最新記事

テロ

ロンドン中心部で7人死亡のテロ 実行犯3名は射殺

2017年6月4日(日)13時04分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Hannah Mckay / REUTERS

<マンチェスターのコンサートで22人が死亡したテロの傷がいえないイギリスにまた衝撃が走った。3日夜ロンドン中心部のロンドンブリッジで自動車が次々と人をはねるテロが発生、7人の死亡が確認された。相次ぐテロにイギリスは極度の緊張に包まれている>

BBCや日刊紙ザ・サンなどが伝えるところによれば、3日夜10時にロンドン中心部のロンドンブリッジで白いワゴン車が歩道に突っ込んで歩行者をなぎ倒し、さらに近くの食品市場「バラ・マーケット」まで走り、ワゴン車から長いナイフを持った男3人が降りて、マーケットにいた人びとを切りつけたという。

事故当時、ロンドンブリッジの現場に居合わせたBBCのホーリー・ジョーンズ記者は「ワゴン車が私の前で向きを変えて、私の前で2人、その後で3人をはねた」と話した。

また、他の目撃者は「車が右側に方向を変え、歩道上の歩行者に突っ込み、人びとが悲鳴を上げて逃げ始めた。その車から人が降りてきたので、救助を手伝ってくれようとしていると思ったが、彼らは逆に被害者たちに向かってナイフを振りかざした」と事件の様子を話した。

ロンドン警察は事件の通報を受けて、大規模な武装警官隊を現場に投入してロンドンブリッジの通行を封鎖。さらに、一帯の地下鉄駅とバス停も閉鎖する一方、市民に対して一時退避するように指示した。警察当局は、その後この事件をテロと発表。 外部にいて事件の報告を受けたメイ首相は急いで首相官邸に戻って緊急安保会議を招集した。

過激派組織ISISは3日の朝方、インスタント・メッセンジャーのテレグラムで、ラマダン(断食月)中にトラックやナイフ、銃を使って「十字軍」に対して攻撃を行うよう支持者らに呼び掛けていた。ただし、今回の事件についてはISISを含め具体的な犯行声明を出しているところはいない模様。

警察当局は4日今回のテロ事件に関してテロの実行犯は3人で、警察によって全員射殺されたと発表した。

被害者に関しては亡くなった7人のほか、30人前後の負傷者が病院で治療を受けていると伝えられている。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月