最新記事

中東

イランがイスラエルまで飛ぶ無人機を公開

アハマディネジャドの国連演説に合わせて物騒な武器を持ち出し敵を威嚇する真意は

2012年9月27日(木)16時22分
プリヤンカ・ボガーニ

あと1年弱 3選を禁じるイラン現行憲法下ではアハマディネジャドの任期は来年8月まで Vahidreza Alaii-Reuters

 イラン革命防衛隊は今月25日、長距離飛行が可能な無人機を公開した。イスラエルを含む中東全域が攻撃可能になる。イラン国営テレビによれば、「シャーヘド129」と名付けられたこの無人機は約2000キロを飛ぶことができ、爆弾やミサイルも搭載可能だ。

「この新たな無人機は、24時間飛行を続けて偵察・戦闘任務を完遂することができる」と、別のイラン国営メディア「プレスTV」のウェブサイトは報じている。「この国産機は1700〜2000キロ離れた目標も攻撃できる。搭載したカメラで生の映像を送ることもできる」

 イランは対艦ミサイル4発の発射実験も行った。アメリカ海軍のペルシャ湾における軍事演習に対抗して計画されているイラン海軍の軍事演習へ向けた準備だ。イランのファルス通信は「ミサイルは戦艦と同じ大きさの海上の目標に向けて同時に発射され、目標は50秒以内に沈没した」と伝えている。

 こうしたニュースはアハマディネジャド大統領がニューヨークの国連総会で演説するのと時を合わせて流された。アハマディネジャドは総会演説に先立つ24日、「イスラエルは中東地域にルーツなどなく、『消滅』させられる」と語った。ただ総会の演説ではこれまでの激しい口調は影を潜め、どちらかといえば懐柔的な口調が目立った。


テヘラン製無人機の性能には疑問符も

 イランの核問題は中東地域に緊張をもたらす「病根」だ。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相はアメリカに対し、イスラエルが戦争目的と考える核開発をイランに停止させるべく最後通牒を出すよう求めている。イスラエルのハーレツ紙によれば、イラン政府は核兵器の開発を否定し、核開発は平和目的だと主張している。

 イランの主張を裏付けることは不可能だ。だが、複数のアナリストはイランの武器の実際の能力に対して懐疑的だ、とも伝えている。


From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中