最新記事

アメリカ政治

フリン米大統領補佐官、政権発足前のロシアとの協議めぐり苦境に

2017年2月13日(月)14時59分

2月12日、マイケル・フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)(写真左から2番目)が、1月20日にトランプ大統領が就任する前のロシア当局者との接触をめぐり、苦しい立場に追い込まれている。写真は日米両首脳の合同記者会見で、安倍・トランプ氏の到着を待つトランプ政権のメンバーの様子(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

マイケル・フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が、1月20日にトランプ大統領が就任する前のロシア当局者との接触をめぐり、苦しい立場に追い込まれている。

ホワイトハウスの高官は週末にかけ、大統領就任後に米国の対ロシア制裁が解除される可能性について、フリン氏がロシア側と協議していたかどうかを調査。協議されていた場合、民間人の外交政策関与を禁止する法律に違反する可能性がある。

フリン氏は陸軍出身で過去に国防情報局長を務めた。トランプ氏を早くから支持し、米ロ関係の改善を呼び掛けてきた。

フリン氏は当初、大統領就任前にロシアと制裁に関して協議しなかったとしていた。ペンス副大統領もフリン氏を擁護し、協議の事実を否定していた。

しかしある当局者によると、ワシントン・ポスト紙が先週、複数の当局者の話として、制裁に関する協議が行われていたと報じると、フリン氏は制裁が議題に上がったとの可能性は除外せず、ただ100%の確信を持って思い出すことはできないと述べた。

フリン氏はペンス副大統領などに謝罪したという。

ホワイトハウスからのコメントは得られていない。

当局者の1人は、やり取りの記録からは、フリン氏が制裁解除を約束したことを示す内容はなく、トランプ政権下での米ロ関係改善に関するより一般的な発言がみられたと明らかにした。

一部当局者の間では、フリン氏は危機に直面しているものの、直ちに大統領補佐官のポストを失うことはないとみられているという。

[ワシントン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

フィリピン、首都マニラの封鎖6月から緩和 感染者は

ワールド

コロナ対策の郵送投票、共和党員は民主党員より懐疑的

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

ビジネス

鉱工業生産4月は9.1%低下、3カ月連続マイナス 

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月