最新記事

リビア

南アのズマは同志カダフィを止められるか

内戦が続くリビアの独裁者は、ズマ大統領の仲介で退陣を受け入れるのか

2011年5月31日(火)16時36分

決断のとき カダフィ(右)とズマ(左隣)は「出口戦略」を話し合った Reuters TV-Reuters

 5月30日、南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領がリビアの首都トリポリを訪れ、最高指導者ムアマル・カダフィ大佐と会談した。2月半ばから反体制派と政府軍の衝突が続き、カダフィの退陣を求める国際的な圧力が高まる中での訪問は、さまざまな憶測を呼んでいる。だがズマ側は、4月に続いて2度目となる今回の訪問の目的は、即時停戦の実現と人道支援、危機収束に必要な改革についてカダフィと意見交換することだとしている。

 フランスの通信社AFPの取材に応じた南ア大統領府の情報筋によれば、会談の焦点はカダフィの「出口戦略」だったという。一方、ズマの広報官ジジ・コドワは、こうした報道は「誤解を招く」と反論。リビア国営テレビは、アフリカ連合(AU)が提案する「和平ロードマップ」の実現について話し合われたと報じた。4月のズマとの会談後、カダフィは停戦に向けたAUのロードマップを受け入れる意向を表明した。だが反政府勢力側は、カダフィ退陣が条件に含まれていないとして停戦を拒否している。

アパルトヘイト撲滅を支持したカダフィとの絆

 南アの与党、アフリカ民族会議(ANC)の議員の間では、アパルトヘイト時代に同党を支持してくれたカダフィの人気は今も高い。反アパルトヘイトを掲げるANCは70年代以降、幹部らの軍事訓練の拠点としてリビアを利用してきた。ズマもネルソン・マンデラ元南ア大統領も、カダフィを「同志」と呼んだほどだ。

 ズマがリビアに到着した当日、リビア国営テレビは反政府軍の支配下にある港町ミスラタの西に位置するズリテンをNATO(北大西洋条約機構)軍が空爆し、11人が死亡したと伝えた。

 NATOが空爆に踏み切ったのは、反政府勢力が制圧した町を政府軍が奪還しはじめた今年3月。国連安保理の非常任理事国である南アフリカは、市民を守るためにリビアに武力行使を行う決議案に賛成した。

 だが、ズマはアフリカ諸国の指導者らと共にNATOの空爆を批判し、空爆の停止を訴えている。5月29日にはANCもNATOの攻撃を激しく非難し、「アフリカ大陸や平和を愛する世界中の人々と共に、西側諸国によるリビアへの空爆継続を糾弾する」との声明を出した。

 一方、NATOのアナス・フォー・ラスムセン事務総長は「カダフィの恐怖政治は終焉を迎えるだろう」と強気の姿勢を崩さない。「カダフィは国内外で孤立を深めている。側近たちでさえ国を離れたり、亡命したり、逃亡したりしている。カダフィも去るべき時が来た」

 5月27日には、主要国(G8)首脳会議もカダフィ退陣を求める声明を発表した。リビアの反政府勢力はこの声明について、「リビア国民の要求だけでなく国際社会の意志の現れでもある」と称賛した。

 だが、カダフィの支持者に言わせれば、退陣も亡命もありえない。リビア政府はG8の声明に対して、いかなる解決策もAUを通すべきだと反論ている。

「G8は経済を話し合う場だ。そこでの決定など我々には関係ない」と、リビアのハーレド・カイム副外相は言う。「リビアはアフリカの国だ。AUの枠組みの外からの口出しは拒否する」
 
GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ下落、欧州の政治不安一服

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開 26日

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&Pとナスダック最高値更新

ワールド

イスラエルで反政府デモ、数千人規模 ネタニヤフ首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中