最新記事

イラン

核物理学者の爆殺は政府の口封じか

イラン政府はイスラエルとアメリカの仕業だと主張するが

2010年1月20日(水)14時27分
ババク・デガンピシェ

 混迷が続く中東で1月12日朝8時頃、とてつもなく奇妙な事件が起きた。テヘラン大学で核物理学を教えるマスード・アリ・モハマディ教授が、テヘラン北部にある自宅の外に仕掛けられた爆弾で死亡した。バグダッドやカブールでなら珍しくはない事件でも、イランで暗殺テロ、それもオートバイに隠した爆弾を遠隔操作で爆破させることなどめったにない。

 事件後すぐに、イラン外務省の報道官は核開発阻止を狙ったイスラエルとアメリカの仕業だと主張した。だがオバマ政権はアメリカの関与をきっぱりと否定。イラン革命防衛隊系のファルス通信は反体制派グループが犯行を認めたと報じ、殺されたモハマディは信心深い男で、6年前まで革命防衛隊に協力していたとも伝えた。

 一方で、複数の反政府系ウェブサイトはモハマディが、昨年6月の大統領選で改革派のミルホセイン・ムサビ元首相への支持を表明したテヘラン大学の教員420人に名前を連ねていたと指摘。モハマディの元教え子は「(モハマディは)あらゆる面で改革派だった!」と書き込んだ。この教え子は、モハマディが大統領選後に反政府デモに参加するよう学生たちに呼び掛け、小型バスまで用意した様子を伝えている。これらのサイトは、モハマディが核計画ではなく政治思想のせいで殺されたと示唆している。

青ざめる反体制派の教員たち

 ニューヨーク・タイムズによると、モハマディの専門は素粒子物理学と理論物理学で、核爆弾の製造につながるものではないという。イラン原子力庁も、モハマディの核計画への関与を否定した。

 それでも、もしモハマディが核計画に関わっていたとしたら、彼の暗殺はイランの核計画関係者に情報を漏らすなという警告になったはずだ(彼が実際に改革派だったのなら、情報漏洩の可能性があると思われてもおかしくない)。

 モハマディの死にテヘラン大学の教員たちは青ざめている。テヘラン大学ではモハマディが死ぬ1週間前、教授88人が最高指導者アリ・ハメネイ師に対し、反政府デモへの暴力的な弾圧をやめるよう求める公開書簡を反政府系サイトに投稿していた。今回の暗殺事件を受けて、同じような書簡が出されることはなくなるだろう。

[2010年1月27日号掲載]

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月