最新記事

リビア

看護師が独白「私が世話したカダフィ」

リビアを脱出した取り巻きのウクライナ人の女性看護師が語る、独裁者の知られざる素顔と「ハーレム」の実情

2011年5月23日(月)13時14分
オクサナ・バリンスカヤ

パピクへの思い 「彼は私の裏切りを許してくれないと思う」と話すバリンスカヤ Joseph Sywenkyj for Newsweek

 リビアのムアマル・カダフィ大佐の看護師になったのは21歳のとき。彼が雇った女性看護師は全員ウクライナ人だった。私もウクライナ育ち。アラビア語は話せず、リビアとレバノンの違いさえ分かっていなかったけど、パピク(ロシア語で「小さなパパ」、私たちは彼をこう呼んだ)はとても優しかった。

 欲しい物は何でも手に入った。家具付きの寝室2部屋のアパート、電話をすればすぐに来てくれる運転手。でもアパートには盗聴器が仕掛けられ、私生活は常に監視されていた。

 最初の3カ月は宮殿に入れなかった。パピクは奥さんのソフィアの目を気にしていたみたいだった。看護師の仕事は雇い主の体を守ること。彼は素晴らしく健康だった。脈拍も血圧も、実年齢よりはるかに若い。

 チャドやマリ訪問時は、感染症の予防に手袋をはめてもらった。宮殿でも庭で日課のウオーキングをしてもらい、予防接種も欠かさず、血圧も決まった時間に測った。

 ウクライナのメディアは私たちを「カダフィのハーレム」と呼んだが、根も葉もないデマだ。彼の愛人になった看護師なんかいない。私たちがパピクに触れるのは血圧を測るときだけ。

カセットで音楽を聴き、1日に何度も着替える

 パピクの友人のシルビオ・ベルルスコーニ伊首相は女好きだけど、パピクは彼よりずっとまとも。確かに看護師を容姿で選んでいたけれど、パピクはただ美しい人や物に囲まれているのが好きなだけ。

 彼は私と握手し、目をのぞき込んで、居並ぶ候補者の中から私を選んだ。後になって、彼は最初の握手で相手の人柄を見抜くのだと分かった。人間の心理を知り抜いている人だと思う。

 パピクには変わった習慣があった。古いカセットプレーヤーでアラブ音楽を聴くのが好き。1日に何回も着替える。着ているものが気に入らないと、お客を待たせてでも着替える。白いスーツがお気に入りだった。

 アフリカの貧しい国々を訪れたときは、装甲を施したリムジンの窓から子供たちにお金やキャンディーを投げた。感染症が怖いから子供たちには近寄らなかった。でも外遊先でテントで寝るというのは嘘! テントは公式会談に使っただけだ。

 私たちは夢のような豪遊をした。パピクに付き添ってアメリカ、イタリア、ポルトガル、ベネズエラを旅した。彼は機嫌がいいと、何か欲しい物はないかねと聞いてくれる。毎年、自分の肖像入りの金時計を取り巻き全員に贈る習慣もあった。リビアではこの時計を見せると、どこでもノーパスで入れ、どんな無理難題も通る。

間一髪でリビアを脱出できたが

 リビア国民の少なくとも半分はパピクを嫌っているようだった。リビア人の医療関係者は、私たちに嫉妬していた。彼らの3倍の給料、1カ月に3000 ドル以上をもらっていたから。

 リビアではパピクの一存ですべてが決まる。まるでスターリン。権力も富も独り占めだ。

 エジプト革命のニュースをテレビで見たとき、リビアでは誰も私たちのパピクに反旗を翻したりしないだろうと思っていた。でも違った。パピクがまだ間に合ううちに息子のセイフに権力を譲っていたら、状況は変わっていたと思う。

 私は2月初めに首都トリポリを離れ、間一髪で難を逃れた。残った看護師2人は身動きが取れない。私が出国したのは個人的な理由だ。妊娠4カ月で、おなかが目立ち始めていた。パピクがセルビア人の彼との関係を認めてくれないと思ったから。

 パピクは私の裏切りを許してくれないだろう。でもおなかの子供のためにもリビアから逃げてよかった。今ではパピクの一番身近な人たちも、彼を見捨てて逃げている。彼は子供たちと2人の看護師を強引に引き止め、道連れにする気だ。

[2011年4月20日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中