最新記事

英王室

「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

2024年05月25日(土)09時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
メーガン妃 ヘンリー王子

REUTERS/ Abraham Achirga

<ナイジェリアの高校生にヘンリー王子との結婚の理由を説いたメーガン妃。何を語ったのか>

5月19日に6回目の結婚記念日を迎えたメーガン妃とヘンリー王子。その直前の5月10日から12日までの3日間日程で訪問したナイジェリアでのメーガン妃の発言が話題になっている。

【関連動画】メーガン妃が「背中ぱっくり」で高校生に「結婚の決め手」を説く話題の姿 を見る


 

夫妻の「アーチウェル財団」が支援する、ナイジェリアの首都アブジャにある「ライトウェイ・アカデミー」でヘンリー王子はメンタルヘルスに関する講演を行い、次のように語った。

「今日は調子の悪い日だと認めることは恥ずかしいことではありません。今朝悲しい気持ちで目覚めたり、学校に来てストレスを感じたり、いつもの相談相手だった家族を失ったりした場合には、そんなことを口に出してはいけないと思いがちですが、それは真実ではないことを皆さんに伝えにきました」

このようにヘンリー王子が話し終えた後にメーガン妃はマイクを取り、「なぜ私が彼と結婚したかわかるでしょ? 彼はとても賢いんです」と夫を賞賛する言葉を生徒たちの前で披露。

その様子を捉えた映像はこれまでに30万回以上再生され、9000以上の「いいね」と1500を超えるコメントがついている。

「素晴らしい夫婦」「ゴージャスな夫婦」という好意的なコメントの一方で「いつも私、私、私ですね」や「世界で一番ラッキーな女性」というような皮肉を込めたコメントで二分している。

ヘンリー王子が創設者であり、パトロンを務めている負傷や病気の軍人や退役軍人のスポーツ大会「インヴィクタス・ゲーム」の開催地を目指すナイジェリア。開催地選考に影響力を持つヘンリー王子を国防トップであるクリストファー・ムサ将軍が招待したとされる。

夫妻はすでに公務を退いているため、あくまで「私的訪問」とされるが、空港でのお出迎えを含めて国賓級の待遇を受けることへの疑問の声が上がっている。

しかし、バカンス先でのような露出度の高い服装を着用して自身の結婚の決め手などプライベート過ぎる話を地元の生徒に披露するなど、結婚記念日のお祝いを兼ねた「超豪華なプライベート旅行」であったのだろう。

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 2

    メーガン妃がヘンリー王子との「最後の楽しい夜遊び…

  • 3

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 2

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 4

    「私の心の王」...ヨルダン・ラーニア王妃が最愛の夫…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:姿なき侵略者 中国

特集:姿なき侵略者 中国

2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮