS

<マンチェスターのコンサートで22人が死亡したテロの傷がいえないイギリスにまた衝撃が走った。3日夜ロンドン中心部のロンドンブリッジで自動車が次々と人をはねるテロが発生、7人の死亡が確認された。相次ぐテロにイギリスは極度の緊張に包まれている>

BBCや日刊紙ザ・サンなどが伝えるところによれば、3日夜10時にロンドン中心部のロンドンブリッジで白いワゴン車が歩道に突っ込んで歩行者をなぎ倒し、さらに近くの食品市場「バラ・マーケット」まで走り、ワゴン車から長いナイフを持った男3人が降りて、マーケットにいた人びとを切りつけたという。

事故当時、ロンドンブリッジの現場に居合わせたBBCのホーリー・ジョーンズ記者は「ワゴン車が私の前で向きを変えて、私の前で2人、その後で3人をはねた」と話した。

また、他の目撃者は「車が右側に方向を変え、歩道上の歩行者に突っ込み、人びとが悲鳴を上げて逃げ始めた。その車から人が降りてきたので、救助を手伝ってくれようとしていると思ったが、彼らは逆に被害者たちに向かってナイフを振りかざした」と事件の様子を話した。

ロンドン警察は事件の通報を受けて、大規模な武装警官隊を現場に投入してロンドンブリッジの通行を封鎖。さらに、一帯の地下鉄駅とバス停も閉鎖する一方、市民に対して一時退避するように指示した。警察当局は、その後この事件をテロと発表。 外部にいて事件の報告を受けたメイ首相は急いで首相官邸に戻って緊急安保会議を招集した。

過激派組織ISISは3日の朝方、インスタント・メッセンジャーのテレグラムで、ラマダン(断食月)中にトラックやナイフ、銃を使って「十字軍」に対して攻撃を行うよう支持者らに呼び掛けていた。ただし、今回の事件についてはISISを含め具体的な犯行声明を出しているところはいない模様。

警察当局は4日今回のテロ事件に関してテロの実行犯は3人で、警察によって全員射殺されたと発表した。

被害者に関しては亡くなった7人のほか、30人前後の負傷者が病院で治療を受けていると伝えられている。

ニュース速報

ワールド

離脱協定は95%完了、EUの「安全策」には反対=メ

ワールド

イタリア、ユーロ圏加盟維持にコミット=副首相

ビジネス

正午のドルは112円後半、アジア株高を好感

ワールド

メルケル独首相、ディーゼル車走行禁止回避に向けた法

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 6

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月