最新記事

英王室

公務での「肩出しルック」に批判...メーガン妃がオフショルダーを好む理由は「胴の長さ」だった?

Why Meghan Markle Loves an Off-the-Shoulder Fashion Moment

2023年10月15日(日)10時20分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃

Mike Segar-REUTERS

<王室を離脱した後も肩を露出するファッションをよく披露しているメーガン妃。あるコンプレックスが理由>

今月10日、「世界メンタルヘルスデー」に合わせてニューヨークで行われた「アーチウェル財団」主催のイベントにメーガン妃がヘンリー王子と出席し、SNS時代のメンタルウェルネスに関するシンポジウムに参加した。

メーガン妃は、アメリカのブランド「アルチュザラ(Altuzarra)」によるオーバーサイズのロールネックを特徴としたブレザーに幅広パンツを合わせ、髪をアップにしてゴールドの宝石に青と緑の石を組み合わせたシンプルなスタイルに。

【写真】メーガン妃の白い「アルチュザラ」の肩出し全身スタイル を見る

 
 
 
 

大胆な白いオフショルダーのブレザーとパンツルックで出席したメーガン妃だが、イギリス王室時代にもたびたび肩出しルックを披露し、そのセンスには定評がある。

【写真】メーガン妃の独身時代からの「肩出しルック」 を見る

しかし、通常は日中の公務では肩を露出しないことから、2018年にイギリス王室に入ってから初めて参加した女王の誕生日を祝う「トゥルーピング・ザ・カラー」のパレードで着用した「キャロライナ・ヘレラ(Carolina Herrera)」のピンクのオフショルダーのワンピースは非難を浴びている。

【写真】批判を受けた公務での「肩出しルック」 を見る

王室ファッション専門家のミランダ・ホルダーはメーガン妃が「バルドー・スタイル」、つまり肩出しファッションを好む理由について、次のように本誌に語った。

「メーガン妃はクラッシックでシックな「上流階級」ブランドであるディオールがお好きですが、古典的なハリウッドグラマーの雰囲気を与えてくれるだけでなく、スタイルを引き立ててくれます。首のラインは顔に視線を集めるだけでなく自然な美しさを引き出し、また「垂直スケール」、つまり胴体を長く見せる効果もあります」

キャサリン妃が胴と脚の長さのバランスが完璧であるに対し、メーガン妃は胴が短すぎるためにファッションセンスがおかしいと、これまでも何度か批判を受けたことがあるという。これについてホルダーは次のように述べる。

「オフショルダーによって胸と首のラインを視覚的に延ばすことができます。それによって胴を長く見せることができるため、胴体と脚のバランスを取ることができるのです。これは理想的な体型の錯覚を生み出して、ファッションを楽しむためのコツです」

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

シティ、第1四半期1株利益は予想上回る 再編費用4

ワールド

米、ハマスに制裁 EUと協調 「攻撃能力を阻害」

ワールド

中国が日米比会談を脅威とみなす理由ない=米政府

ビジネス

米輸入物価、3月は前月比0.4%上昇 燃料や食品が
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    「ガザよりビヨンセか...」ミシェル・オバマ、ビヨ…

  • 3

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 4

    新型コロナパンデミックの原因は「人類が森林を破壊…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 3

    ジョージ王子とシャーロット王女が「完全シンクロ」…

  • 4

    キャサリン妃は「セレブ」なのか?...アメリカ人が理…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃がついに「成功の波」に乗った!?...「追い…

  • 4

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル