最新記事

英王室

「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王子はなぜナイジェリア訪問したのか?

2024年05月18日(土)08時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
メーガン妃

Reuters Marketplace - RPA for RNPS AYCE customers

<公務を引退しているのになぜ国賓級のもてなし? 露出度の高い服で学校を訪問したメーガン妃のTPOに疑問の声も>

5月10日から12日までの3日間日程でナイジェリアを初訪問したメーガン妃とヘンリー王子だが、イギリス国内では驚きをもって受け止められた。

というのも、夫妻は2020年に王室を離脱しているにもかかわらず、ナイジェリアの国防トップであるクリストファー・ムサ将軍の招待によるものであったからだ。

まるで「ロイヤルツアー」のような国賓級のもてなしだけでなく、一日に何回も服装を変え、露出度の高い服を着用して学校訪問するメーガン妃のTPOに疑問の声があがっている。

【関連写真】メーガン妃の「背中ぱっくり」学校訪問にナイジェリアの女子高生たちも唖然 を見る


 

公務を退いているため当然イギリス政府の要請による公式訪問ではなく、私的訪問とされる。しかし、そもそもなぜヘンリー王子とメーガン妃はナイジェリアを訪問したのか?

2023年にドイツ・デュッセルドルフで開催された「インヴィクタス・ゲーム」にナイジェリアは初めて選手団を送り、「インヴィクタス・ゲーム」の自国開催を目指していると言われている。

ヘンリー王子が創設者であり、パトロンを務めている負傷や病気の軍人や退役軍人のスポーツ大会「インヴィクタス・ゲーム」は2025年はカナダ、2027年はイギリスのバーミンガムかアメリカのワシントンD.C.で開催される予定だ。

ヘンリー王子が開催都市を決定する組織「インヴィクタス・ゲームズ財団」の主要メンバーであることから、ムサ将軍に招待されたとみられている。

また、結婚前にメーガン妃を「生涯の伴侶」であることを訪問先のボツワナでヘンリー王子が確信したと後に述べるなど、アフリカは2人にとっても思い出の地でもある。

結婚後の2019年にはエリザベス女王の代理とイギリス政府を代表してアフリカを公式訪問し、自然の保全と青少年育成のためのアフリカの多くの慈善団体との関係を築いている。当時、南アフリカにはまだ幼いアーチ―君(当時)も同行したことも話題になった。

メーガン妃は2022年、自身のポッドキャスト番組「アーキタイプス(Archetypes)」で、自分が「43%はナイジェリア人」であることがDNA検査で判明したことを述べ、次のようにリスナーに話している。

「このことを話した人、特にナイジェリア人の女性たちは「まあ、なんてこと!」と言うので、もっと掘り下げて調べてみたいと思っています」

メーガン妃にとってナイジェリアは「祖先の地」という特別な縁もあるようだ。

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 2

    メーガン妃がヘンリー王子との「最後の楽しい夜遊び…

  • 3

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 2

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 4

    「私の心の王」...ヨルダン・ラーニア王妃が最愛の夫…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:姿なき侵略者 中国

特集:姿なき侵略者 中国

2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮