最新記事

アメリカ政治

トランプのロシア疑惑隠し?FBI長官の解任で揺らぐ捜査の独立

2017年5月10日(水)18時24分
イリアス・グロール

ある元情報員は、コミーの解任は司法省のローゼンスタイン副長官への権力の集中を意味する可能性があると言う。司法省長官のセッションズは、昨年2度にわたって駐米ロシア大使と会いながら黙っていたとして、ロシアの大統領選関与疑惑の捜査の監督からは身を引いている。この件ではローゼンスタインがトップなのだ。

同情報員は、ローゼンタールがコミー解任を求めるメモでいかにコミーを酷評しているかを見れば、司法省がいかにコミーを憎んでいたかがわかるという。私用メール問題でクリントンの刑事訴追を勧告しない考えだと公表したことにも、司法省は猛反対した。

大統領によるFBI長官の解任は、初めてのことではない。ビル・クリントン大統領は1993年、ウィリアム・セッションズFBI長官を倫理違反の疑いで解任した。

トランプはここ最近、コミーとの確執を隠そうともしなかった。コミーの行動は、「ヒラリー・クリントンにとって人生最良の出来事だった。数々の悪行を無罪放免にしてもらったのだから!」とツイートもしていた。

トランプがバラク・オバマ前大統領の命令で盗聴されていたと証拠もなく主張したとき、コミーは激怒していたと報道されている。情報関係者が一様に盗聴の事実を否定し、最終的にコミーが、トランプの不穏当な主張を裏づける証拠は何もないと議会で証言した。

【参考記事】「オバマが盗聴」というトランプのオルタナ・ファクトに振り回されるアメリカ政治


コミーにも、過去に失態がなかったわけではない。捜査員がクリントンの新たなメールを発見すると、その中身もろくに吟味せずに、大統領選のわずか11日前に捜査を再開すると公表した(投票日の直前に何も不正の証拠はなかったとして捜査終了)。有権者にはまるでクリントンが有罪だったかのような印象が残り、トランプ逆転のきっかけになった。クリントンもこれを敗因として挙げている。

【参考記事】メール問題、FBIはクリントンの足を引っ張ったのか?

ホワイトハウスのショーン・スパイサーは報道陣に、コミーは「少し前に解任を知らされた」と言った。そして「直ちに発効する」と。

衆人環視の中で

コミー解任の知らせにワシントンは驚いた。ホワイトハウスは、議会幹部にも決定の理由を知らせる気がないようだった。

上院民主党の重鎮、ディック・ダービン上院議員は、トランプとロシアの関係についてのFBIの捜査を妨害しようとするいかなる試みも「重大な憲法違反」の可能性があるとし、独立の委員会か調査官を任命するよう求めた(共和党の賛同者は少なかった)

だが、コミーの解任劇で、トランプ陣営とロシアの関与疑惑はいっそう強まるばかりだろう。

FBI職員の士気にも影響しそうだ。「頬にびんたを、腹にパンチを食らったような気分だ」と、元職員は言った。

FBI長官その人も、最後の瞬間に不意打ちを食らった。コミーはロサンゼルスでFBIの求人イベントで演説していた。その時、テレビでコミー解任のニュースが流れたというのだ。

これがトランプ=ロシア疑惑の真相解明にとって、暗いサインにならなければいいが。

(翻訳:ガリレオ)

From Foreign Policy Magazine

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。
リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナル記事を毎日平日アップ(~5/19)
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米政権、1.5兆ドルの新型コロナ対策を提案 航空支

ビジネス

東証、1日の立会内市場で「全銘柄について約定成立せ

ビジネス

焦点:回復鈍い中国の消費、低所得層の「コロナ節約志

ワールド

6-8月の豪求人件数、59%急増 制限措置の緩和で

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 10

    ニューヨークでコロナ陽性率再上昇――この街はもう、…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月