最新記事

英王室

メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別のプリンセスに

Meghan Markle's Favorite Shoe Designer Appoints Royal Brand Ambassador

2022年07月30日(土)12時38分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃

2017年11月27日、ケンジントン宮殿で婚約会見を開いたときもアクアズーラのパンプスを着用したメーガン妃 Toby MelvilleーREUTERS

<世界の王妃、王女たちが愛用している高級靴ブランドが「ブランド・アンバサダー」に意外な人物を任命。メーガン妃が婚約会見時に履いていたブランドだが、実はファッション撮影に使用した靴を返却していないなど、騒がしくなっている>

メーガン妃が愛用する、高くそびえるハイヒールで有名な高級靴ブランドが「ロイヤル・ブランド・アンバサダー」を任命した。


そのブランドとはアクアズーラ(Aquazzura)で、高いヒールと「ボウタイパンプス」が有名で、メーガン妃が異なる色とヒールを数多く所有していることでも知られている。

この7月、そのアクアズーラが「新世代のアクアズーラ・ガールを完全に体現している」と発表したブランド・アンバサダーが、マリア=オリンピア王女だ。

アクアズーラ公式インスタグラムでのマリア=オリンピア王女


マリア=オリンピア王女はギリシャのパウロス元王太子とマリー・シャンタル妃の長女で、1973年の王政廃止までギリシャ国王だったコンスタンティノス2世元国王とアンナ=マリア元王妃の孫にあたる。

現在はソーシャライツとして、ニューヨークとイギリスを行き来しているマリア=オリンピア王女は、エリザベス女王とフィリップ殿下[エディンバラ公]の双方を通した親戚で、ヘンリー王子とも遠戚筋にあたる。

7月21日に刊行された、イギリス人作家トム・バウワーによる、ヘンリー王子とメーガン妃の暴露本『Revenge: Meghan, Harry and the war between the Windsors(復讐──メーガン、ハリー、そしてウィンザー家との戦い』の中で、メーガン妃が結婚前に行ったファッション撮影の際に、リースしたアクアズーラの靴を返却しなかったという主張でも、今、話題のブランドとなっている。

イギリスの「タイムス」紙にこの話題が掲載された直後、メーガン妃とヘンリー王子はニューヨークのレストランにディナーに出かける様子がキャッチされているが、メーガン妃が黒のアクアズーラのヒールサンダルを「反抗的に」履いて公の場に姿を現したことも話題となった。なお、夫妻の代理人は、この本と靴の返却の件については声明を出していない。

一方、マリア=オリンピア王女のブランド・アンバサダー就任を発表したアクアズーラは、「(デザイナーの)エドガルド・オソリオがマリア=オリンピア王女を『絶対的な現代美』と評している」とプレスリリースを出している。

洗練された職人技と華やかな装飾、複雑な色彩を融合させたアクアズーラは、エドガルド・オソリオがフィレンツェを拠点に2012年に設立。2023年のリゾートコレクションでは、マリア=オリンピア王女とのコラボレーションを発表予定で、次のようなコメントを出している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 2

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 1

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 2

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 3

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    「私の心の王」...ヨルダン・ラーニア王妃が最愛の夫…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:姿なき侵略者 中国

特集:姿なき侵略者 中国

2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮