最新記事

ファッション

キャサリン妃の心機一転...公務での「鮮やかファッション」から晩秋の「スタイルチェンジ」へ

Kate Middleton's Fall Style Switch-Up

2023年11月26日(日)08時10分
ジェームズ・クロフォード=スミス
キャサリン妃

POOL New-REUTERS

<韓国のユン大統領夫妻の歓迎レセプションで着用した、鮮やかな赤いドレスが話題になったキャサリン妃。それから一転、「重厚スタイル」が示すものとは?>

21日、国賓として訪英した韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と金建希(キム・ゴンヒ)夫人の歓迎レセプションとチャールズ国王主催の宮中晩さん会に出席したキャサリン妃。

鮮やかな赤色のレイヤードスタイルの大胆な衣装は、その翌日にメディアやSNSで話題になり、その「美脚」についても論争となった。

【関連記事】キャサリン妃の「美脚」への称賛が「ダブルスタンダード」論争に を読む


しかし、キャサリン妃の全身赤の「勝負スタイル」は今回が初めてではない。歓迎レセプション直前の公務でも似たような鮮やかな紫色のパンツスタイルを披露している。

【関連写真】キャサリン妃の「鮮やかな紫」パンツスーツ姿 を見る

しかし、その鮮やかなスタイルから一転、サウス・ロンドンの「セビーズ・コーナー児童チャリティ」を訪れた際には、これまでの明るい色のパンツスーツやドレスから秋色のレイヤードコート、スカート、トップスなど季節に合わせてダークトーンに変わっていた。


ウエストが特徴的なライトブラウンのラップコートに黒のタートルネックとふくらはぎ丈のツイードスカートに、黒いスエードのヒールブーツ、バックル付きベルト、ゴールドのイヤリングでアクセントをつけた。

【拡大写真】キャサリン妃の全身スタイル を見る

2011年にウィリアム王子(当時)と結婚して以来、子供の支援に携わってきたキャサリン妃は、クリスマス前に小さな子供を持つ家庭への支援を行うために「英国王立財団幼児期センター(The Royal Foundation Centre for Early Childhood)」の一環として、スタッフや地域住民との面会を行った。

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の村から撤退 アブデーフカの西方

ワールド

パレスチナ首相が辞意、「ガザ踏まえた政治的取り決め

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 3

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 4

    大叔母「麗人・アン王女」を彷彿とさせる、シャーロッ…

  • 5

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    キャサリン妃の5つの「一軍バッグ」...イギリス製か…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは