最新記事

英王室

「ケイト・スタイル」の復活、庭園パーティでキャサリン妃が魅せた「大人キュート」

Kate Middleton's 'Pre-Princess of Wales' Style Made Return for Garden Party

2023年05月13日(土)11時29分
ジェームズ・クロフォード=スミス
キャサリン妃

POOL New-REUTERS

<戴冠式の一環で行われた、バッキンガム宮殿のガーデンパーティ。主催者となったキャサリン妃が着まわしたドレスとは?>

9日に行われた、バッキンガム宮殿の庭園で行われたパーティには、全国から地域社会に貢献する人々など約8000人が招待された。

アン王女、エディンバラ公爵夫妻、グロスター公爵夫妻の協力を得て、ウィリアム皇太子とキャサリン妃が主催者となった、このパーティで注目を浴びたのは、キャサリン妃のワンピースだった。

レース、リボン、ベルベットの装飾が施された、ペールブルーのロマンチックなチュールドレスはフェミニンなデザインで知られる、レバノンのファッションデザイナーのエリー・サーブ(Elie Saab)によるもので、実は2019年のロイヤルアスコットでも着用している。

その時と同じ花飾りが施されたフィリップ・トレーシー(PHILIP TREACY)の帽子とシルバーのハイヒールを合わせた。

王室ファッション専門家のミランダ・ホルダーは次のように本誌に語った。

「透け感のあるフリル、水玉模様が特徴です。『プリンセス・オブ・ウェールズ』になる以前によく見られた、フェミニンでかわいらしい雰囲気を醸し出していました」

皇太子妃になって以降、パンツスーツなど実用的でマニッシュなスタイルに変化していたことから、かつてのソフトでロマンティックな服装が再び見られたことに注目が集まった。ホルダーは次のように述べる。

「ここ数日間の過酷なスケジュールにもかかわらず、キャサリン妃は来賓たちと談笑しながら、晴れやかでリラックスした様子でした。髪は洗練されたシニヨンにまとめられ、青い花飾り付きの帽子がドラマティックな雰囲気でした。水色のフープイヤリングも遊び心がありつつも、しっかりコーディネートされています」

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…

  • 3

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 3

    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…

  • 4

    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…

  • 5

    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…

  • 1

    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…

  • 2

    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…

  • 3

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 4

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 5

    「大丈夫」...アン王女の容態について、夫ローレンス…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50