最新記事

ボディイメージ

ミーガン・フォックスの「すっぴん」に「誰これ?」...セルフイメージに変化が起きた「本当の理由」

2024年04月24日(水)09時05分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ミーガン・フォックス

2023年5月18日、米ニューヨークで開催された「スポーツ・イラストレイテッド」誌水着特集号のイベントにて REUTERS/Jeenah Moon

<常に完璧なメイク姿で隙を見せないミーガン・フォックスがすっぴん姿を披露したことでファンは驚愕。彼女が闘ってきた心の病気と心境の変化、そして勇気の背景について>

セクシーに着飾ってはレッドカーペットを堂々と歩き、またメイク好きだと公言しているミーガン・フォックスが、すっぴん姿をSNSで披露したことが話題になっている、

黒のブラジャーと赤のチェック柄のパジャマパンツを着用し、唇にリップグロスだけを塗っただけの健康的で自信に満ち溢れた鏡に写った自分を撮り、インスタグラムに投稿したのだ。

【写真】「誰だかわからない」...ミーガン・フォックスの「すっぴん」にファンも思わず二度見 を見る

 
 

つねにばっちりメイクで隙がない、完璧なミーガンの姿を知るファンは驚愕。次のような言葉がコメント欄にあふれている。

「これは誰?」
「ミーガン、これはあなたではない」
「すっぴんを初めて見た」
「これは全くミーガン・フォックスには見えない。 AIがやっている」
「キム・カーダシアンかと思った」

その一方で「メイクで隠さない、自信に満ちた女性」「化粧をしなくてもかわいい」「あなたはもう二度と化粧をする必要はない。すっぴんのあなたは美しい」など称賛の声も多数書き込まれている。

セレブがすっぴんを披露することは、ここ数年珍しくはない。時に話題作りや売名行為のように受け取られることもあり、奇異の目で見られることもある。すでに名声を得ており、そんな売名行為は必要ないミーガン・フォックスが、なぜこのタイミングですっぴんを披露したのか?

3月20日、ミーガンはポッドキャスト「Call Her Daddy」に出演し、豊胸手術、鼻の整形、ボトックスやフィラー注射について何度も受けていると率直に話した。

しかし、むしろ足りないので脂肪吸引はやったことないこと、怖いので糸を入れて上げるリフティング手術もやったことがないこと、そして全身麻酔が怖いとも述べている。その上で、自然な外見を維持する決意について最後に語っている。

ミーガン・フォックスが自分の身体イメージに対して不安を募らせ、自分が醜いと感じる「身体醜形障害(BDD)」であることは広く知られている。精神疾患の1つとされる「身体醜形障害」。美容整形手術を繰り返しては、やめられなくなる人もいる。

美容整形は常に賛否両論ある。生まれ持った身体を傷つけるべきではないという声がある一方で、コンプレックスを克服して新たな生き方につながるのであれば、批判されることではないという声もある。

現在、ソフトやアプリで誰でも写真画像の加工ができるようになったことで、「加工」や「フェイク」がネット上には溢れている。「本物」と「フェイク」の境界が曖昧になる中で加工や整形を批判することは、かつてよりも難しい。

ミーガン・フォックスは番組の中で、これからも整形手術を受けるという話をしている。しかし、少なくとも確かなことは、この番組への出演が今回のすっぴん写真の投稿と無関係ではないことである。ミーガンは公の場で言語化することで自らのセルフイメージと向き合ったのだから。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 3

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 4

    「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専…

  • 5

    「ハリウッドに多様性を」病気とキャリア復帰の苦悩…

  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 2

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 3

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 3

    「恋人に会いたい」歌姫テイラー・スウィフト...不必…

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:スマホ・アプリ健康術

特集:スマホ・アプリ健康術

2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法